User talk:Higa4/OSM book Japan/Providing maps for your web site

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

原文: http://en.flossmanuals.net/openstreetmap/setting-up-your-own-tile-server/

Providing maps for your web site

あなたのウェブサイトでマップを提供する

There are many different options for providing maps on your own web site. The most basic and easiest for you to use is a JavaScript library called OpenLayers that provides a draggable map that you can embed on your own webpage. This is similar to the earlier section in this book describing the "Export" tab on http://osm.org/. In this chapter we'll go farther by describing how to set up your own server with a customized map style based on OpenStreetMap data. You might want to do this if you are interested in highlighting a particular kind of OpenStreetMap data like bicycle or foot paths or if you are dissatisfied with the elements present in the other available map styles.

あなた自身のウェブサイトでマップを提供するためにはいろいろな選択肢があります。使うのにいちばん基本的で簡単なのは、OpenLayersと呼ばれるJavaScriptライブラリを使うことで、あなた自身のウェブページに組み込むことができるドラッグ可能なマップを提供します。これは、この本のはじめの方のセクションに記述した http://osm.org の"エクスポート"タブに似ています。この章ではさらにOpenStreetMapデータに基づくカスタマイズされたマップスタイルであなた自身のサーバにセットアップする方法を説明します。自転車や徒歩経路といった特定のOpenStreetMapデータを強調したいような場合、あるいはもしあなたが他の利用可能なマップスタイルに表示される要素に飽き足らない場合にはそうしたくなるかもしれません。

System requirements

システム要件

Serving your own maps is a fairly intensive task. Depending on the size of the area you're interested in serving and the traffic you expect the system requirements will vary. In general, requirements will range from 10-20GB of storage, 4GB of memory, and a modern dual-core processor for a city-sized region to 300GB+ of fast storage, 24GB of memory, and a quad-core processor for the entire planet.

自分でマップを提供するのははかなり労力を要するタスクです。あなたが提供しようとしているエリアのサイズとシステム要件が変化することが予想されるトラフィックに依存します。一般的には、要件は10-20GBのストレージで4GBのメモリ、都市サイズの地域用には最近のデュアルコアプロセッサーを300GB超の高速ストレージに、24GBのメモリ、そして全世界用にはクアッドコアプロセッサー、といった範囲になります。

What are tiles?

タイルとは?

For our purposes, a web map is made up of several adjacent square images, each 256 pixels square, that cover a particular geographic region of the Earth. The OpenLayers library we are using in this example will place these tiles in a grid to form a draggable view of anywhere on the Earth.

我々の目的のために、ウェブマップはいくつかの隣接した四角い、それぞれが256ピクセル四方の画像で作られており、地球上の特定の地理領域をカバーします。この例で使っているOpenLayersライブラリはこれらのタイルをグリッド内に配置し、地球上のどこでもドラッグできるビューを形成します。

Using OpenLayers

OpenLayersを使う

OpenLayers is a JavaScript library for displaying maps on your web site. It is very powerful and can be used to add advanced features to your map like buttons, overlays, popup windows and lines. In this example we'll use it simply to show the map that you render, but to learn more about extending it to include these features, please visit http://openlayers.org/.

OpenLayersはあなたのウェブサイトにマップを表示するためのJavaScriptライブラリです。とてもパワフルで、ボタン、オーバーレイ、ポップアップウィンドウそしてラインといった高度な機能を追加するのに使うことができます。この例では我々はこれを単にあなたが描画したマップを表示するのに使いますが、こういった機能を含めてもっと拡張するためには、 http://openlayers.org/ を訪問してください。

The toolchain

ツール連携

We use a series of tools for generating and serving map tiles:

マップタイルの生成と提供には一連のツールを使っています:

Apache provides the front end server that handles requests from your web browser and passes the request to mod_tile. The Apache web server can also be used to serve static web content like the HTML, JavaScript, or CSS for your map webpage.

Apacheはフロントエンドのサーバを提供し、あなたのウェブブラウザからのリクエストを処理し、リクエストをmod_tileに引き渡します。Apacheウェブサーバはまたあなたのマップウェブページ用にHTML, JavaScript, あるいはCSSといった静的なウェブコンテンツを提供するのに使われます。

Once Apache handles the request from the web user, it passes the request to mod_tile to deal with. Mod_tile checks if the tile has already been created and is ready for use or whether it needs to be updated due to not being in the cache already. If it is already available and doesn't need to be rendered, then it immediately sends the tile back to the client. If it does need to be rendered, then it will add it to a "render request" queue, and when it gets to the top of the queue, a tile renderer will render it and send the tile back to the client.

