JA:Tag:landuse=wood

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
Public-images-osm logo.svg landuse = wood
Osm element tag.svg
適用できる要素
use on nodes unspecifieduse on ways unspecifieduse on areas unspecifieduse on relations unspecified
ウィキデータ
Wikidata-logo.svgSearch Wikidata日本語の翻訳にご協力ください!
状態: 未定義

広く誤って使われています

このタグ landuse=woodnatural=woodlanduse=forest が混同しているものです。この混同タグは1つ、または多くにタグ付けしようとしたときに利用者の誤りによって作られ、長い間、非常に大量にデータベース内に存在していました。ご想像の通り、描くときの簡単な間違いで、かなりの人が森林などにこのタグを付けています。

もっとも広く使われているタグがどのように定義されているのか確認してみましょう:

landuse=forest - 管理された森林または植林地、人工林、大規模栽培場
natural=wood - 自然の原生森林(木の集まり)

しかし別のタグが必要です...

上記の定義には(2つをどう分けるのか)いくつかの問題があり、この分類が好きかどうかはあると思いますが、これらの2つのタグは2004年から広く用いられていることを心に留めておいてください。 つまり、この古いタグ付けスキームが変更されないことを意味するものではありませんが、いずれの変更の提案はよく検討しなければならないことを意味しています。これらの考えに沿ったいくつか既存の提案があります:

それらの件で議論したいときや異なるタグを提案したいときは気軽に参加してください。タグ landuse=wood の追加もまだ提案されていない、もしくは議論中(少なくともウィキでは議論されていない)の1つのタグ付けのアイデアです。

しかし、Map Featuresには landuse=wood がある!

はい。明確な理由もなく、適切なタグであるかのように landuse=wood の文書をこのページに作成することにしたようです。このタグはデータベースの使用統計を経由してすぐに大幅な増加が確認されました。その後、タグは Map Features に載り、レンダリングのルールに追加されました。

定義として "保存管理された森林 ... 管理された森が通常より小さく ..."' が生まれました。つまり、landuse=forest と natural=wood の中間に位置づけられています。これは便利な分類のように見えますが、異なる順序の混同した言葉でトップレベルタグを追加するのはよくないことで、いずれにせよどこかで議論される必要があります。

悲しいことにしばらくの間 Map Features に載りデータベース内でいくつか意図的に使われているので、一部のマッパーはまだこれが「有効」であると思っています。実際にはこのタグはもともと「誤り」のタグであったことには変わりはなく、承認されたタグとして導入するとしても議論する必要があります。

「無効」または「非推奨」タグがない

その通りです。ここでは「間違い」タグと呼びます。このタグは誤って広く使われてきたもので、良いタグではありません。同意しないで先に進むとデータベースに使われてしまいます。

...しかし、それは承認されたタグとして文章化されるべきではありません。これに同意せず先に進むと「提案」となり、タグをどのように文章化するか、適切な議論のプロセスを経ることになります。ただし、これまでウィキで誰もこの過程をやっていないことから、これは広く支持された視点ではない可能性があることに注意してください。

同意される方は次のタグを使ってください:

landuse=forest - 管理された森林または植林地、人工林、大規模栽培場
natural=wood - 自然の原生森林(木の集まり)


英語版:Tag:landuse=wood (Don't use)