User talk:Higa4/OSM book Japan/Discovering collaborative mapping

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

原文: http://flossmanuals.net/openstreetmap/

Discovering Collaborative Mapping

協働的なマッピングの発見

"Making maps together means piecing together collective experiences, discovering patterns, and arriving at a collective understanding of the root causes of these shared experiences."

"一緒にマップを作るということは、共同で行った体験をみんなで細分化し、パターンを発見し、そこで共有した体験の根源的な理由について共同で理解にたどりつく、ということです。"

Eli Moore and Catalina Garzon, Social Cartography: The Art of Using Maps to Build Community Power, in Weaving the Threads Vol. 17, No. 2, 2010

Early examples of map include sharing paths to good hunting grounds or clear water sources, both crucial to surviving and thriving enough to build magnificent civilizations. In modern society, spatial information helps us achieve other goals by specifying locations, and holds a similar importance for improving the quality of our lives.

初期のマップの例には良い猟場を共有するための小道や、きれいな水源といったものが含まれ、どちらも高度な文明化を構築するための生存と繁栄に必要不可欠なものです。近代社会では、空間情報は位置を特定することで他の目標の達成に役立ち、我々の生活の質を高めることに似た重要性を帯びています。

Maps help us answer questions such as "How do I safely ride to this school on my bike?" or "Where can I get my shoes repaired?" and even more pressing questions, like "How do I reach the nearest hospital in case of an emergency?" Being able to define where community or commercial buildings are and show others the relationships between locations and how to get to them has always been useful, even essential, to humans everywhere.

マップは我々に"どうやったら学校まで安全に自転車で行けますか?"とか"靴はどこで修理できますか?"、さらにはより切迫した"緊急時のいちばん近い病院への行き方は?"といった問いへの回答を与えてくれます。 地域や商用の施設がどこにあるか定義できるということや、他の人に位置情報間の関係やそこへの行き方を示したりすることはいつの時代でも世界中の人間にとって有益で、本質的ですらあります。

For all those reasons, it seems natural for people to work together on mapping. Nevertheless, not all maps are openely editable or free of use. This vital need to provide and share information is at the heart of collaboration. Collaborative mapping is a way to gather this information and share it with others and OpenStreetMap is strongly contributing to this larger movement. This chapter will introduce you to this broader topic of collaborative mapping, which goes beyond OpenStreetMap.

こういった理由から、マップ作りのために人々が一緒に作業するのは自然なことに思えます。 にも関わらず、全てのマップがオープンに編集できたり、自由に使える訳ではありません。 この、情報を提供し共有するという不可欠なニーズが、コラボレーションの中核です。 協働的なマッピングはこの情報を集めて他の人と共有する方法であり、OpenStreetMapはこのより大きな動きに強く貢献しています。 この章ではOpenStreetMap以外のことも含め、協働的なマッピングについてのより広い話題を紹介します。

What is collaborative mapping?

協働的なマッピングとは?

Imagine if your friend wanted to get her shoes repaired. You could tell her of a place that might do it, but it might not be the best place. You could make a map of where all the shoe repair shops are, but that sounds like a lot of work, doesn't it? What if your friends could help you create that map? Or better yet, what if anyone in the world could help? This is the basis of collaborative mapping.

あなたの友達が靴を修理したいとしましょう。 あなたは彼女にその場所を教えられるかもしれませんが、いちばん良い場所ではないかもしれません。 あなたは全ての靴の修理屋のマップを作ることができるかもしれませんが、 それは大変な作業になりそうではありませんか? あなたの友達がマップ作りを手伝えるとしたらどうでしょう? あるいはさらに世界中の誰でも手伝えるとしたら? これが協働的なマッピングの基本です。

Collaborative mapping is also called crowd-sourced mapping and volunteered geographic information. As a new technique for map-making, it is a subset of neogeography. The idea is that a group of people can work together to gather information. This information can be very specific, such as a map of all the shoe repair shops in an area, or more generic, such as a "free map of the entire world." There are many different tools and motivations for creating collaborative maps. Why would I want to participate in collaborative mapping?

