JA:Convert to osm from OSMtrackersGPX

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search


Android端末用GPSロガー「OSMtracker」について

「OSMtracker」というAndroid用のアプリを紹介します。

osmtracker-android

使い方

使い方はいたって簡単で、

(1)「トラッキングを開始」して,歩きまわる。

(2) 時々、好きなPOIのボタンを押す。

(3) 気が向いたら写真を撮る

(4) 暗くて写真が使えない時は、録音ボタンを押してしゃべる

(5) 帰ってきたら「stop & save」して、「export GPX」を実行。

(6) 終わり

USBでPCにAndroid端末を接続して、JOSMからロギングしたGPXファイルを開くと、 軌跡の表示とPOIのボタン名が表示される。 写真や録音を行ったところではアイコンが表示され、アイコンをクリックすると写真や音声が再生されるという仕組みです。

英語表示のままだとPOIの選択にまごつくので、日本語化しました。 (ver 0.6.x以降から日本語もサポートされました。)

POIボタンをカスタマイズしよう

日本語版を作っていて、POIのボタンは自由にカスタマイズできるということに気づいた。 下のサンプルを解凍して、/osmtracker/layouts に配置すればカスタムボタンが使えるようになります。 このサンプルは日本語で表示されますが英語版OSMTrackerでも使えます。

  • カスタムボタンのサンプル download
  • OSMTracker用のカスタムファイル 練習用


デフォルトのボタン配列

まずはOSMtrackerのデフォルトボタンを見てみましょう。 デフォルトのボタン配列を定義しているファイルは、このZIPファイルの中にある「default_buttons_layout.xml」です。

XML形式のままではわかりづらいので表にしてみました。 デフォルトのボタン配列(default_buttons_layout.xml)

トップパネル
列1 列2 列3
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button misc.png Button restriction.png Button car.png
行3 Button tourism.png
tourism
Button amenity.png
amenity
Button amenity.png
amenity_more
行4 Button way.png
way
Button track.png
track
Button landuse.png
landuse
Misc パネル
列1 列2 列3
Button misc.png
Misc
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button amenity bench.png
Bus stop
Button misc railway.png
Railway
Button misc telephone.png
Telephone
行3 Button misc post box.png
Post box
Button misc atm.png
ATM
Button misc bollard.png
Bollard
行4 Button misc toilets.png
Toilets
Button misc shelter.png
Shelter
Button misc surveillance.png
Surveillance
Restriction パネル
列1 列2 列3
Button restriction.png
Restriction
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button restriction.png
Max 30
Button restriction.png
Max 50
Button restriction.png
Max 80
行3 Button restriction.png
Max 100
Button restriction.png
Max 110
Button restriction.png
Max 120
行4 Button restriction no exit.png
No exit
Button restriction traffic light.png
Traffic Light
Button restriction one way.png
One way
Car パネル
列1 列2 列3
Button car.png
Car
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button car fuel station.png
Fuel station
Button car parking.png
Parking
Button car emergency phone.png
Emergency Phone
行3 Button car turning circle.png
Turning circle
Button car speed camera.png
Speed camera
Tourism パネル
列1 列2 列3
Button tourism.png
Tourism
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button tourism view point.png
View point
Button tourism information.png
Information
Button tourism picnic.png
Picnic site
行3 Button tourism attraction.png
Attraction
Button tourism theme park.png
Theme park
Button tourism castle.png
Castle
行4 Button tourism monument.png
Monument
Button tourism museum.png
Museum
Button tourism cinema.png
Cinema
Amenity パネル
列1 列2 列3
Button amenity.png
Amenity
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button amenity bench.png
Bench
Button amenity water.png
Water
Button amenity pharmacy.png
Pharmacy
行3 Button amenity shop.png
Shop
Button amenity marina.png
Marina
Button amenity sport.png
Sport
行4 Button amenity taxi.png
Taxi
Button amenity doctors.png
Hospital,nDoctors
Button amenity recycling.png
Recycling
行5 Button amenity place of worship.png
Place of worship
Button amenity post office.png
Post office
Button amenity library.png
Library
Amenity(+) パネル
列1 列2 列3
Button amenity.png
Amenity(+)
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button amenitymore school.png
School
Button amenitymore police.png
Police
Button amenitymore fire station.png
Fire station
行3 Button amenitymore bank.png
Bank
Button amenitymore playground.png
Playground
Button amenitymore pub.png
Pub
行4 Button amenitymore hotel.png
Hotel
Button amenitymore motel.png
Motel
Button amenitymore hostel.png
Hostel
行5 Button amenitymore restaurant.png
Restaurant
Button amenitymore fastfood.png
Fast food
Button amenitymore camp site.png
Camp site
Way パネル
列1 列2 列3
Button way.png
Way
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button way bridge.png
Bridge
Button way zebra crossing.png
Zebra crossing
Button way motorway.png
Motorway
行3 Button way trunk.png
Trunk
Button way primary.png
Primary
Button way secondary.png
Secondary
行4 Button way tertiary.png
Tertiary
Button way residential.png
Residential
Button way service.png
Service
Track パネル
列1 列2 列3
Button track.png
Track
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button track track.png
Track
Button track cycleway.png
Cycleway
Button track footway.png
Footway
行3 Button track bridleway.png
Bridleway
Button track steps.png
Steps
Button track living street.png
Living street
行4 Button track pedestrian.png
Pedestrian
Button track grade1.png
Grade 1
Button track grade2.png
Grade 2
行5 Button track grade3.png
Grade 3
Button track grade4.png
Grade 4
Button track grade5.png
Grade 5
Landuse パネル
列1 列2 列3
Button landuse.png
Landuse
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button landuse farm.png
Farm
Button landuse landfill.png
Landfill
Button landuse basin.png
Basin
行3 Button landuse reservoir.png
Reservoir
Button landuse forest.png
Forest
Button landuse allotments.png
Allotments
行4 Button landuse cemetery.png
Cemetery
Button landuse recreation ground.png
Recreation ground

