User talk:Higa4/OSM book Japan/Customising Potlatch 2

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

原文: http://en.flossmanuals.net/openstreetmap/customising-potlatch2s-interface/

Customising Potlatch 2

Potlatch 2のカスタマイズ

All that you need to run Potlatch 2 is a Flash-compatible browser and an Internet connection. To customize Potlatch 2, you simply need a basic web server and permissions to upload files to it. You do not need to know Flash or Actionscript. You do not have to build Potlatch 2.

Potlatch2の実行に必要なものはフラッシュ互換ブラウザとインターネット接続だけです。potlatch2のカスタマイズには、基本的なウェブサーバとそこにファイルをアップロードする権限があればできます。フラッシュやActionscriptの知識は必要ありません。Potlatch2をビルドする必要はありません。

Potlatch 2 has a feature that allows you to style and customise the editor to specific needs. You can take the Potlatch 2 editor and put it on your own website, making it easy for a user to add or edit OpenStreetMap data relevant to the specific interests of your website. For example, the CycleStreets website (http://www.cyclestreets.net/) provides journey planning for cyclists using OpenStreetMap data. CycleStreet provides a customised online editor making it easier for people to add data that is relevant to cyclists and help with the improvement of the journey planner. Another example is OpenEcoMaps (http://www.openecomaps.co.uk) by Tom Chance, which is about green spaces.

potlach2には特定のニーズに対してエディタのスタイルを決めたりカスタマイズできる機能があります。Potlatch2エディタを入手してあなた自身のウェブサイトに置くことができ、ユーザが、あなたのウェブサイトの特定の関心領域に関連するOpenStreetMapデータを追加したり編集したりするのを容易にします。例えば、CycleStreets ウェブサイト (http://www.cyclestreets.net/) はOpenStreetMapデータを使ってサイクリスト向けの旅行計画サービスを提供しています。cycleStreetはカスタマイズしたオンラインエディタを提供することで、人々がサイクリストに関係するデータを追加したり、旅行計画を改善したりすることを容易にしています。別のサンプルはTom ChanceによるopenEcoMaps (http://www.openecomaps.co.uk) で、これはグリーンな空間についてのものです。

You can change the style of the map and the controls on the left hand side of the map without writing any Flash/ActionScript code or compiling Potlatch 2. It does require you to know the basics of running a webserver, however, as well as HTML and JavaScript.

あなたは、Flash/ActionScriptのコードを書いたりPotlatch2をコンパイルしたりすることなしに、マップのスタイルとマップ左サイドのコントロールを変更することができます。しかし、これにはHTML及びJavaScriptと同様にウェブサーバ運用の基礎を知っている必要があります。

Deploying Potlatch 2 to your own site

あなた自身のサイトにPotlatch2をデプロイする

You can add Potlatch 2 to your own site without making any customisations. This approach is a good way to get started.

あなたは自分のサイトにカスタマイズ無しでPotlatch2を追加することができます。このアプローチは初めてやるのに良いやり方です。

Getting the files

ファイルの入手

Download all the files from http://random.dev.openstreetmap.org/potlatch2/, including the full contents of the features/, icons/ and fills/ directories. These are the resource files that are required by Potlatch 2.

http://random.dev.openstreetmap.org/potlatch2/ から features/, icons/ そして fills/ ディレクトリを含む全てのファイルをダウンロードします。ここにはpotlatch2に必要なリソースファイルがあります。

The actual application itself is the potlatch2.swf file. The potlatch2.html file is an example file of a webpage your users could visit to use the customized additions. The Potlatch 2 swf and resources are updated often, so update your files regularly to ensure you get the latest improvements!

アプリケーションの実体はpotlatch2.swf です。potlatch2.htmlというファイルはカスタマイズした追加内容をユーザが訪問して使うことができるためのウェブページのサンプルファイルです。potlatch2のswfとリソースは頻繁に更新されますので、最新の改善を確実に入手するために定期的にファイルを更新してください!

Upload all the files in the potlatch2 directory to a directory on your web server. The potlatch2.swf and potlatch2.html should be in the potlatch2 directory, but you should overwrite the example files in the potlatch2 directory using the following example.

potlatch2ディレクトリにある全てのファイルをあなたのウェブサーバ上にアップロードしてください。potlatch2.swf及びpotlatch2.htmlはpotlatch2ディレクトリに置いてください、しかしpotlatch2ディレクトリのサンプルファイルは以下のサンプルで上書きして下さい。

Setting up Potlatch 2

potlatch2のセットアップ

There are some settings that need to be modified from the potlatch2.swf file to have the application working on your own website.

