JA:多国語の名称

From OpenStreetMap Wiki
(Redirected from JA:Multilingual names)
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Multilingual names
· Afrikaans · Alemannisch · aragonés · asturianu · azərbaycanca · Bahasa Indonesia · Bahasa Melayu · Bân-lâm-gú · Basa Jawa · Basa Sunda · Baso Minangkabau · bosanski · brezhoneg · català · čeština · corsu · dansk · Deutsch · eesti · English · español · Esperanto · estremeñu · euskara · français · Frysk · Gaeilge · Gàidhlig · galego · Hausa · hrvatski · Igbo · interlingua · Interlingue · isiXhosa · isiZulu · íslenska · italiano · Kiswahili · Kreyòl ayisyen · kréyòl gwadloupéyen · Kurdî · latviešu · Lëtzebuergesch · lietuvių · magyar · Malagasy · Malti · Nederlands · Nedersaksies · norsk bokmål · norsk nynorsk · occitan · Oromoo · oʻzbekcha/ўзбекча · Plattdüütsch · polski · português · română · shqip · slovenčina · slovenščina · Soomaaliga · suomi · svenska · Tagalog · Tiếng Việt · Türkçe · Vahcuengh · vèneto · Wolof · Yorùbá · Zazaki · српски / srpski · беларуская · български · қазақша · македонски · монгол · русский · тоҷикӣ · українська · Ελληνικά · Հայերեն · ქართული · नेपाली · मराठी · हिन्दी · भोजपुरी · অসমীয়া · বাংলা · ਪੰਜਾਬੀ · ગુજરાતી · ଓଡ଼ିଆ · தமிழ் · తెలుగు · ಕನ್ನಡ · മലയാളം · සිංහල · བོད་ཡིག · ไทย · မြန်မာဘာသာ · ລາວ · ភាសាខ្មែរ · ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ ⵜⴰⵏⴰⵡⴰⵢⵜ‎ · አማርኛ · 한국어 · 日本語 · 中文(简体)‎ · 中文(繁體)‎ · 吴语 · 粵語 · ייִדיש · עברית · اردو · العربية · پښتو · سنڌي · فارسی · ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください


Logo. 地物 : 多国語の名称
One example for 地物 : 多国語の名称
説明
言語接尾辞と一緒に使われるキーやタグです
タグ

多国語の名称を扱う際に、地物に言語ごとに異なる名称がある、様々な状況があります。こういったことは、世界の主要な都市の名称では良くあることです。地域によっては、地名や通りに全地域の言語の名称があります。また、特定の言語で地図をレンダリングしたい場合もあります(JA:地図の多国語化)。

JA:名称#Localization は、言語コードが付いた name キーの使い方を説明した、第一のドキュメントです。 name:code=*codeISO 639-1 コード(第2列)、または ISO 639-1 コードがない場合は ISO 639-2 コードを設定する方法が一般に受け入れられているようです。

課題:

  • 言語指定のない name=* タグに何を書くべきか(異論がない場合は地域での名称)、 name タグがどの言語で書かれているのかをどのように指定するのか。
  • 翻字をどのように記述するのか。 name:code_trans を利用することが提案されています。code 部分はこのままで、 trans 部分が翻字コードを示します。翻字コードの標準的なリストはまだ出来上がっていません。

このページでは、いくつかの国ごとの情報を、主に main タグで使われている言語に関して紹介します。事例については、 Exonyms を参照してください。

ベラルーシ

ベラルーシには2つの公用語(ベラルーシ語とロシア語)があり、ベラルーシ語には2種類(伝統と公式)があります。ロシア語がより広く使われていますので、 name=* タグにはわかる限りロシア語を使うようにコミュニティで決められています。ロシア語の名前は、 name:ru=* タグにも設定します。公式ベラルーシ語は name:be=* に、伝統ベラルーシ語は任意で name:be-tarask=* に、 int_name=* には name:be=* を音訳したものを使用してください。

ベルギー

The municipalities with language facilities in Belgium, shaded darker. All of the German area has language facilities. 1. Comines-Warneton 2. Mesen 3. Mouscron 4. Spiere-Helkijn 5. Ronse 6. Flobecq 7. Bever 8. Enghien 9. Drogenbos 10. Linkebeek 11. Sint-Genesius-Rode 12. Wemmel 13. Kraainem 14. Wezembeek-Oppem 15. Herstappe 16. Voeren 17. Malmedy 18. Waimes 19. Lontzen 20. Raeren 21. Eupen 22. Kelmis 23. Burg-Reuland 24. Sankt Vith 25. Amel 26. Bütgenbach 27. Büllingen[1]

ベルギーは、3つの公用語 を持っています(オランダ語, フランス語、ドイツ語)。オランダ語はフランダースで話されており、フランス語はワロニアで、ドイツ語は東カントンで話されています。ブリュッセルでは、フランス語とオランダ語の両方が話されています。ブリュッセルや周囲の町村の通りの名称にも、両方の名がつけられています。

ブリュッセル

Brussels is completely bi-lingual, which means that the city council must operate in both languages, and no language can be preferred. The city council solves this f.e. by alternating name signs with Dutch and French as top language.

In OSM, this is reflected by the "first mapper rule". The name=* tag in OSM contains both the French and Dutch name, separated by a spaced hyphen (f.e. name=Rue du Marché aux Poulets - Kiekenmarkt), and it's the first mapper who determines the order of the names (changing the order of the names afterwards is considered vandalism). Next to the bilingual name tags, there are also name:fr=* and name:nl=* tags which can be used to render or search the data in a specific language.

