User talk:Higa4/OSM book Japan/Welcome to OpenStreetMap

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

原文: http://en.flossmanuals.net/openstreetmap/introduction/

Welcome to OpenStreetMap

OpenStreetMapへようこそ

As we mentioned earlier, maps are an important and useful method of conveying spatial and visual information quickly and clearly. You can use maps in a variety of ways to help make decisions, to convey safety information, to efficiently move around a community, or to describe where to go and how to get there. Traditionally, this useful information is collected and maintained by organizations whose main motivation and interest is in making money from the maps. But often, the use of these maps is restricted, and in cases where it's not profitable to create or maintain them, good maps may not even exist. OpenStreetMap was created to fill these voids: it is an open, freely-editable, wiki-style map of the world.

先に述べたように、マップは空間及び視覚情報を素早く、明瞭に伝達する重要で有効な手段です。 意思決定をし、安全情報を伝達し、コミュニティの周囲を効率的に移動し、 あるいはどこに行くべきか、どうやって行くかといったことを説明 するのに、様々なやり方でマップを使うことができます。 伝統的に、こういった有効な情報はマップでお金を稼ぐことが主要な動機と興味の対象である 組織によって収集、維持されてきました。 しかしながら、しばしばこれらのマップの利用は制限され、作成と維持が利益を産まない場合は 良いマップが無い場合もあります。 OpenStreetMapはこういった隙間を埋めるために作成されました: それはオープンで 自由に編集できる、Wikiスタイルの世界地図です。

For many people, participating in OpenStreetMap is about having fun while creating data that others can use freely. Contributing to OpenStreetMap is a great way to explore a town you've never visited before, a reason for learning more about somewhere you're familiar with, and a means to becoming deeply knowledgable about places you care about, using data collection as an excuse for all these activities! Additionally, collecting map data on foot or bicycle is a great way to maintain physical fitness and an excellent reason to be active outdoors.

OpenStreetMapに参加している多くの人々にとって、 他の人が自由に使えるデータを作成しているのは楽しみでやっていることです。 OpenStreetMapへの貢献とは まだ訪れたことの無い街を探検する優れたやり方であり、 見慣れた場所のことをもっと勉強する理由であり、 気になる場所について深い知識を持つ手段であり、 これら全てに対する口実としてデータを収集するということです! さらに、徒歩や自転車でマップのデータを集めるのは、健康を維持する優れたやり方であり、アウトドアで活発に活動する素晴らしい理由にもなります。

Here are some use-cases we want to share to spark ideas about how map data might become useful to you or members of your community.

ここにあるのはマップデータがどのようにあなたやあなたのコミュニティメンバーにとって 役に立つものと成りえるか、 アイディアをふくらませるために共有したい、いくつかのユースケースです。

Cyclists looking for the best routes and sharing bikes

最適なルートやバイクシェアを探すサイクリスト

Your bike is tuned up and you're ready to go. Data from OpenStreetMap lets you plan the best journey: cycle-friendly, safe, quiet or quick, flat or hilly, calorie burning and eco-friendly!

あなたの自転車はチューンアップされ、出かける準備ができています。 OpenStreetMapのデータであなたは次のようにベストな旅を計画できます: 自転車に優しい、安全、静かで早い、平地や丘、カロリーを燃焼させエコに優しい!

CycleStreets (www.cyclestreets.net) is a website and a smartphone app that was created using OpenStreetMap data for the United Kingdom. Maps are designed specifically for cyclists by cyclists, including details like bike parking and bike shops on a route, as well as cycleways that link roads that aren't obvious on other maps. You can choose the quietest route if you're biking for leisure or wanting a safe route for children. The fastest route is for confident cyclists, but still provides turn-by-turn directions. Or you can find something in the middle, a balance between a quiet, wandering route and the trickier passageways that might require more cycling skill like multiple lane-changes or tight corners. Then you can print a map, or use your smart phone to guide you.