協働的なマッピングはクラウドソースによるマッピング及びボランティアによる地理情報 と呼ばれています。 マップ作成の新しい技術として、これはネオジオグラフィ(新しい地理学)の一部です。 そのアイディアは人々のグループは情報を集めるために一緒に作業できる、というものです。 この情報はとても詳細にすることができます。例えば、ある地域の全ての靴修理店のマップとか もっと汎用的には、"全世界のフリーなマップ"のように。 協働的なマップを作るには、多くの異なるツールや動機があります。 私はなぜみんなで作るマップに参加したいのでしょうか?

There are many different reasons to participate in collaborative mapping. Maybe you have a very serious reason and want to help your community create a safety map pointing out locations of all the local hospitals and emergency resources. Perhaps you want to locate and indicate where there is public access to drinking water. If you are a hiking enthusiast, you might want to share your favorite places and to discover new ones by reading maps from others. Or, as a school teacher, maybe you want a new way to teach spatial reasoning to your students. Do these ideas sound interesting to you? Maybe you already have some ideas of your own--hopefully, collaborative mapping can help you with your idea.

みんなで作るマップに参加する理由は様々です。 あなたにはとても深刻な理由があり、コミュニティが全ての地域の病院と緊急時用の リソースの位置を表わした安全マップを作る手助けを したいのかもしれません。 あなたはおそらく誰でも利用できる水飲み場の場所を記録したり表示したいでしょう。 もしあなたがハイキング愛好家なら、あなたのお気に入りの場所を共有したり 他の人が書いたマップを読んで新しい場所を発見したいでしょう。 あるいは、学校の先生なら、学生に空間認識について教える新しいやり方を 欲しがっているかもしれません。 あなたにとってこういったアイディアは興味深いですか? もしかしたらあなたは既に自分のアイディアをお持ちかもしれませんね、 協働的なマッピングは自分のアイディアで自分を助けることができます。

What well known projects and tools are available for collaborative mapping?

協働的なマッピングで有名なプロジェクトやツールにはどのようなものがありますか?

There are many different ways to make a collaborative map. The easiest is to sit down with others and use a pen and some paper. While collaborative in the creation process, the pen-and-paper technique doesn't easily enable collaboration beyond the small group that can gather around the piece of paper. Even if the single piece of paper is a very large one, there is a physical limit to how many people can work at the same time on a single piece of paper. OpenStreetMap allows groups to collaborate on maps electronically, which expands that number greatly. But these are not the only options. Besides pen and paper and the tools surrounding OpenStreetMap, there are many different ways to create collaborative, shareable maps.

協働的なマッピングには様々なやり方があります。 いちばん簡単な方法はみんなと一緒に座って紙とペンを使うことです。 作成の過程こそ協働的ですが、 紙とペンのテクニックは紙きれの周りに集まることのできる小さなグループ以上に 共同作業を広げることは容易ではありません。 たとえ1枚の紙が大きなものであっても、 1枚の紙を元に同時に共同作業できる人数には物理的な制限があります。 OpenStreetMapではグループが電子的に同時に多くの人々が作業でき、 参加人数を飛躍的に拡張します。 しかし、これらは唯一の選択肢ではありません。 紙とペン及びOpenStreetMapを取り囲むツールに加えて、 共同で、共有できるマップを作る多くの異なる手法があります。

WikiMapia

According to WikiMapia (http://wikimapia.org) itself, "WikiMapia is an online editable map - you can describe any place on Earth. Or just surf the map discovering tons of already marked places." With WikiMapia you can add office buildings, restaurants, parks and villages to name just a few items. The idea with WikiMapia is that there is one collaborative map that everyone works on together. You do not need an account to start adding information to WikiMapia, or to look at the information others have added. You do need an account (and a certain number of contributions to the project) to start changing places that other people have added.