Similar to the name tags, address tags are also bilingual. Every address in Brussels should have the following tags:

  • addr:street=*: The streetname, in the same order as the name of the street object (so determined by the first mapper of the street, not by the first mapper of the address)
  • addr:street:fr=*: French street name, equal to the name:fr=* tag of the street.
  • addr:street:nl=*: Dutch street name, equal to the name:nl=* tag of the street.

Language facilities

Next to the completely bilingual Brussels, there are also municipalities with language facilities (see the map).

These municipalities are supposed to operate in the official language of the community, but must provide services to minority language groups upon request. This means f.e. that all streetnames also have an official translation and are normally signed with the translation too. But there's no language-equality as in Brussels.

These municipalities should have the official translated names under name:nl=*, name:fr=* and name:de=* (depending on which language facilities are offered), but it's currently undecided what the name=* tag should contain. For the moment, the municipalities bordering Brussels also follow the naming schema used in Brussels (with both languages in the name tag), while the other municipalities have a tendency to only include a single language in the name tag.

Combination with name:left=* and name:right=*

Belgium has many boundaries that follow roads, and different municipalities often opt to give different names to the boundary street, resulting in differing addresses on both sides of the road. These are mapped by adding an addr:left=* and addr:right=* tag to the way.

This becomes even more annoying when one (or both) of the municipalities are bilingual or have language facilities. In these cases, the Belgian community opted to extend the tags to f.e. name:right:fr=*. Note that in these cases, a name:fr=* tag isn't guaranteed to exist, as it's possible that only one side of the street has a translated name. name:left=* and name:right=* should exist in these cases.

Example (ウェイ Komenstraat - Chemin des Quatre Rois (iD, JOSM, Potlatch2, 履歴表示, XML)):

  • name=Komenstraat - Chemin des Quatre Rois (format debated, see language facilities)
  • name:right=Komenstraat
  • name:left=Chemin des Quatre Rois (format debated, see language facilities)
  • name:left:fr=Chemin des Quatre Rois
  • name:left:nl=Vier Koningenweg


Unofficial languages and dialects

Next to the official languages, some dialects can also be added as translations.

In Wallonia, use "name" for the common french name, if you want to complete with the walloon name, use "name:wa". For example, for the city of Liège, we use :

name=Liège
name:wa=Lîdje

In West Flanders, name:vls=* is used to mark West-Flemish names. Please stick to the spelling of vls.wikipedia.org when adding translations.

name=Dadizele
name:vls=Deisel

ブルガリア

The official language in Bulgaria is Bulgarian written in Cyrillic.

Road and other signs in Bulgaria are written in Bulgarian and are usually transcribed to the Latin alphabet according to the Bulgarian transliteration law.

  • The geographic terms: планина (mountain), равнина (plain), низина (valley), плато (platteau), град (city), село (village), река (river), езеро (lake), залив (bay) etc., which are part of the geographic name, are generally transliterated as follows:

Стара планина Stara planina
Атанасовско езеро Atanasovsko ezero

  • Geographic terms that are not part of the name, should be translated (here example in English):

Нос Емине Cape Emine

  • The terms "северен" (northern), "южен" (southern), "източен" (eastern), "западен" (western), "централен" (central) and similar ones, in case they are part of the geographic name, should be transliterated:

Централен Балкан Tsentralen Balkan
София-юг Sofia-yug
Перник-север Pernik-sever

Example:

  • name=: name in Bulgarian (бул. Източен)
  • int_name=: transliterated name (bul. Iztochen)
  • name:en= (optional): Iztochen Blvd.

中国

中国の多くの名称は漢字(訳注:簡体字)で書かれていますが、英語とピンインの名称も外国人には便利です。

ピンインには声調をつけてください。声調がないと、英語名と変わらないからです。

自治区(省、県、郡単位)内の名称はその地域の言語かアルファベット表記のどちらかを書いて下さい。

標準的な項目をすべて書くと以下のようになります。
name=<中国語>
name:zh=<中国語>
name:en=<英語>
name:zh_pinyin=<中国語のピンイン(声調あり)>

例:

name=朝阳公园南路
name:zh=朝阳公园南路
name:en=Chaoyang Park South Road
name:zh_pinyin=Cháoyánggōngyuán Nánlù

なお、 zh_pinyin は、標準的な言語コードではありません。(ピンインは言語ではなく、ローマ字で記述するためのシステムなので)もし、もっと一貫性のある方法が開発されれば、 zh_pinyin は他のものに置き換えられる可能性があります。

言語がISO 639-1 もしくは ISO 639-2 のコード を持っている場合には、地域における名称を同様のテンプレートであるname:codeを使って付与することが可能です。(例えば、チベット語には'bo'を、ウイグル語には'ug'をなど)。

場所の名称も同様の慣例に従いますが、以下の点が異なります。中国語では、名称の最後に市,镇,省,县を付与していて、これに従いますが、英語の名称の部分ではこれを翻訳しません。

例:

place=city
name=自贡市
name:en=Zigong
name:zh=自贡市
name:zh_pinyin=Zìgòng Shì

place=town
name=淅川县
name:en=Xichuan
name:zh=淅川县
name:zh_pinyin=Xīchuān Xiàn

(A standard language code for Pinyin would be name:zh-Latn-pinyin=*.)