あなた自身のウェブサイトでアプリケーションを稼動させるためにはpotlatch2.swfファイルを修正する必要のある設定があります。

First you need to specify the starting location and zoom level of the map. In order to do this you pass in the query parameters lat, lon and zoom at the end of the url. Remember that zoom levels go from 1 until 18 and that 1 is a worldview and 18 is very close. For example if your URL is http://mycustompotlatch2.com/potlatch2.html you will want to add the following to the end "?lat=53.293456&lon=-6.20537&zoom=17". You also can specify the default location for when the query parameter has not been passed in within the html file with the lines:

あなたは最初にマップの開始位置とズームレベルを指定する必要があります。これを行うために、あなたはurlの末尾にあるlat,lonそしてzoomクエリーパラメータで渡します。ズームレベルは1から18まであり、1は全世界ビューで、18はとても詳細であるということを憶えておいてください。例えばあなたのURLが http://mycustompotlatch2.com/potlatch2.html だとすれば、次の"?lat=53.293456&lon=-6.20537&zoom=17"を終端に追加したくなるでしょう。また、あなたは以下のような記述行のあるHTMLファイルの中でクエリーパラメータが渡されなかった場合のデフォルトの位置を指定することができます:

   lat=53.2934;
   lon=-6.2053;
   zoom=16;

The default configuration of the potlatch2.html configuration file points to an OpenStreetMap development server. You can use this server for testing with no consequences if you make a mistake. When you are done testing and wish to use the main OpenStreetMap server replace "api06.dev" with "www".

potlatch2.html 構成ファイルのデフォルトの構成はOpenStreetMap開発サーバを指しています。もし間違っていたら結果の出ないテストにこのサーバを使うことができます。テストが終わり、メインのOpenStreetMapサーバを使いたい時には"api06.dev"を"www"で置き換えてください。

   args["api"] = "http://api06.dev.openstreetmap.org/api/0.6/";
   args["policy"] = "http://api06.dev.openstreetmap.org/api/crossdomain.xml";
   args["oauth_policy"] = "http://api06.dev.openstreetmap.org/oauth/crossdomain.xml";
   args["oauth_request_url"] = "http://api06.dev.openstreetmap.org/oauth/request_token";
   args["oauth_access_url"] = "http://api06.dev.openstreetmap.org/oauth/access_token";
   args["oauth_auth_url"] = "http://api06.dev.openstreetmap.org/oauth/authorize";
   args["serverName"] = "api06 Test On Dev";

You can use Potlatch 2 immediately to view map information from your own website. This works both on the development server and the main OpenStreetMap server. However, in order to actually edit the data you must register your website as a new application in OpenStreetMap. To do this you need an OpenStreetMap account and to be logged into the OpenStreetMap website.

あなたは自分のウェブサイトからマップ情報を閲覧するためにすぐにPotlatch2を使うことができます。これは開発サーバでもメインのOpenStreetMapサーバでも動作します。しかし、実際にデータを編集する際にはOpenStreetMapであなたのウェブサイトを新しいウェブサイトとして登録しなければなりません。これを行うには、OpenStreetMapアカウントが必要で、OpenStreetMapウェブサイトにログインする必要があります。

Click on your username in the right corner of the webpage to go to your OpenStreetMap user page. Then click oauth settings, and Register your application at the very bottom of the page. Note that you must register the application for every website where you customise Potlatch 2. To be able to test against the testing server (api06.dev.openstreetmap.org), you must also register on that server.

ウェブページ右隅にあるあなたのユーザ名をクリックしてあなたのOpenStreetMapユーザページに行ってください。それからoauth設定をクリックし、ページ最下部であなたのアプリケーションを登録してください。Potlatch2をカスタマイズするウェブサイトごとにアプリケーションを登録しなければならないことに注意してください。テストサーバに向けたテストをするにも (api06.dev.openstreetmap.org)、そのサーバに登録しなければなりません。

Note: You can not open the page via the file system locally on your computer and talk to the OSM server since Flash security does not allow this.

注意: Flashのセキュリティが許可していないので、あなたのコンピュータ上でローカルにファイルシステム経由でページをオープンしたりOSMサーバと会話することはできません。

When prompted, enter the name of your instance (e.g. "My Custom Potlatch 2") and its URL (e.g. "http://mycustompotlatch2.com/").

