User:Tosihisa/GPS comparison

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

GPS ロガー(GPSモジュール)の比較評価

このページは,私が自作GPSロガーを作っていく過程で,他のGPSロガー(GPSモジュール)と比較してみたものを記録しています.

このページに書いてあることは無保証です.また時系列として陳腐化している可能性も否定できません

自作GPSロガーで使用しているGPSモジュール

Adafruit Ultimate GPS Breakout を使用しています. http://www.adafruit.com/products/746

これは,MTK3339 チップセットで,みちびき(QZSS)に対応しています. このGPSモジュールの良い所は,当然みちびきに対応していることと,外部アンテナを使用できることです.

このGPSモジュールは,最大10Hz(100ミリ秒)周期で現在位置を計算できます.

i-gotu GT-900Pro

i-gotu GT-900Pro (以下,GT-900Pro) は,腕時計型のGPSロガーです. 箱に記載している仕様によると,GPSモジュールは SIRF Star IV ローパワーを使用しているとの事です.

i-gotu GT-900Pro の使用感

  • 腕時計型で,少し大きいです.
  • 当然?かもですが,GPSロガーが主な機能で時計は副です.
  • GT-900pro は,デジタルコンパス,高度気圧計があるので,アウトドアに向いていると思います.

自作GPSロガーと i-gotu GT-900Pro で位置を測る

2013年11月10日に,自作GPSロガーと i-gotu GT-900Pro の2つを持って,近くを軽く歩いてみました.

i-gotu GT-900Pro は,GPXには精度が記録されないものの,LCD画面で精度を確認することができ,見晴らしの良い所で2m位の精度が出ます. この精度は非常に良い精度だと考えています.

また.高架の高速道路の下を歩きましたが,自作GPSロガーの場合,上に遮蔽物があることによる位置の劣化が見られましたが, i-gotu GT-900Pro ではその様な劣化が見えにくいです.

i-gotu GT-900Pro をOSM向けGPSロガーとして見た時の難点は以下の2点です.

  1. 精度(DOP)がGPXに記録されない.いくら i-gotu GT-900Pro が精度が良いとはいえ,精度が記録されていないと,後で編集する時にそのGPSログを使うべきかどうか迷う.
  2. i-gotu GT-900Pro 本体からログを取り出すには Windows 上で動く専用ソフトが必要.igotu2gpx と言うソフトがあり,これは Linux/Mac 向けソフトですが,どうも i-gotu GT-900Pro のログは取れなさそうです.

上記の点は,致命的ではなく軽微と言えます.精度が記録されないのは,ノート等でLCD画面をメモすれば良いでしょうし,WIndows を使っている分には問題ないです.

私個人は, i-gotu GT-900Pro は,マッピングするときのメインGPSロガーとして充分に使えると思います.

自作GPSロガーと i-gotu GT-900Pro のデジタルコンパス

自作GPSロガーには,3軸加速度+3軸デジタルコンパスセンサーにLSM303DLHを取り付けています.

http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=12104

i-gotu GT-900Pro にもデジタルコンパスがありますので,自作GPSロガーと i-gotu GT-900Proでのデジタルコンパスの差を簡単に見てみました.

比較写真: https://twitter.com/tosihisa/status/399456674093621248/photo/1

単に置いて見ただけですので,デジタルコンパスの精度については何とも言えませんが,大体5度くらいの差で概ね同じ方向を指しているように見えますので,実用上は問題はなさそうに思います.