コーンウォール

コーンウォールは、UKの州です。19世紀までは、コーンウォール語(Kernewek)が話されていました。コーンウォールには、彼ら自身の国になるべきで、少なくとも独自のアイデンティティを保持するべきだと考えている人たちがいて、いくつかの道路標識には、英語の伝統的なの標識の上に、コーンウォールの旗がスプレーペイントされています。

Kerrier地方の議会の道路標識のいくつかは、コーンウォール語でも書かれています。これらのデータをOSMにのせるのが良さそうですが、英語の名前だけが使われている様です。

ISO 639-1でのコードはkwです。そのためname=英語の通り, と name:kw=コーンウォール語の翻訳 (もしあれば)としてください。

クロアチア

name=* タグは全てクロアチア語で書くべきです。二ヶ国語の土地も例外ではありません。イタリア語の名前は、 name:it=* タグで書きます。セルビア語は name:sr=* タグで書きます。

これは、メーリングリストの投票で決定されました。: https://lists.openstreetmap.org/pipermail/talk-hr/2013-May/001815.html

フィンランド

いくつかの 街/場所/通りは、フィンランド語とスウェーデン語の名称を持っています。nameタグは、一般的に利用している言語(多くの場合はフィンランド語で、地方自治体が主にスウェーデン語を利用している場合にはスウェーデン語を)を記述し、name:finame:svをその他の言語のものに付与してください。

Three Sami languages are recognized up in the north, Northern, Inari and Skolt Sami, in the following municipalities: Enontekiö, Utsjoki, Inari and Sodankylä. The ISO 639-1 code system covers only Northern sami (tagged as name:se). But with the ISO 639-2 code system all three languages are taggable with the name key. Nothern Sami is tagged with name:sme, Inari Sami with name:smn and Skolt Sami with name:sms.

より詳しい情報については、WikiProject Finland ページを参照してください。

フランス

カタロニア語とフランス語の二か国語で書かれた、 Perpignan の道路標識

フランスにはフランス語のほかに、地域の言語が数多くあります。いずれも国語としては認識されていませんが、地方・地域の人たちが限定的に対応しています(学校や大学も含む)。二か国語の道路標識もあります。言語コードの例は以下の通りです。

  • name=* 既定の地域の名称、二か国語の場合もあります
  • name:fr=* for the explicit legal French name (needed for correct fallback to French from the following regional languages, otherwise may fallback first to another language, such as German for Alsatian, or Dutch for West Flemish, or Spanish for Catalan and Basque)
  • name:br=* for Breton ; see the specific French project in name:br=*
  • name:ca=* ca カタロニア語
  • name:co=* co コルシカ語
  • name:frp=* frp for Arpitan (or Franco-Provençal)
  • name:gcf=* gcf for Guadeloupean Creole
  • name:gsw=* gsw for Alsatian, the French variant of Allemanic (note: gsw is also used for other Allemanic variants in Switzerland and in Südbaden, Germany)
  • name:oc=* oc for Occitan (including Auvergnat and Provençal)
  • name:ty=* ty タヒチ語(フランス領ポリネシア)
  • name:eu=* eu バスク語(Gascon を含む)
  • name:vls=* vls for West Flemish

In Britanny and Normandy, there are also the "Gallo" and "Norman" langages but they still have no specific ISO 639 code assigned (they may be represented in conforming BCP 47 tags as "fr-x-gallo" or "fr-x-norman" using a private extension only to collect the data, that won't be used interoperably before there's a documented agreement on which subtags to use).

ドイツ

In 70 municipalities in the official Sorbian settlement area in the federal states of Brandenburg and Saxony, Sorbian is recognized as a second official language. Towns and villages, that bear an official (!) name in German and Sorbian, should be tagged as follows:

Lower Sorbian [for Brandenburg]:

  • name=* : Names in both languages German - Sorbian
  • name:de=* : Name in German
  • name:dsb=* : Name in Lower Sorbian

Upper Sorbian [for Saxony]:

  • name=* : Names in both languages German - Sorbian
  • name:de=* : Name in German
  • name:hsb=* : Name in Upper Sorbian

Sorbian placenames in Wikipedia:

ギリシャ

The official language in Greece is Modern Greek.

  • Road and other signs in Greece are written in Modern Greek and are usually transcribed to the Latin alphabet using ISO 843:1999 (same as ELOT 743)
  • Way names are written in the Greek genitive case (no English equivalent; it is used to describe the owner of something, in this case who a way -street/avenue/square etc.- is named after). This is different from the name itself (which is expressed in nominative case)
  • "Οδός", Greek for "street" and "road", transcribes to "Odos". Although used in most signs, is rarely used in speech and search, as the only other type of way used is "avenue" ("λεωφόρος")
  • "Λεωφόρος", Greek for "avenue", transcribes to "Leoforos"
  • When there is a first and a last name, like in Eleftheriou Venizelou Avenue (Λεωφόρος Ελευθερίου Βενιζέλου) the order of first and last names is kept, unlike in printed guides where they were reversed for indexing reasons

So, "Λεωφόρος Δημοκρατίας", (after "Δημοκρατία", meaning "Democracy Avenue") is transliterated to "Leoforos Dimokratias". It can also be expressed as "Dimokratia Avenue", if "λεωφόρος" is translated, instead of transcribed. Note that "Dimokratia" (nominative) becomes "Dimokratias" (with an "s", genitive) after "Leoforos", but remains nominative before "Avenue", hence the dilemma: Do concepts like "Avenue" get transcribed or translated? If translated, how should the Name be expressed, in nominative or in genitive case? Then again, translation makes the name language-specific, while transcription does not. So, it's transcription for int_name and maybe translation for name_en.