WikiMapia (http://wikimapia.org) 自身によれば、 "WkiMapiaはオンラインで編集できるマップです - あなたは地球上のどんな場所についても 書くことができます。あるいはマップを見て回るだけでも膨大な量のマーク済みの場所を発見できます。" WikiMapiaで、あなたはオフィスビル、レストラン、公園、そして村を追加して数項目の 名前を付けることができます。 WikiMapiaのアイディアは誰でも一緒に作業できる、ひとつの協働的なマップがある、というものです。 WikiMapiaに情報を追加したり、他の人が追加した情報を見るにはアカウントは不要です。 他の人が追加した場所の変更を始めるにはアカウント(そしてコミュニティへのある程度の貢献)が必要です。

Ushahidi

Ushahidi (http://ushahidi.com) is an open-source software application that enables you to crowdsource reports of information, and to visualise that information on a map and timeline. Originally it was used to make maps reporting incidences of violence during Kenya's post-election violence in 2007-2008. Today it is used for many different collaborative mapping projects. The idea with Ushahidi is that users can submit "reports" directly through the Ushahidi application, through social networks, or even via SMS. You can quickly start up a version of Ushahidi using CrowdMap (http://crowdmap.com) or download the source code and run it on your own server.

Ushahidi (http://ushahidi.com) はオープンソースのソフトウェアアプリケーションで あなた自身による情報のクラウドソースによるレポートや マップとタイムラインによりその情報の可視化を可能にします。 元々はケニヤでの2007年から2008年にかけての選挙後の暴力の間 暴力事件をレポートするマップを作成するのに使われました。 今日では多くの異なるみんなで作るマップのプロジェクトに使われています。 UshahidiのアイディアとはUshahidiアプリケーションを通じて、あるいは ソーシャルネットワークやSMSを通じて、ユーザが"レポート"を直接登録できる、というものです。 CrowdMap (http://crowdmap.com)を使ってUshahidiを素早く立ち上げたり、あるいはソースコードをダウンロードして自分のサーバで動かすことができます。

Google Map Maker

Google Map Maker (http://www.google.com/mapmaker) is a way to correct and add information to Google Maps and Google Earth. Examples of information that you can add include missing and incorrect roads or points of interest. Edits made by new users go through a review process before being published. In certain parts of the world, new map information is always reviewed before it is publicly displayed.

Google Map Maker (http://www.google.com/mapmaker) は Google Maps と Google Earthで情報を修正したり追加する方法です。 あなたが追加できる情報の例は不明あるいは誤った道路や興味のあるポイント(POI)を含みます。 新しいユーザによる編集は公開前にレビュープロセスを受けます。 世界のある部分では、新しいマップ情報は公表前に必ずレビューされます。

Google MyMaps

Google MyMaps (http://maps.google.com/maps/mm) is a tab associated with Google Maps that allows you to save information in your own map. You can decide whether your map should be public or private, only shared with certain people who have the link to it. You can also invite specific people to collaborate with you or make your map available for the whole world to contribute.

Google MyMaps (http://maps.google.com/maps/mm) はGoogle Mapsに関連するタブで あなたは自分のマップに情報を保存することができます。 あなたは自分のマップを公開するか、非公開つまり リンクを知っている人たちとだけ共有するか 自分で決めることができます。 特定の人だけを招待してあなたのマップに協力してもらったり あなたのマップを世界中で利用できるようにして貢献することができます。

Why would I want to do collaborative mapping with OpenStreetMap?

OpenStreetMapで協働的なマッピングに参加したい理由

As you can see there are many options for doing collaborative mapping. Some of them are very similar to OpenStreetMap, others are different. Often, these tools are complementary to OpenStreetMap. For example, many instances of Ushahidi use OpenStreetMap as their base map, including the information that already exists to give context to new reports coming in. People using Ushahidi can use OpenStreetMap to reference the information they are collecting.

ご覧頂いたようにみんなで作るマップには多くの選択肢があります。 なかにはOpenStreetMapによく似たものや違ったものがあります。 しばしば、これらのツールはOpenStreetMapの補完的な位置にあります。 例えば、多くのUshahidiインスタンスはOpenStreetMapをベースマップとして利用し、 新しいレポートが投稿される文脈を与えるために既に存在する情報を含んでいます。 Ushahidiを使う人々は自分たちが収集している情報を参照するためにOpenStreetMap を使うことができます。

Public-images-osm logo.svg

The OpenStreetMap logo

One of the strengths of OpenStreetMap is the open license. Anyone can use the OpenStreetMap data for their own purposes, even for commercial purposes. The only requirements are that you must credit OpenStreetMap and its contributors when you use the data and that you must release any improvements you make to the data, under a similar license.