入力待ちになったら、あなたのインスタンスの名前 (例. "My Custom Potlatch 2")とそのURL (例. "http://mycustompotlatch2.com/")を入力してください。

Under 'Callback URL', you can optionally enter a intermediary page that lets your users know they are logged in and can begin editing on your website. Under 'Support URL', you can optionally enter a help URL if you have additional documentation for your instance of Potlatch 2.

'コールバックURL'の下で、オプションとして中間のページを入力することもでき、これであなたのユーザに、ログイン済みでウェブサイト上での編集を開始できる、ということを知らせることができます。

For your instance of Potlatch 2 to work you check the modify the map checkbox and click Register. You will be given an OAuth 'consumer key' and 'consumer secret'. Copy and paste them into the relevant lines in your html file as is shown in the example below.

あなたのpotlatch2インスタンスを動かすには、マップを変更チェックボックスをチェックして登録をクリックしてください。OAuthの 'consumer key' と 'consumer secret'を得られます。これらをコピーして下記例にあるようにあなたのHTMLファイルの関連行に貼り付けてください。

   args["oauth_consumer_key"] = "fiM1IoqnKJk4JCfcl63DA";
   args["oauth_consumer_secret"] = "7fYgJK9M4vB1CvBZ6jEsPGxYK9UD1hEnI6NqTxNGs";

Your Potlatch 2 instance is now ready to go!

あなたのpotlatch2インスタンスは準備できました!

For more information about deploying Potlatch 2 please see: http://wiki.osm.org/wiki/Potlat2/Deploying_Potlat2

Potlatch2のデプロイについてもっと知りたい場合は次を参照してください: http://wiki.osm.org/wiki/Potlat2/Deploying_Potlat2

Editing controls

コントロールの編集

The icons on the left side of the Potlatch 2 editor are defined by the XML file resources/map_features.xml. This XML file is commonly called a presets file. There are links to other files within this file to group together some of the controls, rather than having a single very large file that is difficult to work with. To link an additional xml file to the map_features.xml file you use the "include" tag.

Potlatch2エディタの左側のアイコンはXMLファイル resources/map_features.xml に定義されています。このXMLファイルは一般にプリセットファイルと呼ばれています。単一の大きなファイルだと一緒に動作させるのがむしろ難しいので、コントロールのいくつかを一緒にグループ化するためにこのファイルの中に他のファイルへのリンクがあります。map_features.xmlファイルに追加のXMLファイルをリンクするには、"include"タグを使います。

<include file="map_features/barriers.xml" />

Note: Nested files should also be valid XML, which means they should have a single root element - by convention, <featureGroup/>.

注意: ネストしたファイルは妥当なXMLである必要があります、これは単一のルート要素を -規則により、<featureGroup/>を持つべき、ということを意味します。

There are specific conventions for the types of XML tags you add to the presets files.

プリセットファイルに追加するXMタグの種別には所定の規則があります。

A feature is the distinct, recognizable type that will be presented to the user as "what this is". For example: trunk road, school, reservoir.

feature はユーザに"これは何か"を提示できる明確な、認識しやすい種別です。例えば:国道、学校、貯水池。

A feature category groups features together. For example: Roads, Paths, Accommodation, Sport and Leisure.

feature カテゴリグループは似たものを集めます。例えば:道路、小道、宿泊施設、スポーツ及びレジャー。

An input is a single editing control for a single tag. For example: a drop-down menu with yes/no options, or a free-text field for a name.

ひとつのタグに対する input はひとつの編集可能なコントロールです。例えば:yes/noオプション付きのドロップダウンウィンドウ、または名前用の自由入力テキストフィールド。

An input set is a group of inputs. It can be reused anywhere in the file, and nested in other input sets. For example: a bridge-type drop-down (bridge tag) and a layer slider (layer tag) could together form one input set.

input set は input のグループです。ファイルのどこでも再利用でき、他の入力セット内でネストすることができます。例えば:橋の種別のドロップダウン(bridgeタグ)とレイヤーのスライダー(layerタグ)は一緒にしてひとつの input set にすることができます。

To use these tags to create a simple tag editor, you should initially create the specific feature you are interested in, for example "school". Then define the category it belongs to, in this case "education". You then need to define what type of shape it applies to - for example can it be a point, a line or an area? In this case a school could either be a point or an area. Add the tags that define the feature and the inputs that the user can add or edit for this feature. An example snippet of XML for a school is below.