Resulting naming convention (examples: Οδός Σταδίου and Λεωφόρος Ελευθερίου Βενιζέλου, also widely known as Λεωφόρος Πανεπιστημίου):

  • name=* and (optionally) name:el=* name in Greek ("Οδός" is omitted), eg. Σταδίου, Λεωφόρος Ελευθερίου Βενιζέλου
  • int_name=* transcribed name (genitive case is preserved), eg. Stadiou, Leoforos Εleftheriou Venizelou
  • name:en=* (optional): transcribed name (nominative case with the suffix Street, Avenue etc.), Stadio Street, Eleftherios Venizelos Avenue. The first example sounds really wrong, but why use name:en=*, if it would be the same as int_name?
  • old_name=* (optional): old Greek Name, eg. blank, Λεωφόρος Πανεπιστημίου

Transliteration and Trancription links:

ハイチ

ハイチの公用語は、フランス語とハイチ語(Hitian Creole)の2つです。ですが、通りの名前は通常フランス語のみで書かれています。 name=* には両方の言語で書きます。 (ハイチ語の後にフランス語を続ける)
name:ht=* Name in Haitian Creole
name:fr=* Name in French


例:

name=Okay Les Cayes
name:ht=Okay
name:fr=Les Cayes

ハワイ (Hawaiʻi)

USのハワイ(Hawaiʻi)州は、英語とハワイ語(haw)が公用語です。多くの地名は、先住民のハワイ人の名称のままのもので、それ以外のいくつかにはパールハーバーのような有名な例があります。現在、多くの地名は公式には適切な ʻokina (声門閉鎖音)と、 kahakō (長音記号)によって綴られています。道路標識には、適切な付加記号があるものとないものとがあります。

香港

Under "One Country, Two Systems", in Hong Kong, one of the special administrative regions of China, both Chinese and English are gazetted as the official languages. As a result, both Chinese and English names are used. The current bilingual (Chinese zh and English en) tagging conventions as follows:
name=* Names in both languages (Traditional Chinese first, followed by English)
name:zh=* Name in Traditional Chinese
name:en=* Name in English

Take Connaught Road Central (干諾道中) in Central for example.
name=干諾道中 Connaught Road Central (note the space between the languages)
name:zh=干諾道中
name:en=Connaught Road Central

インド

See India#Naming in different scripts and languages for more information on conventions followed for multilingual names in India.

イラン

name=* および full_name:fa=* をペルシャ語の通り名に、 name:en=* を英語の通り名に使用しています。詳しくは Iran/Tagging rules#Naming を参照してください。

アイルランド (共和国)

公式には、すべての道路標識はアイルランド語と英語のバイリンガルです。ただし、Gaeltacht の名称は除きます(住人の多数が、アイルランド語を第一言語として利用している地域)。その場合には、標識はアイルランド語のみ でなくてはなりません

ごくまれに、Gaeltachts 以外の地名でも、英語の名称がアイルランド語の名称でとって替えられているものがあります。(Portlaois/Port LaoiseDunleary/Dún Laoghaire をふくむ、かつて Kingstown だった街)。異なる名称を示唆する標識にもかかわらず、英語の名称が生き残っている例(過去も現状も)も存在しています。(Kells/Ceanannas, Bagenalstown/Muine Bheag, Charleville/Rath Luirc/An Rath)。そのような場所では、その土地の人の知識のみが、タグを適切に付けることを可能にします。

最も安全なタグ付の方法は、一般的に英語のものを主な名称として設定し、アイルランド語のものを、name:ga=*タグで付与することです。ひとつの名称のみが提供されている場合で、その名称がアイルランド語の様に見えるが、そこのローカルな知識がない場合には、それを主な名称とします。

Gaeltacht 地域では、アイルランド語の名称を主な名称として設定し、もしわかるのなら英語のものをタグname:en=*で付与するのが最善でしょう。この単純な大まかなルールは、以下のような場合にはうまくいきません。Gaeltacht の土地で、地名が英語の名称でよく知られているか、その土地の多くの人が利用しているアイルランド語の名称と、公式に記録されている名称とが異なっている場合、例えば、Dingleという、Gaeltacht の中でもほとんどの人が英語を話していて、ローカルなアイルランド語の名称がDaingean Uí Chúisと呼ばれている街は、公式にはAn Daingeanとなっています.

マン島

マン島Isle of Manの道路標識の多くには、英語とマン島語の名称が記載されています。マン島語のものは、 name:gv=*タグを利用して付与するべきで、英語のものはname:en=*を利用して付与するべきです。どちらにしても、主要な名称(通常は英語)がメインのname=*に記述されるべきです。

イタリア

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州

In Friuli Venezia Giulia many places and geographical features (rivers, mountains...) have a toponym in Friulian. These names should be added as name:fur=*. In some villages the names of the roads are both in Italian and Friulian so you should add them in the same way. In certain cases there are two version of the toponym, one in standard Friulian and one in the local form; you should add the local form too using loc_name=*. Here you can find a document with a complete list of toponyms in standard Friulian. There's a rendering which shows Friulan names and you can find it here.

いくつかの地物は、ドイツ語とスロベニア語の名前の、どちらかもしくは両方を、更に持っています。; name:de=* and name:sl=*を使ってタグ付けしてください。

Alto Adige/Südtirol (アルト・アディジェ/南ティロル)

Languages of South Tyrol. Majorities per municipality in 2001

German and Italian are both official languages of South Tyrol. In some eastern municipalities Ladin is the third official language. (c.f. Wikipedia). Every town has two (or three) official names; but even the street names are mostly bilingual.

