JA:エディタの比較

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Comparison of editors
· Afrikaans · Alemannisch · aragonés · asturianu · azərbaycanca · Bahasa Indonesia · Bahasa Melayu · Bân-lâm-gú · Basa Jawa · Basa Sunda · Baso Minangkabau · bosanski · brezhoneg · català · čeština · corsu · dansk · Deutsch · eesti · English · español · Esperanto · estremeñu · euskara · français · Frysk · Gaeilge · Gàidhlig · galego · Hausa · hrvatski · Igbo · interlingua · Interlingue · isiXhosa · isiZulu · íslenska · italiano · Kiswahili · Kreyòl ayisyen · kréyòl gwadloupéyen · Kurdî · latviešu · Lëtzebuergesch · lietuvių · magyar · Malagasy · Malti · Nederlands · Nedersaksies · norsk bokmål · norsk nynorsk · occitan · Oromoo · oʻzbekcha/ўзбекча · Plattdüütsch · polski · português · română · shqip · slovenčina · slovenščina · Soomaaliga · suomi · svenska · Tagalog · Tiếng Việt · Türkçe · Vahcuengh · vèneto · Wolof · Yorùbá · Zazaki · српски / srpski · беларуская · български · қазақша · македонски · монгол · русский · тоҷикӣ · українська · Ελληνικά · Հայերեն · ქართული · नेपाली · मराठी · हिन्दी · भोजपुरी · অসমীয়া · বাংলা · ਪੰਜਾਬੀ · ગુજરાતી · ଓଡ଼ିଆ · தமிழ் · తెలుగు · ಕನ್ನಡ · മലയാളം · සිංහල · བོད་ཡིག · ไทย · မြန်မာဘာသာ · ລາວ · ភាសាខ្មែរ · ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ ⵜⴰⵏⴰⵡⴰⵢⵜ‎ · አማርኛ · 한국어 · 日本語 · 中文(简体)‎ · 中文(繁體)‎ · 吴语 · 粵語 · ייִדיש · עברית · اردو · العربية · پښتو · سنڌي · فارسی · ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
ヘルプ OpenStreetMap について 閲覧 協力方法 地図データに協力する エディタ 用語集

シンプルなブラウザ内のオンラインエディタ

iD

iD のスクリーンショット
概要
オンラインエディタです。
長所
  • www.openstreetmap.org の編集タブで用いられる現在の標準のエディタであり、ウェブブラウザから使えます。
  • ウォークスルー機能を持ち、新しいOSMの編集者がすんなりと使い始められるように設計されています。
  • 開発は現在も進行中であり、特にユーザーの使い勝手への改善に努めています。
  • Potlatchとは異なり、Flash プラグインを使っていません。全て JavaScript で書かれており、最近のたいていのウェブブラウザから使えます。
  • タグの編集時にエディタでウィキのヘルプを直接表示できます。
  • 独自の航空画像を利用できます。
  • 開発がとても活発です。
  • エディタ内で Mapillary の写真が直接利用できます。
  • Strava Slide は iD の分岐版で、 OSM ユーザーが Strava のユーザーが記録した数百万の GPS にアクセスして、曲がりくねった道路や道をとても詳細にマッピングできるようになります。
短所
  • (JOSM を使いこなしているような)パワーユーザー向きではありません。また、デスクトップアプリのような高速さを求めるような人向きでもありません。
  • Potlatch 2 や JOSM と比べて CPU への負荷がかかるので、非力な CPU やブラウザでは遅れが頻発します。
  • ズーム・移動をするとマップを読み込もうとします。 (流れるようにはいきません)
  • インターフェースが OpenStreetMap の通常の用語と異なっており(「ノード」「ウェイ」「リレーション」の代わりに「ポイント」「ライン」「エリア」が使われている)、混乱や編集事故を生むおそれがあります。
  • オフラインでは使えません。

Potlatch 2

Potlatch 2 のスクリーンショット。下絵に画像を表示している。
概要
Flash によるオンラインエディタです。
長所
  • [編集]タブのドロップダウンの矢印からすぐ利用できます。
  • iD (上記)に先行して、 Potlatch も初心者向きに設計され、その場で編集するのがたいへん簡単です。
  • 別レイヤーで GPS 軌跡を表示します。
  • ベクタ形式の下絵や、熟練者向けのマージ・分離機能など、高度な機能がいくつかあります
  • いくつかの航空写真の下絵が設定済みであり、独自の TMS 画像も設定できます(利用許諾を確認してください)
短所
  • ブラウザに Flash プラグインが必要です(Microsoft Edge ブラウザでは設定で Flash を有効にします)
  • ID と同様に、パワーユーザー向きではありません
  • デスクトップクライアントのように早く円滑に動作しません
  • オフラインでは動作しません

