JA:Key:wikidata

提供: OpenStreetMap Wiki
移動先: 案内検索
Public-images-osm logo.svg wikidata
Wikidata-logo-en.svg
説明
その地物についてのウィキデータのID。 Edit this description in the wiki page. Edit this description in the data item.
グループ: Annotation
ウェブサイト
www.wikidata.org
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用可能領域に使用可能リレーションに使用可能
関連項目
ウィキデータ
状態:事実上の標準Page for proposal

その地物についてのウィキデータのID(例:Q9141Taj Mahalを表す)。「その地物に関する」 wikipedia=*だけのエントリーのようにリンクされるべきです。ロンドンのセントポール大聖堂からセントポール大聖堂に関するエントリーへのリンクは適切です。バスの車庫からその運営会社へのリンクは代わりにoperator:wikidata=*を使うべきで、記念碑からその記念イベントへのリンクは代わりにsubject:wikidata=*を使うべきです。

wikipedia=*wikidata=*の両方のエントリーに対してこれらのリンクは同等の内容であるべきですが、ウィキデータにより詳細なエントリーがあり、ウィキペディア記事よりもOSMオブジェクトにより適切に対応している場合を除きます。そのような場合には、双方(ウィキデータのエントリーと、ウィキペディアのエントリーに連結している「親」ウィキデータエントリー)の関係はウィキデータ上で「以下の一部分(P361)」プロパティを使って記述されるべきです。

Proposed features/Wikidata参照。

ウィキデータIDを探す

ウィキデータタグを追加するには、最初に項目IDを見つける必要があります。IDは必ずQが先頭に付いた番号です。そのやり方はいくつかあります。

ウィキデータ内検索

ウィキデータのホームページ: www.wikidata.org で検索します。そしてそのページからIDをコピーできます。もしくは、IDをウィキデータURL: http://www.wikidata.org/wiki/Q9141 から抽出することもできます。

ウィキペディア内検索

ウィキペディア記事を探します。記事に対応するウィキデータ項目があれば、サイドメニューの「ウィキデータ項目」ボタンをクリックできます。(画像参照)

ウィキペディアにあるウィキデータへのリンク

エディタ統合

iD

デフォルトのOSMウェブエディタであるiDは、 wikipedia=*キーが更新されると自動的に対応するwikidataキーを追加します。言語を指定せずにウィキペディア記事のフルURLを貼り付けるだけです。例えば下記ビデオを参照: https://www.youtube.com/watch?v=FkqPLzIUr1k (以前のwikipediaキーを削除する必要は無いことに注意してください)

JOSM

JOSM用のWikipediaプラグインはあなたの地域のジオタグ付きのウィキデータ項目やウィキペディア記事を表示し、明示的に探さなくても簡単に追加することができます。

個々の編集済みオブジェクトにはレビューが必要であることに注意してください。さもないとこれは自動編集に相当し、Automated Edits code of conductに従わなければなりません。

ウィキデータに無い項目を追加する

ウィキデータは別のプロジェクトで、ウィキペディアの姉妹プロジェクトであり、OSMやウィキペディアと似たやり方で自由に編集できます。ある項目がウィキデータの中に存在しない場合は、自分でそれを作成できます。しかし最初に Wikidata's notability guidelinesをよく読んでください。

表示

wikidataの値はOSMメインサイト上でクリックでき、対応するウィキデータ項目にリンクしていま例: way 369161987

ウィキデータ側からは、自分のcommon.js pagea scriptをインストールすると、ウィキデータ項目がOSMからリンクされているかどうかを自動的に視覚化することができます。

二次的なウィキデータリンク

wikidataキーに先行してコロン(:)区切りで属性のキーを置いて地物の二次的な属性をタグ付けすることもできます。このようなキーの値は通常のwikidataキーと同じですが、適切なウィキデータ項目エントリーを参照しています。

例えば、McDonald'sファストフード店上にbrand:wikidata=Q38076といった形です(しかしbrand=McDonald'sとタグ付けするのも忘れないでください。前者のタグは後者を置き換えるものではありませんので)。

次のウィキデータ項目の実例(およびリストされた項目のあらゆるサブクラス)はwikidata=*タグでは使用を避けるべきです:

これらの種類はOSMオブジェクトとしては発生し得ず、メインのwikidata=*タグはOSMオブジェクトと同じウィキデータ項目用のものなので、これらの種類のウィキデータ項目は通常はタグ付けの誤りです。しかしながら、二次的なwikidataタグ用には、これらのクラスは使えます。

よくある二次的なwikidataタグ:

operator:wikidata=*
レストラン、店舗、銀行、あるいはその他顧客サービス・事務所の運営者(フランチャイズではない)。Entity type[W]organizationでなければなりません。
network:wikidata=*
公共輸送ルートのネットワーク。
brand:wikidata=*
小売店が販売したり、修理店が修理したりする製品(自動車、自転車..)のブランド。例:[W]BMW 自動車販売店/サービスセンター用。または[W]McDonald'sファストフードのフランチャイズ店用。
architect:wikidata=*
建物や構造物の建築家(あるいは建築事務所)。これは[W]human または[W]companyinstance ofであるべきです。
artist:wikidata=*
彫像その他の芸術作品や記念碑の芸術家/製作者。これは[W]human (well, the way elephants are painting, we shouldn't constrain this one too much)のinstance ofであるべきです。
species:wikidata=*
植物や動物の種。これはTaxon (Q16521)instance of (P31)であるべきです
subject:wikidata=*
彫像、芸術作品、記念碑(人、出来事、地物、...)などの主題
name:etymology:wikidata=*
ある実体(例:通り、空港、建物など)の由来となった出来事、地物あるいはその他の主題。old_name=*にはold_name:etymology:wikidata=*を使います

このキーで現在タグ付けされている全ての二次的な属性のリスト用。taginfo参照

ウィキデータ上に何らかのデータを貯めるともっと役に立つ場合があります。例えば、name:etymology:wikipedia=*name:etymology:wikidata=*を使う代わりに、ウィキデータへのリンクをたどってウィキデータのProperty:P138を使うことができます

時として、地物にはひとつ以上の二次的なリンクがあっても、一時的なリンクが無い場合があります。例えば、有名な出来事を題材にした記念碑に二次的なsubject:wikidata=*リンクしか無い場合があります。記念堂、記念碑、彫像などの地物は自身のウィキデータ項目がある場合にのみwikidata=*を付けるべきです。チェーン店も同様です。

wikipedia=*でも同様にすべきでしょう - Key:wikipedia#Secondary Wikipedia links参照

関連情報

ツール

Wikidata#Tools