User:Tatata/memo/Mapnik/MapnikViewer

From OpenStreetMap Wiki
< User:Tatata‎ | memo‎ | Mapnik
Jump to: navigation, search

general

http://trac.mapnik.org/wiki/MapnikViewer

Memo

とりあえず、準備作業のメモ。

  • /trunk/demo/viewerの中身をsvnから入手する。 → svnではなく、mapnikのサイトからSourceをダウンロードすればOK。
  • Modify viewer.pro to match your system (include, lib directories)
  • Modify main.cpp to have correct paths to Mapnik's plug-ins and fonts directories

install

mapnik

mapnikのサイト (http://mapnik.org/) からsourceとwin32 binariesをダウンロードし、解凍する。

以下は解凍されたフォルダをcドライブの直下に置いた場合を想定。 (sourceは c:\mapnik-0.5.1 、win32 binariesは C:\mapnik-0_5_1 。)

  • フォルダ C:\mapnik-0.5.1\include\mapnik を C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer の中にコピーする。
  • build
    • scons実行時にboostのヘッダファイルやライブラリファイルが見つからない問題 → [Mapnik-users] OS X build issuesSConstruct thread_suffix = '-mt' にboostのバージョン・リリースの番号を入れる。
    • コンパイラーのバージョン → [Mapnik-users] Build errorWell, 3.4.6 is good for 'C' but 'C++' support is somewhat lacking.
      • gcc-4.3.0へのupgrade [1]

Qt

Windowsの場合は、

  • Trolltech社のサイト (http://trolltech.com/products/qt) から
    • → ダウンロードのページ (Downloads)
      • → QtのOpen Source版のページ (Open Source Downloads)
        • → Qt/Windows Open Source版のページ (Qt Open Source Edition for C++ Developers: Windows Download)
          • → qt-win-opensource-4.3.4-mingw.exe をダウンロードし、実行する。
  • インストーラーのMinGW Installation画面で "Download and install minimal MinGW installation." にチェックする。

以下は導入によって作成されたフォルダ(インストーラーの省略時値)。 (Qtは C:\Qt 、MinGWは C:\MinGW 。)


MinGW

Windowsの場合は、MinGWのサイト (http://www.mingw.org/) からAutomated MinGW Installerパッケージをダウンロードし、導入する。

導入は、最少構成でg++ Compilerにチェックするか、又は、全機能 (Full) で行う。

導入先はQt導入時に作成されたフォルダ (C:\MinGW) 。


Boost

Boostのサイト (http://www.boost.org/) からBoost C++ Librariesのパッケージをダウンロードし、解凍する。

以下は解凍されたフォルダをcドライブの直下に置いた場合を想定。 (C:\boost_1_35_0)

  • フォルダ C:\boost_1_35_0\boost を C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer の中にコピーする。

FreeType 2

FreeTypeのサイト (http://freetype.sourceforge.net/) からFreeType 2(2008-04-23時点ではfreetype-2.3.5.tar.gz)をダウンロードし、解凍する。

以下は解凍されたフォルダをcドライブの直下に置いた場合を想定。 (C:\freetype-2.3.5)

iconv

http://www.kaoriya.net/#LIBICONV からLibiconv DLL 1.10-20060516 for Windows (iconv-1.10-20060516-dll.tar.bz2) をダウンロードし、解凍する。

以下は解凍されたフォルダをcドライブの直下に置いた場合を想定。 (C:\iconv-1.10-20060516-dll)

  • ファイル C:\iconv-1.10-20060516-dll\iconv.h を C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer の中にコピーする。

prepare

modify viewer.pro

viewer.pro (C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer\viewer.pro) を自分の環境に合わせて変更する。

tracのLine# 変更前 変更後
7 INCLUDEPATH += /opt/mapnik/include
8 INCLUDEPATH += /opt/boost/include/boost-1_34_1
9 INCLUDEPATH += /usr/local/include/freetype2
13 unix:LIBS = -L/opt/mapnik/lib -lmapnik -lfreetype

modify main.cpp

main.cpp (C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer\main.cpp) を自分の環境に合わせて変更する。

tracのLine# 変更前 変更後
22 #include <QApplication>
23 #include <QStringList>
24 #include <mapnik/datasource_cache.hpp>
25 #include <mapnik/font_engine_freetype.hpp>
33 datasource_cache::instance()->register_datasources("/opt/mapnik/lib/mapnik/input");
35 freetype_engine::register_font("/opt/mapnik/lib/mapnik/fonts/DejaVuSans.ttf");
36 freetype_engine::register_font("/opt/mapnik/lib/mapnik/fonts/DejaVuSans-Bold.ttf");
37 freetype_engine::register_font("/opt/mapnik/lib/mapnik/fonts/DejaVuSansMono.ttf");
38

compile

Windowsの場合、

  • スタート → すべてのプログラム → Qt by Trolltech v4.3.4 (OpenSource) → Qt 4.3.4 Command Prompt を起動する。
  • MapnikViewerのソースが置かれているディレクトリへ移動する。
    • C:\Qt\4.3.4>cd c:\mapnik-0.5.1\demo\viewer
  • qmakeを実行する。
    • C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer>qmake
  • makeを実行する。
    • C:\mapnik-0.5.1\demo\viewer>make