ハイキング用のボタン配列

英語のデフォルトのままでも利用できるのですが、利用シーンに合わせてカスタマイズすることをおすすめします。 カスタム方法は簡単です。

先ほどダウンロードしたファイルに「custom.xml」がありますのでエディタで開いて好きな文字に書き換えるだけです。

    • (注意! Windowsの「メモ帳」で更新しないでください。ファイルが破壊されることがあります)


トップパネル
列1 列2 列3
行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 案内 地物 交通
行3 施設 施設(+) W:徒歩
行4 道路 山道 土地利用
案内パネル
列1 列2 列3
案内 行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 Button tourism view point.png
ビューポイント
測量点 山頂
行3 道標-歩 道標-自 案内板
行4 W:Y W:+ W:・
地物 パネル
列1 列2 列3
地物 行1 Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 巨石 ダム
行3 鳥居
行4 鉄塔 記念碑
行5 神社
交通パネル
  列1 列2 列3 
交通 行1  Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 バス停L バス停 バス停R
行3  踏切 信号
行4  回転場 退避帯 駐車場
施設パネル
  列1 列2 列3 
施設 行1  Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 ベンチ 吾妻屋 トイレ
行3  休憩所 水場 キャンプ場
行4  自販機 TEL
施設(+)パネル
  列1 列2 列3 
施設(+) 行1  Voice 32x32.png Camera 32x32.png Text 32x32.png
行2 遊び場 温泉
行3  吾妻屋 民宿 ポスト
行4  レストラン ファストフード 郵便局
W:徒歩パネル
  列1 列2 列3 
W:徒歩 行1  W:START W:POINT W:END
行2 W:橋 W:横断歩道 W:階段
行3  W:車両止 W:行止り W:Path
行4  W:石段 W:2.3m W:Track
道路パネル
  列1 列2 列3 
道路 行1  横断歩道 橋下
行2 車両止 行止り
行3  一般道 踏切 ゲート
山道パネル
  列1 列2 列3 
山道 行1  Track 自転車道 遊歩道
行2 自歩道 1トラック ガレ場
行3  けもの道
土地利用パネル
  列1 列2 列3 
土地利用 行1  農地 住宅地
行2 貯水池 森林 市民菜園
行3  霊園 公園広場 工場