The German and Italian (and Ladin) names of towns, streets, POIs, etc. are tagged separately with the respective name:* tags (name:it=* for Italian, name:de=* for German and name:lld=* for Ladin). There seems to be consensus in including both languages in the general name-tag separated by a dash, where the (locally) more commonly used name comes first (most of the time this will be the language, which dominates in the municipality). Examples are "Bolzano - Bozen" (Italian first), "Brixen - Bressanone" (German first).

例:

name=Bolzano - Bozen
name:de=Bozen
name:it=Bolzano

name=Brixen - Bressanone
name:de=Brixen
name:it=Bressanone

name=Urtijëi (or name=Urtijëi - St. Ulrich - Ortisei)
name:de=St. Ulrich
name:it=Ortisei
name:lld=Urtijëi

Sardegna (Sardinia)

Languages of Sardinia.

In Sardinia Sardinian and Catalan toponyms are protected by the national law 482/1999 and all the names in the local languages are co-official with Italian. These names should be added as name:sc=* (for Sardinian), or name:ca=* (for Catalan) and also the name tag must contain both the local and the italian name. You can find the local toponyms here. Other local languages, and related place names, are Corsican (Sassarese and Gallurese) name:co=* and name:lij=* for Ligurian (tabarchino).

Many places and geographical features (rivers, mountains...) have a toponym in the local languages. In some villages the names of the roads are both name so you should add them in the same way. In certain cases there are two version of the toponym, one in standard form and one in the local form; you should add the local form too using loc_name=*.

The correct tagging would be like:

name=Nùgoro/Nuoro
name:it=Nuoro
name:sc=Nùgoro

or

name=L'Alguer/Alghero
name:it=Alghero
name:ca=L'Alguer
name:co=L'Aliera
name:sc=S'Alighera

日本

詳細は Japan tagging#Names JA:Naming_sample を参照してください。

使い方
name=日本語 name=首都高速道路
name:en=英語 もしくは ローマ字表記 name:en=Metropolitan Expressway
name:ja=日本語 name:ja=首都高速道路
name:ja_rm=ローマ字表記 name:ja_rm=Shuto Kōsoku Dōro

(ローマ字表記の日本語の標準言語コードは name:ja-Latn=* です)

韓国

Korean is the only official language in Korea. Korean is written in Hangeul. Street signs often incorporate romanized or translated versions of names. Most often they are in English, but Chinese and Japanese can also be found. The romanization should follow the Revised Romanization of Korean for South Korea, and the McCune–Reischauer romanization for North Korea.

name=* Name in Hangeul
name:ko=* Name in Hangeul
name:ko_rm=* romanized
name:en=* Translation if available


Example
name=경부고속도로
name:ko=경부고속도로
name:ko_rm=Gyeongbugosokdoro
name:en=Gyeongbu Expressway


See also:

レバノン

レバノンの道路標識はアラビア文字とフランス語で記述されています。タグは以下のとおり:

name=طرابلس アラビア語の名称
name:ar=طرابلس アラビア語の名称
name:fr=Tripoli フランス語の名称

ルクセンブルク

ルクセンブルクでは、村の名称とその標識はルクセンブルク語とフランス語のバイリンガルで記載されています。例えば、フランス語: Bascharage , ルクセンブルク語: Nidderkäerjeng。通りの名称は一般的にフランス語だけで記述されていますが、いくつかの村ではバイリンガルの道路標識を使っています。例えば、フランス語: Rue de Koerich, ルクセンブルク語: Kärcherwee 。

name:lb=*はルクセンブルク語の名称があるときに使うことができます。

Rue de Koerich / Kärcherweeを正しくタグづする方法:

name=Rue de Koerich
name:lb=Kärcherwee


Rue Saint-Ulric / Tilleschgaassを正しくタグ付けする方法:

name=Rue Saint-Ulric
name:lb=Tilleschgaass

マケドニア

The official languages in Macedonia are Macedonian written in Cyrillic and Albanian written in Latin.

Even though it is official language Albanian is not used for road names and most of other signs in most Macedonia. Across the country For road names and signs only Macedonian is used and it also is transcribed (when available) to the Latin alphabet according to the Macedonian transliteration rules.

  • The geographic terms: планина (mountain), низина (valley), плато (platteau), град (city), село (village), река (river), езеро (lake), залив (bay) etc., which are part of the geographic name, are generally transliterated as follows:

Шар планина → Shar planina

  • Geographic terms that are not part of the name, should be translated (here an example in English):

Охридско езеро → Lake Ohrid

  • The terms "северен" (northern), " јужeн" (southern), "источeн" (eastern), "западен" (western), "централен" (central) and similar ones, in case they are part of the geographic name, should be transliterated:

Скопје Север → Skopje Sever

  • Dates that are part of road names or signs should be transliterated. The number should be separated from the ordinal suffix with a dash ("-"):

1-ви Мај → 1-vi Maj

  • Ordinal numbers should also be transliterated. The number should be separated from the ordinal suffix with a dash ("-"). The ordinal suffix should be declined according to the corresponding gender:

15-та Бригада → 15-ta Brigada

Examples:

name=Методиjа Патчев
int_name=Metodija Patčev (transliterated name using diacritics system)
name:en=Metodija Patchev (transliterated name using digraphs system)

name=Булевар Ослободување
int_name=Bulevar Osloboduvanje (transliterated name using diacritics system)
name:en=Boulevard Osloboduvanje (translated to target language)

name=3-ти Ноември
int_name=3-ti Noemvri (transliterated name using diacritics system)
name:en=3-ti Noemvri (optional since it's same as int_name)

