JA:Potlatch 2/vector background layers

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Potlatch 2/vector background layers
· Afrikaans · Alemannisch · aragonés · asturianu · azərbaycanca · Bahasa Indonesia · Bahasa Melayu · Bân-lâm-gú · Basa Jawa · Basa Sunda · Baso Minangkabau · bosanski · brezhoneg · català · čeština · corsu · dansk · Deutsch · eesti · English · español · Esperanto · estremeñu · euskara · français · Frysk · Gaeilge · Gàidhlig · galego · Hausa · hrvatski · Igbo · interlingua · Interlingue · isiXhosa · isiZulu · íslenska · italiano · Kiswahili · Kreyòl ayisyen · kréyòl gwadloupéyen · Kurdî · latviešu · Lëtzebuergesch · lietuvių · magyar · Malagasy · Malti · Nederlands · Nedersaksies · norsk bokmål · norsk nynorsk · occitan · Oromoo · oʻzbekcha/ўзбекча · Plattdüütsch · polski · português · română · shqip · slovenčina · slovenščina · Soomaaliga · suomi · svenska · Tagalog · Tiếng Việt · Türkçe · Vahcuengh · vèneto · Wolof · Yorùbá · Zazaki · српски / srpski · беларуская · български · қазақша · македонски · монгол · русский · тоҷикӣ · українська · Ελληνικά · Հայերեն · ქართული · नेपाली · मराठी · हिन्दी · भोजपुरी · অসমীয়া · বাংলা · ਪੰਜਾਬੀ · ગુજરાતી · ଓଡ଼ିଆ · தமிழ் · తెలుగు · ಕನ್ನಡ · മലയാളം · සිංහල · བོད་ཡིག · ไทย · မြန်မာဘာသာ · ລາວ · ភាសាខ្មែរ · ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ ⵜⴰⵏⴰⵡⴰⵢⵜ‎ · አማርኛ · 한국어 · 日本語 · 中文(简体)‎ · 中文(繁體)‎ · 吴语 · 粵語 · ייִדיש · עברית · اردو · العربية · پښتو · سنڌي · فارسی · ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください

Potlatch 2 は、ベクターバックグラウンドレイヤーをサポートします。 これにより、外部のデータを取り入れる時に、まるまる全部とりいれるのではなしに、ベクターデータを手動で地図に取り入れることができます。

レイヤの形式には GPX, SHP (ESRI シェイプファイル), または OSM 形式があります。

レイヤーをロードするには、"Background"メニューの"Vector file..." をクリックします。 その後、ファイルタイプを選択してファイルのURLを入力し、'Load'をクリックします。 ファイルがロードされると、リストに表示されます。(もしもセキュリティエラーが出るようでしたら、ファイルをホストしているサイトに、crossdomain.xml ファイルを置く(置いてもらう)必要があるかも知れません)

Alt-クリックにより、バックグラウンドレイヤからメインのマップにデータを持ってくることができます。 (もしもLinuxシステムをお使いで、ウィンドウマネージャがAlt-Clickを捕捉してしまう場合には、代わりにShift Control クリックしてください) saveすると、メインマップに持ってきたデータだけが、アップロードされます。

ご注意いただきたいのは、現在のところ、バックグラウンドからメインマップにデータを移す時に接続情報が引き継がれ ない ということです。データの要素同士の接続は手作業で再現する必要があります。