今回の「弘法山ロギング」で特に活躍したのが 道標、祠、鉄塔、車両止 後のマッピングに役立ったのが、 歩道、階段、轍みち、行き止まり、一般道

これらの使い方は、

車道からスタート⇒ 一般道

ハイキングコースへの入り道⇒ 歩道

階段(木段)の始まり⇒ 階段

階段の終わり⇒ 歩道

轍みちは「けもの道」の代替として使用しました。

地名が記載された地物は全て写真と録音で済ませ、現場ではメモは一切とりませんでした。 このツールのおかげで、現場ではほとんど止まらずに歩くことに専念できた。

GPXデータからOSMデータを作る

OSMtrackerを使うと現地調査時のデータ収集がとても楽になります。慣れてくると様々な種類のPOIボタンを登録して細かな物を収集するようになるのですが、その反面、収集したデータをマッピングする作業が大変です。

そこで、OSMTrackerで収集したGPXデータからOSMデータに変換するプログラムを作成しました。 自分で言うのもなんですが、これなかなか使えます。

Gpx2osm.png

使い方

  1. gpx2osm.zip」をダウンロードして、適当なフォルダに解凍してください。
  2. 「temp.xml」をエディタで開いて編集します。(編集の詳細は後ほど)
  3. OSMtrackerのGPXファイルをこのフォルダに置きます。(複数ファイルも可)
  4. 「Gpx2osm.bat」をダブルクリックすると、OSMファイルが出来上がります。

linuxの場合は、

# java -jar gpx2osm.jar

で、起動します。

  1. JOSMの「ファイルを開く...」でGPXファイルとOSMファイルを開くと…
  2. 後は、撮影した写真を確認しながらFIXMEタグを外せばマッピング完了です!

ロギングのコツ

OSMTrackerの使い方は、全く変わりません。

ただ、以前と違って、OSMTrackerのボタンを押すとそのままOSMのPOIとして登録されるイメージなので、できるだけたくさんの種類のボタンをカスタム登録して置くとよいでしょう。 例えば、私の場合は同じ道標(guid_post)でも、ハイキング用、サイクリング用、その他とボタンを分けています。

WEYも引けます。

ボタン名が「W:」で始まるボタンはWEYを引くためのボタンです。 例えば「W:歩道」を押すと、その場所から<highway=path>が開始され、「W:END」ボタンが押されるまで、引かれます。 「歩道⇒階段⇒トラック」と道路の状態が変化する場合にはその都度、「W:歩道」「W:階段」「W:トラック」と押すだけで、ウェイが自動的に作成されます。

WEYを経由させたいときは、

道路状態が変化しない時でも明示的にWEYを経由させたい場合には「W:POINT」ボタンを押すとWEYにノードが作成されます。 「W:POINT」以外にも「W:」で始まるボタンならどれでも「W:POINT」と同じ働きをします。(「W:END」を除く)

WEYを引きたくない場合は、

本道から外れて歩く場合や、行き止まりで引き返すときなどのように、WEYを引きたくない場合があります。その場合は、「W:END」でWEYを終了させ、以降、「W:」で始まるボタンを使わないようにしてください。( 「W:」を押すとWEYが始まります)

"橋"の引き方

「W:橋」を使う場合は、橋の端で「W:橋」を押して、橋の終端で「W:~」を押す必要があります。 単に橋のたもとを通過する場合には「橋」ボタンを押してください。

変換パターンの登録

ボタン⇒POIへの変換(タギング)は自由にカスタマイズ出来ます。 あなたがわかりやすいボタン名を自由に設定して、そのボタンを好きなようにタグ付してください。

具体的な方法は、

  • 「temp.xml」をエディタで開いてください、中身はOSMファイルと非常によく似たXMLファイルです。
  • OSMファイルとの違いは <node>エレメントに gpxname="~" という独自要素があるだけです。
  • gpxname にOSMTrackerの「ボタン名」を設定するだけです。
  • GPXのウェイポイントが対応するPOIノードに置き換えられます。

その他

原理は単純ですので、応用はあなた次第! Good Luck!