CycleStreets (www.cyclestreets.net) はイギリス向けにOpenStreetMapデータを使って 作成されたウェブサイトでありかつスマートフォンアプリです。 マップはサイクリストによってサイクリストのために専門的にデザインされたもので 他のマップでははっきり描かれていない道路にリンクする自転車道路と同様に ルート上の駐輪場や自転車店のような詳細を含んでいます。 レジャーで自転車に乗ったり子供のために安全なルートが欲しい場合には 最も静かなルートを選ぶことができます。 最速のルートは自信のあるサイクリスト向けですが、進行方向情報までも含んでいます。 あるいは、あなたは静かな徒歩ルートと、複数レーン変更や急なコーナーのような よりサイクリングスキルが求められるトリッキーな通路とのどこか中間のものを 見つけるかもしれません。 そうしてあなたはマップを印刷したり、スマートフォンを使って自分で自分を案内できます。

BikeShare is a website that uses OpenStreetMap data to enable people to pick up bikes, use them for a time period, and drop them off for other service subscribers to use. The site works for many locations: for example, the Minneapolis site is at http://bikes.oobrien.com/?city=minneapolis and shows bike docks and whether there are bikes in a particular dock site.

BikeShareはOpenStreetMapデータを使って人々が自転車を借りたり、一定時間だけ使ったり、 他の契約者が利用できるように乗り捨てたりします。 このサイトは多くの場所で機能しています:例えば、 ミネアポリスのサイトは http://bikes.oobrien.com/?city=minneapolis にあり 自転車のドックや、特定のドックサイトに自転車があるかどうかを表示します。

By overlaying map information with bike locations, the site gives people access to bikes when and where they need them. Cool!

自転車の位置をマップ情報にオーバーレイすることで、 このサイトでは人々が必要な時、必要な場所で自転車を見つけられます。クール!

Communities seeking stability, safety, and infrastructure

堅牢さ、安全そしてインフラを求めるコミュニティ

Maps with free data can provide specific information that's relevant in the local context. Whether it's about improving access to water or creating understandable traffic routes in large informal settlements, free map data furthers humanitarian efforts and economic stability in underdeveloped areas.

フリーなデータを持つマップは地域の実情に合った特定の情報を提供することができます。 水道事情の改善であれ、大きな非公式の居留地内での分かりやすい交通案内作成であれ、フリーなマップデータは人道支援の努力と開発途上エリアの経済安定を推し進めます。

Without the map information it is nearly impossible to understand the living conditions and housing structures where people are living in large slums. For example, in 2009, a project started to create the first publicly available map of Kibera. Kibera is one of Africa's largest slums, with an estimated 200,000 residents, yet conditions were essentially invisible to outsiders due to a lack of mapping. There was almost no information available about things like sanitation, water availability, traffic patterns, and housing structures. How could something so large be so unknown? By sharing map tools with the residents and enabling them to share their knowledge with others, OpenStreetMap gave a visual to insiders and outsiders alike.

マップ情報なしには、人々が大きなスラム街に住んでいるところの生活状態や家屋の構造を理解するのはまず不可能です。例えば、2009年に公に使用できる初めてのキベラのマップを作成するプロジェクトが始まりました。キベラはアフリカ最大のスラムのひとつで、約20万人の住民がおり、マップ作成が行われていないために外部には全く状況が見えない状態でした。衛生、水利、交通パターン、家屋構造などのようなものについての使える情報はほぼ何もありませんでした。これほど大きなものがどうやって知られずに来たのでしょう?住人とマップのツールを共有し、彼らに自分の知識を他人と共有できるようにし、OpenStreetMapは内部へも外部へも同じ様に目に見えるようにしたのです。

Haiti's disastrous earthquake in the early weeks of 2010 left many Haitians setting up undocumented encampments after their community buildings, roads, and houses were completely destroyed. It also led to a collaboration of hundreds of "armchair mappers", who found a way to help using post-quake aerial imagery. Crisis responders who set up relief efforts used the OpenStreetMap data for their reports to various agencies to enable quick response.

2010年初めにハイチで起きた災禍である地震は多くのハイチ人に彼らのコミュニティの建物、道路、家屋が完全に破壊された跡地に文書化されていない野営地にとり残されました。これはまた同時に何百人もの"アームチェアマッピング"による協力のきっかけとなり、彼らは震災後の衛星画像を使って支援する方法を見つけ出しました。救援活動を調整するクライシス支援者たちは、OpenStreetMapデータを使って様々な代理人に迅速な対応を促すレポートを書くのに使いました。

Access to health and medical facilities, clean drinking water, and transportation information could all be located on a map, to help crisis responders provide assistance to those who needed it most. Lack of sanitation and water access make refugee camps and and ad hoc settlements extremely vulnerable to disease problems, but freely-available map data helps the responders reverse the unhealthy living conditions these camps can suffer from.

