User talk:Higa4/OSM book Japan/Exploring the OpenStreetMap community

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

原文: http://en.flossmanuals.net/openstreetmap/beyond-the-map/

Exploring the OpenStreetMap community

OpenStreetMap コミュニティの歩き方

The OpenStreetMap is not just about the data, there is a vibrant community that meets both online and in person all over the world. People meet to do mapping, develop software and even to write this book!

OpenStreetMapは単にデータだけではなく、世界中でオンラインと対面の両方で出会う活気のあるコミュニティです。人々はマッピング、ソフトウェア開発、さらにはこの本の執筆をすることで出会います!

Mapping parties and other social events

マッピング・パーティと他の社交イベント

A mapping party is when members of the OpenStreetMap community get together to collect and add information to OpenStreetMap. One way of deciding who maps where is by creating a cake. Below is an example "cake" from a Fleet Street mapping party in London that took place in May 2010. As you can see, the area is divided up and numbered. Those who are attending pick a section they want to map and go collect data there. There is now a tool which makes this process easier called MapCraft (http://mapcraft.nanodesu.ru/). Some events bring people together to map on the way to a pub, where they gather socially afterwards. On other occasions, both the data collection and mapping occur, with a central meeting point such as a library, office or coffeeshop.

マッピングパーティとは、OpenStreetMapコミュニティのメンバーが集まり、情報を収集してOpenStreetMapに追加する、というものです。誰がどこをマップするかを決める一つの方法は、ケーキを作ることです。下記は、2010年5月にロンドンで開催されたフリート・ストリート・マッピング・パーティでの「ケーキ」の一例です。ご覧のように、エリアは分割され番号が振られています。参加者はマップしたいセクションを選び、そこに行ってデータを収集します。現在では、このプロセスをもっと簡単にするために作られたMapCraft (http://mapcraft.nanodesu.ru/) と呼ばれるツールがあります。集合してパブへの道をマップするイベントもあります。パブでは後で交流を深めます。データの収集とマッピングの両方が、図書館やオフィス、または喫茶店のような中間地点で落ちあって行われることもあります。

People come together in this way for a weekend or in the evenings, to map a specific area or simply catch up with other local contributors. There are also code sprints when OpenStreetMap contributors get together to improve OpenStreetMap software applications.

人々はこのようにして週末や夕方に集まり、特定地域をマップしたり、あるいは単に他の地元の投稿者に追いつこうとしたりします。OpenStreetMapの投稿者達が集まってOpenStreetMapのソフトウェア・アプリケーションの改善を行うコード・スプリントというものもあります。

At many of these types of events it is common to create an actual map cake. The tradition of the map cake comes from an idea introduced by Iván Sánchez Ortega from the Spanish OpenStreetMap community. The idea is that if your data license is truly open, then it is perfectly reasonable to take the geographic data, print it on a cake and then consume that cake, without breaking any licensing rules. This has lead to many cakes being made for social events all over the world! Below is a map cake from a mapping party held at the World Bank in Washington D.C.

これらの種類のイベントの多くでは、実際のマップ・ケーキを作ることが一般的です。マップ・ケーキの伝統は、スペインのOpenStreetMapコミュニティのイワン・サンチェス・オルテガによって導入されたアイデアからきているものです。そのアイデアとは、あなたのデータ・ライセンスが真にオープンであるならば、地理データを取得し、それをケーキに印刷し、そのケーキを食べてしまうのはいかなるライセンス規則も破ることのない完全に妥当な行為である、というものです。これは、世界中の社交イベントのために作られた、多くのケーキにつながるものです!以下は、ワシントンの世界銀行で開催されたマッピング・パーティでのマップ・ケーキです。

Mailing lists

メーリングリスト

Many people hang out on IRC, in an online chat room. This is used to collaborate and help each other in real time. This occurs on on the server irc.oftc.net. The most popular channel is #osm, but for more complex development questions, the #osm-dev channel is better. Often each language or region will often have their own channels. There is a full list of channels that people from the community use available on the wiki: http://wiki.openstreetmap.org/wiki/IRC.

多くの人々が、オンラインのチャットルームであるIRCに出入りしています。これは、リアルタイムでお互いに協力したり助けたりするために使われます。これは、irc.oftc.net サーバー上で行われます。最も人気のあるチャンネルは、#osmですが、より複雑な開発に関する質問については、#osm-devチャンネルの方が良いです。幾つかの言語または地域では、しばしば独自のチャンネルを持つことになります。コミュニティの人々がwiki上で利用できるチャンネルの完全なリストがこちらにあります:http://wiki.openstreetmap.org/wiki/IRC

You can use special software to access an IRC chatroom, but it is also possible to do it through your web browser. To access IRC through your web browser go to http://irc.openstreetmap.org/. Once you are there, choose a nickname and select the channel you would like to join.

あなたは、IRCのチャットルームにアクセスするために特別なソフトを使うことが出来ますが、Webブラウザを通して行うことも可能です。あなたのWebブラウザを通してIRCにアクセスするには、http://irc.openstreetmap.org/です。一度あなたがそこにアクセスしたら、ニックネームを選び、参加したいチャンネルを選択します。

Help

ヘルプ

There is a question and answer site available in a similar style to StackOverflow. This is where people can ask and answer questions and vote on the usefulness of an answer. http://help.openstreetmap.org/

StackOverflowと似たような形式で利用可能なQ&Aサイトがあります。これは、人々が尋ねて、質問に答えることができ、その回答が有用であるかを投票できます。 http://help.openstreetmap.org/

Forums

フォーラム

There are additionally web forums for discussing OpenStreetMap available at http://forum.openstreetmap.org/. These are less active than the mailing lists for many topics, but some communities prefer to use them for discussion instead of the mailing lists.

さらに、http://forum.openstreetmap.org/で利用可能なOpenStreetMapについて議論するためのWebフォーラムがあります。これらは、多くのトピックスのためのメーリングリストに比べて活発ではありませんが、いくつかのコミュニティではメーリングリストの代わりに議論するためにこれを使うことを好みます。

State of the Map conference

State of the Map カンファレンス

There is an annual conference called State of the Map or SotM, where people interested in OpenStreetMap from all over the world come together to discuss topics related to OpenStreetMap. The past few years have included one business day and two community days. The business day is for commercial interests surrounding OpenStreetMap and the community days are inclusive of any topics related to OpenStreetMap. State of the Map has its own website which includes general conference information (http://stateofthemap.org/).

State of MapまたはSotMと呼ばれる年次カンファレンスは、世界中からOpenStreetMapに興味のある人が集まり、OpenStreetMapに関するトピックスを一緒に議論する場です。過去数年間は、1日のビジネス・デイと2日のコミュニティ・デイが行われました。ビジネス・デイは、OpenStreetMap周辺の商業的関心によるもので、コミュニティ・デイは、OpenStreetMapに関連するあらゆるトピックスが含まれています。State of the Mapには、総合的な会議情報を含む独自のウェブサイトがあります (http://stateofthemap.org/)。