モロッコ

モロッコの道路標識はアラビア語とフランス語で記述されています。 name=Rue Rabat شارع الرباط とタグ付けし、アラビア語を name:ar=شارع الرباط と、フランス語を name:fr=Rue Rabat とタグ付けすることを推奨します。もし Barber (または Tamazight)が含まれる場合は、フランス語とアラビア語で完全に名称を記述したうえで、 name:zgh=* または name:ber=* をつけます。

ニュージーランド

ニュージーランドの場所によっては、英語・マオリ語の両方による公式な名称が設定されています。その場合の正しいタグ付け方法は以下の通りです。

name=Aoraki/Mount Cook (公式な両方の名称)
name:en=Mount Cook (英語の名称)
name:mi=Aoraki (マオリ語の名称)

ルーマニア

In cities and villages where there is a minority representing at least 20% of the population, the local signs must be multilingual. In this case, street and city names should be written in Romanian; additionally, one can add the name in the secondary language using a different tag.

For cities without a significant minority population, street names must be written in Romanian. City names can be added in different languages using name:iso_code=* if there are significant sources supporting that name.

For example:

ロシア連邦

Names are in Russian, but sometimes English names may used as it is. name=KFC but not transliterated name=КФЦ or literally translated name=ЖЦК.

name=Subway + name:ru=Сабвэй

and

name=KFC + amenity=fast_food (note absence of name:ru)

but

amenity=cafe name=Шоколадница

スコットランド

スコットランド高地のいくつかの標識は、英語とゲール語が併記されています。通常は地名(Mallaig, Fort William 等)のみですが、時々道路標識もそのようになっています。例:Obanの標識

ゲール語の名称は name:gd=*を使い、英語の名称は name=*を使ってタグ付けします。ゲール語が主に利用されている地域(ウェスタンアイルズ(Western Isels)等)では、ゲール語の名称をname=*で、英語の名称をname:en=*でタグづけします。実際の例はSteòrnabhagh (Stornoway).

gdは、スコットランドゲール語のISO639-1でのコードです。これは(アイルランドの)ゲール語とは異なっており、このコードはスコットランドゲール語にのみ使ってください。(スコットランドゲール語はカナダでも利用されています。)

ゲール語の名称は、OSMのレンダリングのOSM Albaで参照できます。

いくつかの土地(主に島)には、古ノルド語の地名があり、{{tag|name|:=non}でタグづけできます。(non は、古ノルド語のISO 639-2でのコードです。)

セルビア

The Serbian language is using both Cyrillic (official) and Latin (popular) alphabets, so the naming scheme needs to support both. The current proposal is to use name:sr=* for the Cyrillic script, and name:sr-Latn=* for Latin. The locale tags have been chosen according to BCP 47.

The default name=* tag should be filled in using Serbian Cyrillic, unless the feature is in an area where the language and script of the sizable ethnic minority is in official use (e.g. Subotica or Preševo). In that case, name:sr=* must be added, as well as the tag specifying the language of the default tag (e.g. name:hu=*, name:sq=*, etc.).

スロバキア

There are regions in Slovakia in which a minority language is spoken by a large percentage or even the majority of local inhabitants (e.g. Hungarian in Southern Slovakia). Some of those places (villages, towns) do have official names in the local language, the state does recognize the minority language at those municipalities. In those cases, the current state of tagging is this:

name=official name in Slovak
name:hu=official name in Hungarian

The current opinion of the majority of the active Slovak mapping community is to NOT put both names into the name=* tag. If you'd like to discuss this, please visit the Slovak forum.

スペイン

地域によって、スペイン語の他に3つの言語が使われています。:カタルーニャ語(Català) (ca)、Galego (ga)、Euskera (eu)

カタルーニャ語は、カタルーニャ、バレアス諸島、バレンシア州の中の、多くの地域(東北部とバレアレス諸島)で使われています。通常公式な地名はカタルーニャ語ですが、時々スペイン語の名称を見ることもあります。例えば、公式な名称はリェイダ(Lleida)県ですが、伝統的にこの地方はLéridaとして知られており、また記されてもいます。

正しいタグ付けは以下のようになります。:

name=Lleida
name:es=Lérida
name:ca=Lleida

同様なことは、北西の端で使われているGalego語や、バスク地方やナバーラ州で使われているEuskera語にもあります。ドノスティア=サン・セバスティアン(Donostia - San Sebastián)や、ビトリア=ガステイス(Vitoria - Gasteiz)のように、正式な表記が、地域の行政の名称と歴史的に利用される名称とによっているような例外もいくつかあります。この場合の正しいタグ付は以下のようになります。

name=Vitoria - Gasteiz
name:es=Vitoria
name:eu=Gasteiz

個々の地名について、正しい事情を調査してください。

スイス

4カ国語のロマンス語を含む、レトロロマンス語のISOコードは、ISO639-1では rm、ISO-639-2では、rohです。現状、ISO639−1と-2の仕様は、ロマンス語の方言の違いを表現するコードを持っていません。そのため、rm は主に多かれ少なかれ公式な、 "Rumantsch Grischun"に利用されるべきです。ISOコードがロマンシュ語の方言ごとに決められていない問題についてはまだ解決されておらず、議論が必要です。