デスクトップまたはオフラインのもの

JOSM

写真マッピング機能を表示している JOSM のスクリーンショット。
概要
JOSM は豊富な機能と幅広い編集のスタイルに役立つツールを提供しています。 GPX トラックをハードディスクから読み込むことも、 OSM からダウンロードすることもできます。トレース用の背景画像として航空画像を簡単にダウンロードすることができます。 JOSM は写真マッピングaudio mapping にも対応しています。編集を終えたら、 OSM にアップロードすることができます。
長所
  • 素早い流れる様な移動と拡大縮小。超精密なマッピングのために、ほぼ無限にズームができます。
  • 細かく設定ができ、 プラグイン地図スタイルプリセット検査ルールで拡張することができます。
  • 変更セットのリバートなどの、拡張編集機能があります。
  • 豊富な航空画像やサードパーティーの GPS 軌跡がトレース用の背景として直接利用できます。独自の TMS, WMS, WMTS による航空画像を加えることもできます(利用許諾を確認してください)。
  • アップロード前によくあるマッピングエラーを検出する検査機能を内蔵しています。
  • ダウンロードしたデータファイルを使ってオフライン作業をすることができ、ローカルの写真や GPX ファイルを使って作業できます。
  • タグがユーザーに直接表示されます。多くのタグは「プリセット」によって認識され、説明、多国語化したフォーム、タグについての OSM ウィキページへのリンクを表示できます。
  • 開発がとても活発です。バグが頻繁に修正され、新機能が追加された新しい安定版が毎月のようにリリースされています。
短所
  • インターフェイスの指型ポインターの扱いになれるのに時間がかかります。
  • 以降にあるようなオンラインのものとは異なり、実行するにはソフトウェアをダウンロードする必要があります(「Java Web Start」という選択肢もありますが)。
  • 動作に Java 8以上が必要です(多くの人には大きな問題はありません)
  • タグ編集時にヘルプテキストがありません

Merkaartor

Merkaator のスクリーンショット
概要
Merkaartor は GNU General Public License の下で利用できる OpenStreetMap 用のフル機能のエディタで、 Qt ツールキットを使って開発されています。
長所
  • 道路などのマップフィーチャーを半透明で表示するなど、ユニークな機能があります。
  • 直観的なユーザインタフェース
  • バイナリーがWindows, Mac OS X そしていくらかの Linux プラットフォームで手に入ります。その他にはソースコードが使えます。
  • Bing やその他の WMS/TMS の供給元から簡単に衛星画像を設定できます。
  • カスタマイズ可能なタグスタイル
短所
  • Merkaartor の開発はややゆっくりで、バグ修正や新機能はソースを入手しなければ利用できません。
  • 利用者が少ないです。開発者コミュニティも小さいです。
  • 読み込まれた GPS の測位点が多いと遅くなります。

地理情報システム(GIS)

Quantum GIS

長所
  • とても包括的な GIS プログラムです
  • オープンソースで、フリーです
短所
  • OpenStreetMap の編集に向けたものではありません

ArcGIS

概要
ESRI が OSM データ編集のためのプラグインをリリースしました。
長所
  • GIS プログラムのデファクトスタンダードです
  • とても包括的な GIS 機能を持っています。
短所
  • 商用ソフトです
  • "ArcGIS for Home Use" では1年契約で100ドルかかります
  • ArcGIS 10 でしか動作しません
  • リレーションの編集に対応していません

モバイル用

Vespucci

概要
Vespucci は Android 向けの初めての OpenStreetMap エディターで、2009年から開発が行われて提供されています。
長所
  • 移動しながら使える。
  • 小さな画面(スマートフォン)から大きな画面(タブレット)の Android 機器に対応した OpenStreetMap のフルエディターです。
  • (もしあれば)キーボードとマウスによる編集に対応しています。
  • 普通の位置に関連したノード、ウェイ、タグ、リレーションの作成や編集ができます。
  • Imagery Offset Database への対応を内蔵しています

OsmAnd

概要
POI を追加、削除、変更できるナビゲーションアプリです。
長所
  • 完全にオフラインです
  • 比較的シンプルなユーザーインタフェースです
  • メモにも対応しています
短所
  • ノードの編集しかできません
  • オフラインであるということは、タイムラグがあるということです。ダウンロードした地図が古い場合や、ユーザーが変更をアップロードするのに時間がかかることがあります
  • dataview での編集ではなく、 mapview での編集です。そのため、そこにあるものを追加してもレンダリングされないことがあります。
  • ふつう、下絵に衛星画像を利用できないので、 POI が実際の位置から離れてしまう可能性があります。

関連項目