Apacheはいったんウェブユーザからリクエストを受け取ると、そのリクエストを取り扱うためにmod_tileに渡します。Mod_tileはタイルが生成済みで使用可能かどうか、あるいはまだキャッシュに無いという理由で更新が必要かどうかチェックします。既に利用可能でレンダリングの必要が無ければ、直ちにクライアントにタイルを返します。レンダリングが必要であれば、それを"レンダーリクエスト"キューに追加するでしょう。そしてキューの先頭に来たとき、タイルレンダラーはそれをレンダリングし、タイルをクライアントに返します。

We use a tool called Mapnik to render tiles. It pulls requests from the work queue as fast as possible, extracts data from various data sources according to the style information, and renders the tile. This tile is passed back to the client and moves on to the next item in the queue.

我々はタイルのレンダリングにMapnikというツールを使います。これは動作中のキューからできるだけ早くリクエストを取り出し、スタイル情報に従って様々なデータソースからデータを抽出し、そしてタイルをレンダリングします。このタイルはクライアントに渡され、次のアイテムをキューに移します。

For rendering, OpenStreetMap data is stored in a PostgreSQL database created by a tool called osm2pgsql. These two pieces work together to allow efficient access to the OpenStreetMap geographic data. It is possible to keep the data in the PostgreSQL database up to date using a stream of diff files produced every 60 seconds on the main OpenStreetMap server.

レンダリングのために、OpenStreetMapデータはosm2pgsqlと呼ばれるツールで作成されたPostgreSQLデータベースに蓄えられます。この両者があいまってOpenStreetMap地理データへの効果的なアクセスを実現します。メインのOpenStreetMapサーバ上で60秒ごとに作成される差分ファイルのストリームを使ってPostgreSQLデータベース内のデータを最新に保つことができます。

Setting up your own tile server

あなたのタイルサーバのセットアップ

Setting up your own OpenStreetMap server is a lengthy task and best described on Richard Weait's website here: http://weait.com/content/build-your-own-openstreetmap-server.

あなた自身のOpenStreetMapサーバをセットアップするのは長くかかるタスクで、Richard Weatのこちらのウェブサイトにいちばんよく書かれています: http://weait.com/content/build-your-own-openstreetmap-server


Software Configuration

ソフトウェア構成

Start with an installation of Ubuntu (10.04) Lucid Lynx Server for your hardware architecture. Add the LAMP server and SSH server during installation. Once installed, this can be run as a headless server with neither monitor nor keyboard. So ssh to the new box, and let's get started. Since there may be several updates for Lucid Lynx, update the packages on your system:

ハードウェアのアーキテクチャには Ubuntu (10.04) Lucid Lynx Serverのインストールから始めてください。そしてLAMPサーバとSSHサーバをインストール中に追加してください。インストールできたら、これはモニターもキーボードも無いヘッドレスのサーバとして実行できます。そしてsshを新しいボックスに入れて、始めましょう。Lucid Lynx用の更新がいくつかあるかもしれないので、あなたのシステム上で更新してください:

   sudo apt-get update
   sudo apt-get upgrade

Fetch some essential system tools for this tile server installation process:

このタイルサーバのインストール手順用に、いくつかの不可欠なシステムツールを入手してください:

   sudo apt-get install subversion autoconf screen munin-node munin htop

Organize the file system to make the installation process a bit easier:

ファイルシステムを組み立ててインストール手順を少し早くしましょう:

   cd ~
   mkdir src bin planet

Get the latest OpenStreetMap data

最新のOpenStreetMapデータを取得する

Retrieve a piece of OpenStreetMap data from http://planet.openstreetmap.org/. Since the whole planet is at least 18GB when compressed, there are links to smaller country or state sized extracts on that page. Since it is smaller and faster to interact with, the PBF file format is preferable when available. In this case we'll download the entire planet file by issuing the following command:

http://planet.openstreetmap.org/ からOpenStreetMapデータを少しだけ参照します。planet全体では圧縮して18GBあるため、このページには小さな国や州サイズに抽出されたものへのリンクがあります。取り扱うのに小さくて早いので、できればPBFファイル形式が望ましいです。この場合、我々は次のコマンドを発行してplanetファイル全体をダウンロードします:

   cd planet
   wget http://planet.openstreetmap.org/planet-latest.osm.bz2

Install and configure PostgreSQL database

PostgreSQLデータベースをインストールしてコンフィグ設定

Next, we need to install the PostgreSQL database system. Start by using apt-get to install the database and required extensions:

次に、PostgreSQLデータベースシステムをインストールする必要があります。apt-getを使って始め、データベースと必要なエクステンションをインストールします:

   sudo apt-get install postgresql-8.4-postgis postgresql-contrib-8.4 postgresql-server-dev-8.4 build-essential libxml2-dev libtool libgeos-dev libpq-dev libbz2-dev proj

The default configuration for PostgreSQL 8.4 needs to be tuned for the amount of data you are about to add to it. Edit the file /etc/postgresql/8.4/main/postgresql.conf and make the following changes:

PostgeSQL 8.4用のデフォルト構成では追加したいデータ量を調整する必要があります。/etc/postgresql/8.4/main/postgresql.conf にあるファイルを編集して以下のように変更してください:

   shared_buffers = 128MB
   checkpoint_segments = 20
   maintenance_work_mem = 256MB
   autovacuum = off

These changes require a kernel configuration change. Perform that change and save it so that it is applied next time your computer is rebooted:

これらの変更にはカーネル構成の変更が必要です。次のように変更して保存し、あなたのコンピュータの次回リブート時に適用されるようにしてください:

   sudo sysctl -w kernel.shmmax=268435456
   sudo sysctl -p /etc/sysctl.conf

Restart PostgreSQL to apply these new changes:

PostgreSQLをリスタートし、これらの新しい変更を適用します:

   sudo /etc/init.d/postgresql-8.4 restart

It should restart without any errors and report back with this message:

エラー無しで、次のようなメッセージがレポートされなければなりません:

    * Restarting PostgreSQL 8.4 database server
      ...done.

Create a database called gis. Some of our future tools presume that you will use this database name. Substitute your username for username in two places below. This should be the username that will render maps with Mapnik.

gisと呼ばれるデータベースを作成します。これから先に使うツールの中にはこのデータベース名を前提としているものがあります。あなたのユーザ名を下記のように2箇所で置き換えてください。これはmapnikでマップをレンダリングするユーザ名であるべきです:

   sudo -u postgres -i
   createuser username # answer yes for superuser
   createdb -E UTF8 -O username gis
   createlang plpgsql gis
   exit

Set up PostGIS on the postresql database:

PostgreSQLデータベース上にPostGISをセットアップします:

   psql -f /usr/share/postgresql/8.4/contrib/postgis-1.5/postgis.sql -d gis

This should respond with many lines ending with:

これは下記のように表示して終わる行を多数返すはずです:

   ...
   CREATE FUNCTION
   COMMIT
   ...
   DROP FUNCTION

Give your newly-created user permission to access some of the PostGIS extensions' data. Make sure you replace username with your user's name:

いくつかのPostGISエクステンションのデータにアクセスするために、新しく作成したユーザパーミッションを与えてください:

   echo "ALTER TABLE geometry_columns OWNER TO username; ALTER TABLE spatial_ref_sys OWNER TO username;" | psql -d gis

Load OpenStreetMap data into the database

OpenStreetMapデータをデータベースにロードする

We need to set up the tool that converts OSM data into the PostgreSQL data format. Start by checking out the latest source code and compiling it:

OSMデータをPostgreSQLデータ形式に変換するツールのセットアップが必要です。最新のソースコードのチェックアウトから始めて、コンパイルしましょう:

   cd ~/bin
   svn co http://svn.openstreetmap.org/applications/utils/export/osm2pgsql/
   cd osm2pgsql
   ./autogen.sh
   ./configure
   make

Once compiled, we need to set the spatial reference on the newly-created database:

コンパイルが終わったら、新しく作成したデータベース上に空間参照をセットする必要があります:

   psql -f ~/bin/osm2pgsql/900913.sql -d gis

With the conversion tool compiled and the database prepared, the following command will insert the OpenStreetMap data you downloaded earlier into the database. This step is very disk I/O intensive and will take roughly 30 hours depending on the speed of the computer performing the conversion and the size of the data you retrieved from the server.