ドイツ語のスイス方言の名称('Schwiizertüütsch','Schwyzerdütsch')は、name=* タグに対して、 name:gsw=a Swiss german name として追加してください。ドイツ語のスイス方言についての説明は、 GISpunkt HSR Wiki を参照してください。

例: name:gsw=Züriname=Zürich に追加して、さらに name:en=Zurich を記述してください。コード gsw の尤もらしい意味は"German SWiss"です。[1] 及び [2]を参照してください。

de:Switzerland/Map Features#Mehrsprachige Benennung (name)を参照してください。

台湾

台湾 は繁体字を利用しています。中国語の名称は漢字を利用するべきです。ローマ字の名称はname:en=通り名として付与されるべきです。

Taiwan#Translation (中文地址英譯) にはどのように名称を翻訳するのかについて書かれています。

Following the Taiwan Post Office guide, the following rules should be applied:

Name (Chinese) Name (English)
Road
西 West
East
Section
Street
Lane
Alley

Since "Aly." and "Ln." sound quite cryptic and don't save that many characters, the whole English name will be used for Lanes and Alleys.

A whole standard entry should include:

name=<Chinese>
name:zh=<Chinese>
name:en=<English>

Here is a real life example:

name=南京東路三段256巷28弄
name:zh=南京東路三段256巷28弄
name:en=Alley 28, Lane 256, Section 3, Nanjing East Road


台湾では複数のローマ字表記が利用されています。(?:) name:en=*は、道路標識に示されている名称に利用されるべきです。(その他のローマ字表記も記入されるべきでしょう。異なる記述も(例えば地図や名刺などで)時々利用されますし、そのような変化があっても通りを見つけることは可能だからです。)

タイ

タイでは、タイの文字の名称で記述されています。多くの通りには英語の名称も併記されています。

name タグにはローカル(タイ語)の名称を記述します。その他の言語は、言語コードで拡張されたnameタグで記述します。特別なレンダリングによって、バイリンガルな名称の他にも、表示される言語を選択することができます: http://thaimap.osm-tools.org/

例:

name=เชียงใหม่
name:en=Chiang Mai
name:th=เชียงใหม่

The Language spoken in Northern Thailand is Kam Muang (ᨣᩴᩤᨾᩮᩥᩬᨦ) and can often be found on street signs with the ISO639-3 code of nod.

Example:

name=เชียงราย
name:th=เชียงราย
name:en=Chiang Rai
name:nod=ᨩᩭᨦᩁᩣᩭ

In the 4 provinces of Songkla, Patani, Yala and Narathiwat Bahasa Jawi (بهاس جاوي) is used widely.

Example:

name=ปัตตานี
name:th=ปัตตานี
name:en=Pattani
name:mfa=ڤطاني

チュニジア

チュニジアの道路標識はアラビア文字とフランス語で記述されています。タグは以下のとおり:

name=عربي for arabic name
name:ar=عربي for arabic name
name:fr=français for the french version

ウクライナ

Ukraine has one official language (Ukrainian). However due to historical backgroung of many territories in some areas Polish is also in use. Additionally, as a post-Soviet cultural phenomenon, Russian is extremely widespread as a second language, in some areas (Crimea, Eastern Ukraine) dominating over official Ukrainian. Finally, in Crimea there is another language used by the peninsula's indigeous people, Crimean Tatars, who constitute a notable part of the population there. Considering these factors, Ukrainian OSM community widely uses Relation:associatedStreet to provide scalable multilingual support. Generally the following scheme is used:

name on the way (street) - in Ukrainian or in Russian, according to the truth on ground rule. There had been several holywars concerning "default" language. While inside a city it is recommended to keep this tag to a single language prevalent there (i.e. on the street signs). "Default" for Ukraine is Ukrainian, however one should use it reasonably. As an example many signs in Crimea installed during Soviet period are still in Russian. In questionable situations DWG recommends to keep to the "Truth on the Ground" rule.

name on the relation (associatedStreet) - same as above.

name:uk, name:ru on the relation (associatedStreet) - for multilanguage support. May be accompanied by the less widespread name:pl (Polish), name:crh (Crimean Tatar) as well as international name:en etc.

Note that all street ways sould be included in the relation with "street" role, while the houses related to the street should be included with "house" role for correct address processing.

ウズベキスタン

ウズベキスタンの公用語は、ウズベク語のみです。 Additionally, Karakalpak is recognized for the Autonomous Republic Karakalpakstan.

Historically, most places had Russian names, because of the Soviet Union. Many minorities of Russian, Tatar, Krigisian, Turkmenian, and even German origin had been living or are still living in Uzbekistan. Therefore, nearly all places had Russian names that have only in the past years been substituted with Uzbek names in Latin letters or have traditional names in other languages.

name=Toshkent for official Uzbek name in Latin letters
name:ru=Ташкент for the Russian name
name:en=Tashkent for the main English name
name:de=Taschkent for the German name
alt_name:uz=Тoшкент for the alternative Uzbek name in Cyrillic or other Latin versions of the name
alt_name:en=Toshkent for the alternative English names

ウェールズ

ウェールズでは、多くの通りはウェールズ語の名称と、英語の名称の両方を持っています。

単純に'name=Terrace Road'とするだけでは、ウェールズ語を無視しているためにうまくいきません。現状、Map features にて推奨されているnat_nameは、何が'national'名なのかについて曖昧であるため、満足のいくものではありません。(英語とウェールズ語は、双方ともに同等な法的地位を持っています。)