健康・医療施設へのアクセス、きれいな飲み水、そして交通情報はマップに全て配置され、クライシス支援者が支援を最も必要としている人たちに届ける手助けとなりました。衛生と水利の不足により、難民キャンプと一時的な施設は病気の問題に対して極端に脆弱となりましたが、自由に使えるマップは支援者が、これらのキャンプが被り得る不健康な生活状態を反転させる手助けとなります。

Rural students learning high-tech techniques

高度な技術を学ぶ地方の学生

"How well do you know your neighborhood?" the teacher in Red Bank, Tennessee asked seven high school students who had no previous experience in mapping or using Geographic Information Systems (GIS) experience. Through the discussion, they learned that they didn't know the spelling of O'Reilly (or was it O'Reilly's?), an auto parts store down the road, or the exact location of Shoney's (or was it Shoneys?), a restaurant on the other side of their small town. The group was instantly engaged and interested in the idea of creating detailed maps of their home town.

"近所の人のことをどれだけよく知っていますか?"テネシー州レッドバンクの先生が過去にマッピングや地理情報システム(GIS)を体験した高校生に尋ねました。議論を通じて、彼らはR'Reilly(もしかしてO'Reilly's?)のスペルや、道路を下ったところにある自動車部品店や、Shoney's(もしかしてShoneys?)の正確な位置や、彼らの小さな町の反対にあるレストラン、といったものを学びました。このグループは即座に自分たちの住む町の詳細なマップ作りのアイディアに惹きつけられ、興味を持ちました。

One student worked diligently to map all the soccer fields in his town. Another who appreciated art and green spaces focused on the parks and trees to highlight the beautiful areas in her hometown. One teacher noted that high school students also enjoyed marking buildings (including each other's houses) as pubs or brothels - which had to be immediately corrected, of course, before the teachers could get "in trouble" or have their teaching skills brought into question in this conservative area! The results were accurate, green, and quite detailed, even showing each curve of the high school track, and clearly labeling the marching band's rectangular field.

ある生徒は自分の町のサッカー場を全てマップするのに熱心に取り組みました。別の芸術や緑の空間が好きな生徒は彼女の住む町の美しいエリアを強調表示するために公園と樹木に注力しました。ある先生は高校生もパブや売春宿といった建物のマーキングを楽しんだが - これは、この保守的な地域で先生が"トラブルに巻き込まれ"たり、教育技術を疑問視されないように、もちろんすぐに正さなければなりません、という注釈を付けていました。結果は正確、グリーン、非常に詳細で、高校の競技トラックのカーブまでも表現し、マーチングバンドの長方形のグラウンドに明瞭にラベルを付けていたりしました。

Word of mouth made the course a popular one, and the following year, thirty students signed up. One high school student even taught elementary students how to draw maps of their area, including the principal's parking spot! Fully half the students at this high school receive support such as free lunches, so the teachers and school must meet the basic needs in life, as well as providing the technology access that isn't available at home. OpenStreetMap provides an energy and a liveliness in bringing science and technology to life in schools, connecting students to the rest of the world.

このコースは口づてに広まり、次の年、30人の生徒が受講しました。ある高校生は、校長先生の駐車エリアまでも含めて、小学生にマップの描き方を教えました!この高校の半分の生徒は無料のランチなどのサポートを受け、先生たちと学校は、自宅では利用できない技術へのアクセスの提供と同様に、生活の基本的なニーズと向き合わなければなりませんでした。OpenStreetMapは学校生活に科学と技術をもたらし、生徒を世界中とつなぐことにおいて、エネルギーと活気を提供します。

All of these aspects work together to build a community that generates and supports the best map data available on the Internet. We hope that you find OpenStreetMap to be useful and interesting in your work. By following this guide, you should be able to quickly start making digital maps and adding to OSM.

これら全ての面は相互に作用し、インターネット上で利用できる最善のマップデータを生成・支援するコミュニティを構築します。我々はあなたがOpenStreetMapで自分の仕事に役立つ有用で興味深いことを見出すして欲しいと思います。このガイドに従えば、あなたはデジタルマップの作成とOSMへの追加をすぐに始められるはずです。