JA:Terms

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

OSMで使用する用語

OpenStreetMapで使用する用語について、原文での用語とその和訳の対応や定義について整理します。要素に付いてはJa:Elementsを読んでください。

OSM用語など

  • ノード (node) : 点のことです。直接タグ付けしたり、ウェイ (way) を描くために使われます。
  • ウェイ (way) : 線のことです。ノードを順序付けて並べて線で繋ぐことによって作成されます。
  • クローズドウェイ (closed way) : 切れ目無く一周している閉じたウェイのことで、タグによりエリアとして使われることが多いです。
  • エリア (area): クローズドウェイのうち、タグによって、エリア指定されたものです。公園、湖、島などの領域を示すのに使われます。
  • タグ (tag) : ノードやウェイ、クローズドウェイに名前や意味を付けるために使われます。キー(key)値(value)の組み合わせになっています。
  • 属性値 (attribute) : タグ (tag) とほぼ同義、タグの集合を指して言っていることが多いです。
  • リレーション (relation): ノード・ウェイであわらすことができない、関係を示す要素です。
  • タイプ (type): リレーションに必ず付くタグです。
  • メンバー (member): リレーションに属する各要素のことです。
  • ロール (role): リレーションに属する要素にはロールが与えられることがあります。

Nodes-ways-closedways.PNG

翻訳の際に注意する英語

英語には日本語以上に曖昧な単語や、日本国内では意味が異なってしまってるものがあります。以下の単語には注意しましょう。

  • way: は英語では日本語の「みち」以上に曖昧な言葉です。wayは曖昧過ぎると誰もが知っているので、道の意味でwayを使わないようにして、代わりにpath,roadと書いてあるはずです。OSMで単にwayと書いてあれば基本的に要素のウェイです。
  • highway: これはOSMで道を表すタグキーhighway=*であることが多いです。ですからhighwayのままにしておくか、せめて道路くらいにしてください。英語のハイウェイは街道の意味であり、高速道路のことは絶対に指しませんので、高速道路としないようにしてください。
  • bike: これは元々2輪車であるbicycleの愛称なので、日本で言う自動二輪のバイクもほんとは入っているのですが、英語で単にbikeといった場合は、エンジンの付いていない自転車のことです。bike track, bike lane, bike route, bike crossing などいっぱい出てきますが、ことごとく自転車と訳すようにしてください。ちなみにエンジンが付いてる方はmotorcycleです。
  • area: 上の要素エリアの意味で使われることが多いのですが、同等の頻度で面積・地域のことがあります。largerとか、squere kilometers など大きさを指す言葉が付いているときは面積です。local area, urban areaなど修飾が付いている時は、多分地域のことです。
  • track: OSMではtrackは4種の意味で扱われます。
    1. 前にGPSとあるときは、GPSトラックログのことです。
    2. 農道・山道など非舗装をさしていることもあります。この時は、highway=trackの話題がどこかにあるはずです。
    3. 軌道。鉄道のレールなどの総称のことです。この時は、railway=*の話題がどこかにあるはずです。
    4. 競馬場や徒競走用などの周回コースleisure=trackをさすことがあります。訳は「トラック」でいいです。
    5. これは2.の非舗装道のtrackと関係あるのですが、本当に「轍(わだち)」「車輪跡」自身をさしていることがあります。このときは、single track(1本轍。普通にこれの意味が分かる人は、マウンテンバイクなどオフロード車両に乗ってる人です。「シングルトラック」の方がわかりやすいと思います。), dual tracks(2本轍。普通自動車の轍)とか書いてあるでしょう。
    6. 英語で、貨物自動車(トラック)は truck なのですが、英語の文は英語を母国語としない人によってかかれていることがあるので、たまにtrack になってます。この場合は英語のページをtruckかgoods vehicle とかに書き直しにいって、日本語訳は貨物自動車がいいです。