OpenStreetMapの強みのひとつはオープンなライセンスです。 だれでもOpenStreetMapのデータを自分の目的に、商用目的であっても 使うことができます。 唯一の条件は、あなたがデータを利用する際にはOpenStreetMapと その投稿者のクレジットを表示し、データに対して行った改善は何であれ 同じライセンスの下でリリースしなければならない、というものです。

Another difference between OpenStreetMap and some of the collaborative mapping tools mentioned above is that OpenStreetMap has everyone contributing to the same map. This type of collection methodology allows greater and greater detail to be added from many sources of knowledge, and stops information from getting divided and stuck in individual projects.

OpenStreetMapと上で述べた他のいくつかのみんなで作るマップツールとのもうひとつの違いは OpenStreetMapでは誰もが同じひとつのマップに投稿しているということです。 この種の収集方法論では多くの知識ソースから非常に細部にわたり追加できるようになり、 情報が個々のプロジェクトに分断されて蓄えられることを防ぎます。

It is important to distinguish between OpenStreetMap and other online maps like Google Maps, MapQuest, or Bing, where the primary purpose is to display search results and make money for their respective business. In some cases, these maps have tools that allow the user to overlay their own data on top of the map and display it in a very particular fashion--but what if you want to do more? Unlike these other systems, OpenStreetMap's primary purpose is to provide the user with the underlying map data. This allows anyone to use that data in any way they want. You can create completely new and exciting map-based products, to the limits of your imagination.

OpenStreetMapとGoogle MapsやMapQuestやBingのような他のオンラインマップとを 区別することは重要です。 後者の第一の目的は検索結果を表示してそれぞれのビジネス用にお金を得ることです。 これらのマップは、ユーザがマップ上に自分のデータをオーバーレイして 特別なファッションで表示できるツールを持っている場合があります--しかしこれ以上何をしたいでしょうか? これらの他のシステムとは異なり、OpenStreetMapの第一の目的はユーザに そのデータを提供することにあります。 これにより誰でも自分のやりたいようにデータを使うことができます。 あなたは想像力の及ぶ限り、完全に新しくエキサイティングなマップによる プロダクトを作成することができます。

Additionally OpenStreetMap has a large community. There are over 450,000 people who have signed up for an account. This vibrant community includes individuals who add information to map, those who write the software to enable the editing and other who create specialized maps from the OpenStreetMap data. People from OpenStreetMap get together in places all over the world to share techniques, map their local places, learn from each other and just to meet in a social setting.

これらに加えてOpenStreetMapには大きなコミュニティがあります。 アカウントを登録している人が50万人以上もいます。 この活気あるコミュニティはマップに情報を追加する個人、 編集を有効にするためのソフトウェアを書く人、 その他OpenStreetMapデータから専門化したマップを作成する人 などを含みます。 OpenStreetMapの人々は世界中から集まって技術を共有し、地域をマップし、 お互いに学んだり単に社交パーティで会ったりします。

Throughout the rest of this book, we'll show how you can use OpenStreetMap to collect similar types of data to the platforms listed above. We'll also show you how to make use of the resulting data in different ways. Whether you want to gather information about all the shoe repair shops in a city or map hiking trails you are interested in, OpenStreetMap can help. And once you're done, it can provide tools to use what you've collected and share it in different ways with others.

この本の残りの部分を通して、OpenStreetMapを使って 上にリストしたプラットフォームに対して類似の種別のデータを収集する 方法をお見せします。 また、結果としてのデータを異なる方法で利用するやり方をお見せします。 あなたが街中の靴修理店全てについての情報を集めたい場合でも、 興味のあるハイキングルートをマッピングしたい場合でも OpenStreetMapは役に立ちます。 そして、いったん作り上げたら、あなたが集めたものを使うツールを 提供し、様々なやり方で他の人と共有できます。