JA:Bing

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語
Bing logo (2013).svg

BingはMicrosoftの検索サービスで、Bing Maps' platform(以前の「Microsoft Virtual Earth」)を含みます。プラットフォームには地図タイル、地図埋め込みAPI群、経路検索などが含まれます。これは、第三者の地理データ提供者による様々な私有のデータセットを利用しており、利用は著作権の制約に阻まれています。しかし、

Bing MapsはOpenStreetMapとの協力について、様々な方法を模索しています。

Bing航空写真

Potlatch 2によるBing画像、'Background' ドロップダウン設定で利用可能。デフォルトでは'dim'の印が付いており、画像をぼんやりした色で表示しています

2010年11月に、BingがOpenStreetMapのコンテンツを作成する目的で、航空画像をトレースすることを許可したと発表されました([1][2])。なお、Bing地図の合法的な利用は、OSMを自分自身で描く(つまり「トレースする」)際に航空写真レイヤーを背景として使用することのみです。他のBing地図の情報(通り名、ストリートビューなど)は、合法的な利用ではありません。

詳しくはBing license.pdfを参照してください。

エディタでの使い方

  • よく使われているエディタ(アルファベット順):
    • iD – 既定でBingが開きますが、右側のアイコンから「Bing aerial imagery」を選択することもできます
    • JOSM – [画像]メニューから[Bing]を選択してください
    • Potlatch 2 – 既定でBingが開きますが、[背景]ドロップダウンから「Bing」を選択することもできます。輝度向上をやめることもできます。
  • 他のエディタ:

sourceタグ

source=Bingを使用してください。(これはOSMの規約であり、Bingの要求事項ではありません。)

カバー率と年度

このツールを使うことで高解像度の写真のカバー率を評価することができます。高解像度のタイルがあるかどうかを確認するには、ズームレベル14以上にズームインすると、画像を利用することができることを示す緑と赤のタイルが各ズームレベルで表示されます。discussionを参照してください。

Bing imagery analyzer for OSMリンク)を使用して画像の年度を表示させることができます。ズームを変更すると、各ズームレベルにおける画像の年度を表示することができます。discussionを参照してください。

カバー率の有効なエリアを見つけたりドキュメントに協力したりするには、Bing/Coverageも参照してください。

精度

低レベルのズームのときBingの画像がずれているかもしれないことに注意してください。つまり、配置はズームレベルを通じて同じではないということです。あるズームでは、正しく配置されていたり、別の位置では誤って配置されていたりします。これはYahooなどのように、表示倍率に関わらず同じだけずれて配置される他の画像ソースとは異なります。これは世界中の様々な場所において事実です。

高度が異なるエリア(山、丘、橋)はこの傾向がより強いようです、これは画像は常に正確に90度の角度で撮られている訳ではないということを示しています。その結果として、同じ高さのオブジェクト(平らなエリアのグラウンドレベル)は全く正確である一方で、高(土手、橋、建物)低(カッティング)差のあるオブジェクトはややズレているでしょう。

地域のエリアの画像位置を調整するには、GPSトラック、正しい位置にある他のOSMデータ、他の正しい位置の画像(もしあれば)を使用してください。

精度関連の議論

ドイツの軍事エリアにおける2012年の検閲

2012年1月末に、Bingはドイツ政府の要請を受けて、多くのドイツの軍事基地をぼかしました。これらのエリアの区域はドイツ政府からマイクロソフトに指示されたものです。ぼかされたエリアは完全にlanduse=militaryの区域と一致していることから、これらの平面はOpenStreetMapからエクスポートされた可能性があります。

詳細情報はBing/2012 Germany Military Blurringに集約しています。

このWikiでの利用

このWikiでBingの画像を使用することは合法的でしょうか? - この議論を参照してください。

その他のOpenStreetMapのBing連携

道路検出 API

Bing は自動的にBing航空写真から道路のベクターデータを取りだすことができる実験的なサービスがアクセスできるようになったと発表しました。開始と終了のポイントを与えると、このサービスは画像を処理して道路の位置を認識しようとし、ベクターデータを返します。

詳細はBing road detect API参照

Bing Maps API経由でのOpenStreetMap

彼らはそのプラットフォームにOpenStreetMapレイヤを追加しました。これは http://www.bing.com/maps/explore/#5003/s=w/5872/style=Mapnik&pid=50735 で閲覧でき(Microsoft Silverlight3 が必要 - Moonlight 2 (latest stable release as of Dec 2010) では動作しません) "map apps" エリアで利用可能です。

2010/8/2にアナウンスされた"Microsoft launch an OpenStreetMap Mapnik layer on Bing Maps" も参照してください。

FrontDoor 住所プロジェクト

Bing の frontdoor.cloudapp.net は、住所を関連する建物に関連付けています。航空写真のポインタを建物の玄関に動かすことで、協力することができます。住所のデータは Bing で使用されOSMに寄付されますが、どのように行うか(または現在行われているのか)の詳細情報はありません。TODO: 詳細が発表されたら更新してください。

これはユーザーに与えられる反復的な細々とした仕事です。これは単純で、おそらく game のように少し病みつきになるものでしょう。これにログインは必要なく、おそらくスマートフォンで作業できます。日常で協力を行うためのツールは、複雑なOSMの編集をあきらめた人に参加してもらう大きな可能性を持っています。

外部リンク

日本での解釈

Bingで描ける地物の例