コンパイル済みの変換ツールと準備したデータベースを使って、先にあなたがダウンロードしたOpenStreetMapデータを次のコマンドで挿入します。このステップではディスクI/Oが激しく、変換を実行するコンピュータの処理速度とサーバから参照したデータの量によりますが、おおまかに30時間かかります。

   cd ~/bin/osm2pgsql
   ./osm2pgsql -S default.style --slim -d gis -C 2048 ~/planet/planet-latest.osm.bz2

Let's have a look at your data import as it progresses. The first part of the osm2pgsql output looks scary, but is normal:

あなたのデータインポートを進行にあわせて見てみましょう。osm2pgsqlの最初のアウトプットには少したじろぎますが、これが正常です:

   Using projection SRS 900913 (Spherical Mercator)
   Setting up table: planet_osm_point
   NOTICE:  table "planet_osm_point" does not exist, skipping
   NOTICE:  table "planet_osm_point_tmp" does not exist, skipping
   Setting up table: planet_osm_line
   NOTICE:  table "planet_osm_line" does not exist, skipping
   NOTICE:  table "planet_osm_line_tmp" does not exist, skipping
   Setting up table: planet_osm_polygon
   NOTICE:  table "planet_osm_polygon" does not exist, skipping
   NOTICE:  table "planet_osm_polygon_tmp" does not exist, skipping
   Setting up table: planet_osm_roads
   NOTICE:  table "planet_osm_roads" does not exist, skipping
   NOTICE:  table "planet_osm_roads_tmp" does not exist, skipping
   Mid: pgsql, scale=100, cache=4096MB, maxblocks=524289*8192
   Setting up table: planet_osm_nodes
   NOTICE:  table "planet_osm_nodes" does not exist, skipping
   NOTICE:  CREATE TABLE / PRIMARY KEY will create implicit index "planet_osm_nodes_pkey" for table "planet_osm_nodes"
   Setting up table: planet_osm_ways
   NOTICE:  table "planet_osm_ways" does not exist, skipping
   NOTICE:  CREATE TABLE / PRIMARY KEY will create implicit index "planet_osm_ways_pkey" for table "planet_osm_ways"
   Setting up table: planet_osm_rels
   NOTICE:  CREATE TABLE / PRIMARY KEY will create implicit index "planet_osm_rels_pkey" for table "planet_osm_rels"

Don't be concerned by the NOTICE: entries above. All normal. Next, osm2pgsql will start reading the compressed planet file.

上記NOTICE: エントリーは気にしないでください。全て正常です。次に、osm2pgsqlは圧縮したplanetファイルの読み込みを開始します:

   Reading in file: /home/user/planet/planet-latest.osm.bz2

As osm2pgsql reads the planet file it will give progress reports. The line below will refresh every few seconds and update the numbers in brackets. This part of the import takes a long time. Depending on your server, it will take between hours and days.

osm2pgsqlがplanetファイルを読み込むのに合わせて、進捗がレポートされます。下記の行は数秒おきにリフレッシュされ、カッコ内の数字を更新します。インポートのこの部分には長い時間が掛かります。あなたのサーバ次第ですが、数時間から数日掛かります。

   Processing: Node(10140k) Way(0k) Relation(0k)

As the import proceeds, the Node number will update a couple of times per second until complete, then the Way number will update roughly every second or two. Finally, the Relation number will update at roughly once per minute. As long as you can see these numbers advancing the import process is still operating normally for your server. Do not interrupt the import process unless you have decided to start over again from the beginning.

インポートが進むにつれ、ノード番号は完了するまで1秒間に数回更新され、ウェイ番号はおおよそ1秒か2秒ごとに更新されます。最後に、リレーション番号はおおよそ1分に1回更新されます。これらの番号が進んでいる限り、インポート手順はあなたのサーバで正常に進んでいます。最初からやり直すことにした場合を除き、このインポート手順を中断しないでください。

   Processing: Node(593072k) Way(45376k) Relation(87k)
   Exception caught processing way id=110802
   Exception caught processing way id=110803
   Processing: Node(593072k) Way(45376k) Relation(474k)

The exceptions shown above are due to minor errors in the planet file. The planet import is still proceeding normally.

上記に表示されている例外はplanetファイル中のマイナーなエラーによるものです。planetのインポートは正常に進んでいます。

The next stage of the osm2pgsql planet import process also will take between hours and days, depending on your hardware. It begins like this:

次のステージ、osm2pgsqlのplanetインポート手順もあなたのハードウェア次第ですが、数時間から数日掛かります。次のように始まります:

   Node stats: total(593072533), max(696096737)
   Way stats: total(45376969), max(55410575)
   Relation stats: total(484528), max(555276)
   Going over pending ways
   processing way (752k)

The processing way number should update approximately each second.