'language'部分が ISO639-1で2文字の言語コードの、'name:language=streetname'の形式を利用することを提案します。 例えば、name:en=Terrace Road 及び name:cy=Fford-y-Morです。

ウェールズ語でレンダリングされた地図が、http://brasskipper.org.uk/cyosm/ にあります。ここでは、まずname:cy=*があればそれをレンダリングし、ない場合には、name=*をレンダリングします。

Simon Hewison によるemail [3] から事情を知ることができるでしょう。

もし、name:language=placename タグを利用としようと考えているのなら、ウェールズ語の場合には、name:cy=placenameを利用することをおすすめします。

cy がISO639-1におけるウェールズ語の2文字の言語コードです。

ウェールズには、誰も英語の地名を使っていないか、英語の地名がない場所があります。例えば、Ystrad Mynach の様な地名です。

また、一般的に使われているウェールズ語の地名がないか、ウェールズ語の話者が英語の地名を使いがちな地名もあります。例えばCrosskeysのような地名です。

以前、英語のみの標識が抗議団体によって改ざんもしくは破壊された結果として、1972年にウェールズの道路標識がウェールズの国語を含めるように決められましたが、その後ウェールズ語を話すことができない公務員によって善意によって建てられた、間違ったウェールズ語の道路標識があります。この例には、Aberdaugleddauなどがありますが、ここは英語話者には、Milford Havenとして知られています。これがMilfforddとして書かれた間違った標識がありましたが、以前に訪れた際には正しい綴りで上書きされていました。地名の音訳の際に、Haverfordwest が Hwlfforddであるので、このように推測されたのでしょう。

結局、ウェールズのいくつかの場所は、ウェールズ語の地名を英語風にしようとした英語の名称を持っています。それは翻訳語ではありませんが、ウェールズ語の話者ではない人にとっては発音と綴りがしやすいです。例えば、Caerphilly(英語)は、実際にはCaerffili(ウェールズ語)と綴られるべきです。初期の英国人の地図製作者が、ウェールズ語の名称を、英語の音と英語の文法で綴ろうと試みたことが多くありました。その結果、ウェールズ全体にそのような名称が現れています。

これに関するさらなる情報は、以下で得ることができます。 http://www.caerphilly.gov.uk/pdf/equalities/welsh-language-scheme-05-08.pdf

というわけで、ウェールズ語のネイティブ話者が多いエリアでは、ネームタグをウェールズ語の名称にするべきであると考えます。そのような場合には、英語の名称には、name:en を利用してください。

通りの名称についても同様です。多くの通りは、公式な英語の名称があってもウェールズ語のみで記されています。例えば、Stryd-y-Capel は、Chapel Streetになりますが、Chapel Streetとは表示されず、多くの英語話者は、そこの住所を、Stryd-y-Cpapel として示します。このような場合には、name タグを、ウェールズ語で記述してください。

地図に地名を付与するに当たって、その土地の知識に代わるものはありません。ウェールズの Bing 画像のカバー率は適正ですが、 多くは New Popular Edition のような、ウェールズの地名がよく間違っている古い地図でマッピングされてきました。英語話者の方がウェールズをマッピングしたい場合には、その場所をおとずれてください。とても素敵な場所です。もしあなたが正しい綴りのウェールズ語の地名を地図に記すことに興味を持っているのなら、フレンドリーなその土地の人、特に Cymdeithas yr Iaith (ウェールズ語の協会)のメンバーに話しかけてください。

If it is mapped as described above, names appears in English, except when a Welsh map is rendered. This does not correspond to the signage on site. This does not correspond to the bilingual status (both languages are equal). This harms the Welsh language, a minority language.
It is better to use name:en for English names and name:cy for the Welsh name. In the name field, a neutral or a bilingual version can be entered. Examples of Newcastele Emlyn:
* Sign on a building: Neuadd Emlyn Hall ("neutral"; en: Emlyn Hall, cy: Neuadd Emlyn);
* Street Sign: Heol y Castell / Castel Street (taged as: name Heol y Castell / Castel Street name:cy Heol y Castell name:en Castel Street);
* Shop sign: Cygidd Jenkins Butcher's (tagged as name Cygidd Jenkins Butcher's (could also be only Jenkins) / name:cy Cygidd Jenkins / name:en Jenkins Butcher's)
This way, english rendered maps are in English; Welsh rendered maps are in Welsh and all other maps gives not priority to one of this two languages; Wales appears as what it is, a bilingual area - as f.ex. Biel/Bienne, Haiti, Hong Kong, etc.

境界線上の地物

Sometimes a boundary is a shared feature like a river with different names on each side of the border. One example is the Rhine river separating Germany and France.

Always add name:code=* for each involved language, and for compatibility with older rendering engines, also set name=* to both names, separated by a forward slash with spaces in between, sorted in (a somewhat neutral) Unicode alphabetical order.

For the Rhine river, this would be:
name=Le Rhin / Rhein
name:fr=Le Rhin
name:de=Rhein

Note that, in the rare case when the feature borders multiple language regions, like the Danube river, joining all names within name=* can produce an inconveniently long string. Though not implemented anywhere yet, one could:

  • create a relation for the whole feature without name=*, only name:code=* tags
  • break down the feature for each pair of adjacent regions (usually countries)
  • for each pair of regions, create a relation for the feature's parts separating the two regions with name=* containing the two local names and no name:code=* tags

Finally, if only part of the feature is used as a boundary, set name=* of the non-boundary parts to the name used in the containing region, as in most other objects.