処理中のウェイ番号はおおよそ毎秒更新されます。

   Going over pending relations
   node cache: stored: 515463899(86.91%), storage efficiency: 96.01%, hit rate: 85.97%
   Committing transaction for planet_osm_roads
   Committing transaction for planet_osm_line
   Committing transaction for planet_osm_polygon
   Sorting data and creating indexes for planet_osm_line
   Sorting data and creating indexes for planet_osm_roads
   Sorting data and creating indexes for planet_osm_polygon
   Committing transaction for planet_osm_point
   Sorting data and creating indexes for planet_osm_point
   Stopping table: planet_osm_nodes
   Stopping table: planet_osm_ways
   Stopping table: planet_osm_rels
   Building index on table: planet_osm_rels
   Stopped table: planet_osm_nodes
   Building index on table: planet_osm_ways
   Stopped table: planet_osm_rels
   Completed planet_osm_point
   Completed planet_osm_roads
   Completed planet_osm_polygon
   Completed planet_osm_line
   Stopped table: planet_osm_ways

At this point the import is complete and successful.

この時点でインポートは正常終了しました。

Install Mapnik library

Mapnikライブラリのインストール

Next, we need to install the Mapnik library. Mapnik is used to render the OpenStreetMap data into the tiles used for an OpenLayers web map. To start, we'll install the dependencies for the Mapnik library followed by downloading and compiling the source:

次に、Mapnikライブラリをインストールする必要があります。mapnikはOpenStreetMapデータをOpenLayersのウェブマップで使われるタイルにレンダリングするのに利用されます。始めるには、mapnikに依存関係があるものをダウンロードとソースのコンパイルの後にインストールします。

   sudo apt-get install libltdl3-dev libpng12-dev libtiff4-dev libicu-dev libboost-python1.40-dev python-cairo-dev python-nose libboost1.40-dev libboost-filesystem1.40-dev libboost-iostreams1.40-dev libboost-regex1.40-dev libboost-thread1.40-dev libboost-program-options1.40-dev libboost-python1.40-dev libfreetype6-dev libcairo2-dev libcairomm-1.0-dev libgeotiff-dev libtiff4 libtiff4-dev libtiffxx0c2 libsigc++-dev libsigc++0c2 libsigx-2.0-2 libsigx-2.0-dev libgdal1-dev python-gdal imagemagick ttf-dejavu

Build the Mapnik library from source:

Mapnikライブラリをソースからビルドします:

   cd ~/src
   svn co http://svn.mapnik.org/tags/release-0.7.1/ mapnik
   cd mapnik
   python scons/scons.py configure INPUT_PLUGINS=all OPTIMIZATION=3 SYSTEM_FONTS=/usr/share/fonts/truetype/
   python scons/scons.py
   sudo python scons/scons.py install
   sudo ldconfig

Verify that Mapnik has been installed correctly:

Mapnikが正しくインストールされたかどうか検証します:

   python
   >>> import mapnik
   >>> 

If python replies with the second chevron prompt >>> and without errors, then Mapnik library was found by Python. Congratulations!

もしpythonが2番目のシェブロン(訳注:紋章の盾型の)プロンプトを返してエラーが無い場合は、pythonがMapnikライブラリを認識しています。おめでとうございます!

Install Mapnik tools

Mapnikツールのインストール

Next, we need to install the OpenStreetMap Mapnik tools, which include the default style file and tools to help Mapnik render OpenStreetMap data:

次に、OpenStreetMap Mapnikツールをインストールする必要があります、これはMapnikがOpenStreetMapデータをレンダリングするのを支援するデフォルトのスタイルファイルとを含みます:

   cd ~/bin
   svn co http://svn.openstreetmap.org/applications/rendering/mapnik

Mapnik uses prepared files to generate coastlines and ocean areas for small scale maps since it is faster than reading the entire database for this information.

Mapnikは予め用意されたファイルを使って小縮尺のマップ用に海岸線や海洋を生成します、というのもこの情報のためには全データベースを読むよりもその方が早いためです。

   cd ~/bin/mapnik
   mkdir world_boundaries
   wget http://tile.openstreetmap.org/world_boundaries-spherical.tgz
   tar xvzf world_boundaries-spherical.tgz
   wget http://tile.openstreetmap.org/processed_p.tar.bz2
   tar xvjf processed_p.tar.bz2 -C world_boundaries
   wget http://tile.openstreetmap.org/shoreline_300.tar.bz2
   tar xjf shoreline_300.tar.bz2 -C world_boundaries
   wget http://www.naturalearthdata.com/http//www.naturalearthdata.com/download/10m/cultural/10m-populated-places.zip
   unzip 10m-populated-places.zip -d world_boundaries
   wget http://www.naturalearthdata.com/http//www.naturalearthdata.com/download/110m/cultural/110m-admin-0-boundary-lines.zip
   unzip 110m-admin-0-boundary-lines.zip -d world_boundaries

The database is loaded and the tools are installed. Let's test everything together. Remember to replace username with your username.

データベースはロードされ、ツールはインストールされました。さあ一緒に全部テストしましょう。ユーザ名はあなたのユーザ名に置き換えることをお忘れなく。

   cd ~/bin/mapnik
   ./generate_xml.py --dbname gis --user username --accept-none
   ./generate_image.py

View image.png to confirm that you have rendered a map of England. Congratulations!

image.pngを見て、イングランドのマップをレンダリングしたかどうか、確認してください。おめでとうございます!

Install and configure Apache web server and mod_tile

Apacheウェブサーバとmod_tileのインストールと構成

Now that we've created an image using your map data, we need to set up the tile serving software to handle tile requests using Apache. To do this, we'll install the Apache web server and use the mod_tile extension to handle the tile rendering system.

さあ、これであなたのマップデータを使って画像を作成しましたので、これからApacheを使ってタイルのリクエストを処理するタイル提供ソフトウェアをセットアップする必要があります。これをやるために、Apacheウェブサーバをインストールし、mod_tileエクステンションを使ってタイルレンダリングシステムを処理します。

Begin by installing tools necessary to build mod_tile:

mod_tileのビルドに必要なツールのインストールから始めます:

   sudo aptitude install apache2 apache2-threaded-dev apache2-mpm-prefork apache2-utils libagg-dev

Compile the mod_tile source code:

mod_tileのソースコードをコンパイルします:

   cd ~/src
   svn co http://svn.openstreetmap.org/applications/utils/mod_tile
   cd mod_tile
   make
   sudo make install

Change the the mod_tile settings by editing the /etc/renderd.conf and change the following lines like so (remember to change username to your user's name):

/etc/renderd.conf を編集して次の行のように変えて(ユーザ名は忘れずにあなたのユーザ名に変えてください)mod_tileの設定を変更します:

   plugins_dir=/usr/local/lib/mapnik/input
   font_dir=/usr/lib/mapnik/fonts
   XML=/home/username/bin/mapnik/osm.xml
   HOST=localhost

Create the files required for the mod_tile system to run (remember to change username to your user's name):

mod_tileシステムに必要なファイルを作成して実行します(ユーザ名は忘れずにあなたのユーザ名に変えてください):

   sudo mkdir /var/run/renderd
   sudo chown username /var/run/renderd

Next, we need to tell the Apache web server about our new mod_tile installation by creating the file /etc/apache2/conf.d/mod_tile and adding one line:

次に、ファイル /etc/apache2/conf.d/mod_tile を作成して1行加えることでApacheウェブサーバに新しくmod_tileをインストールしたことを通知しなければなりません:

   LoadModule tile_module /usr/lib/apache2/modules/mod_tile.so

Also, Apache's default website configuration file needs to be modified to include mod_tile settings. Modify the file /etc/apache2/sites-available/default to include the following lines immediately after the admin e-mail address line:

同様に、Apacheのデフォルトのウェブサイト構成ファイルも変更してmod_tile設定に含める必要があります。ファイル /etc/apache2/sites-available/default を変更して管理者メールアドレス行の後に、次の行をいますぐ含めてください:

   LoadTileConfigFile /etc/renderd.conf
   ModTileRenderdSocketName /tmp/osm-renderd
   # Timeout before giving up for a tile to be rendered
   ModTileRequestTimeout 0
   # Timeout before giving up for a tile to be rendered that is otherwise missing
   ModTileMissingRequestTimeout 30

You'll then need to start the mod_tile rendering application. Note that it will not output anything upon successful start.

そしてmod_tileレンダリングアプリケーションを開始する必要があります。開始が成功した場合には何も出力されないことに注意してください。

   cd ~/src/mod_tile
   ./renderd

Congratulations! You now have a server capable of generating tiles using your own copy of the OpenStreetMap data. Visit http://localhost/osm_tiles2/0/0/0.png to verify that you have a working map tile generated.

おめでとうございます!これであなたは自分自身のOpenStreetMapデータのコピーを使ってタイルの生成が可能なサーバを手にしました。http://localhost/osm_tiles2/0/0/0.png にアクセスして作成済みの有効なマップタイルを得られたかどうか検証してください。