これらのタグを使ってシンプルなタグエディタを作成するには、最初にあなたが興味を持っている特定のタグ、例えば"学校"の feature を作成すべきです。次に category を作成します、この例では"教育"に属します。そしてどの種別の形状を適用するか定義します - 例えば、point なのか line なのか area なのか。このケースでは学校はポイントまたはエリアのどちらにもなりえます。feature を定義するタグとこの feature に追加または編集できる input を追加します。学校用のXMLの短い記述例は下記にあります。

<feature name="School">
       <category>eduction</category>
       <icon image="features/school.png">${name}</icon>
       <help>http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Tag:amenity%3Dschool</help>
       <point/>
       <area/>
       <tag k="amenity" v="school"/>
       <inputSet ref="buildingInfo"/>

</feature>

In this particular example there are a couple specifics that bear mentioning. Both the "<point/>" and "<area/>" show that schools can be drawn as a point or an area. Additionally the "${name}" is the actual name of the feature.

この特別な例の中には説明の必要な明細が2つあります。"<point/>" と "<area/>"はともに学校がポイントまたはエリアで描くことができることを示します。加えて、 "${name}"は feature の実際の名前です。

The line, area, point and relation elements define what entity type this feature can be. For example, a trunk road could be <line/> or <area/> (for roundabouts); a supermarket could be <area/> or <point/>; a football pitch or baseball field could only be <area/>.

line, area, point 及び relation 要素はこの feature がどのエンティティ種別になり得るかということを定義します。例えば、国道は<line/> または <area/> (ロータリー用)に; スーパーマーケットは <area/> または <point/>に; サッカー場や野球場は <area/>にのみなり得ます。

The tag elements define all the tags that identify this feature.

tag 要素はこの feature を識別する全てのタグを定義します。

The name attribute defines the name displayed in drop-down menus from which the user can choose.

name 属性はユーザが選択できるドロップダウンメニュー内に表示される名前を定義します。

The category element defines the feature category (see below) in which this feature is be grouped.

category 要素はこの feature がグループ化されている feature category (下記参照)を定義します。

The help element defines a URL providing more information about this feature.

help 要素 はこの feature についてのより詳細な情報を提供するURLを定義します。

The input elements define editing controls available for this feature (see below).

input 要素 はこの feature 用に利用できる編集コントロールを定義します(下記参照)。

The inputSet elements reference input sets (groups of editing controls) available for this feature. Their ref attribute relates to the id of an inputSet defined elsewhere in the file (see below).

inputSet 要素はこの feature が利用できる入力セット(編集コントロールのグループ)を参照します。その ref 属性はファイルのどこか別の場所で定義されたinputSetのIDに関連します(下記参照)。

The icon element defines a feature's graphical appearance within the tag panel.

icon 要素はtagパネル内のfeature のグラフィカルな外見を定義します。

Tag element syntax

Tag 要素の文法

The tag elements define all the tags that identify this feature. Often this will just be a single tag (for example, highway=trunk) but you may also specify more than one element (e.g. amenity=public_building; building=yes).

tag 要素はこの feature を識別する全てのタグを定義します。しばしばこれは単一のタグ(例えば; highway=trunk)となりますが、ひとつ以上の要素を指定することもできます(例.amenity=public_building; building=yes )。

For each one, its k attribute defines the key to match, and its v attribute defines the value to match. These tags will be applied to the object when the user chooses this feature from the drop-down menu.

個々について、その k 属性はマッチするキーを定義し、その v 属性はマッチする値を定義します。これらのタグはユーザがドロップダウンメニューからこの feature を選んだときにオブジェクトに適用されます。

The optional vmatch attribute allows you to specify values which are matched, but not applied. This is useful for compatibility with legacy or minority tagging schemes. The attribute is parsed as a regular expression (the special value "*" means "any value"). For example:

オプションの vmatch 属性ではマッチしたが適用されない値を指定することができます。これは古い、または数の少ないタグ付けスキームとの互換を取るのに有効です。属性は正規表現としてパースされます (特別な値 "*" は"任意の値"を意味します)。例えば:

<tag k="route" v="hiking" vmatch="hiking|foot"/>

Icon element syntax

icon 要素文法

The icon element defines a feature's graphical appearance within the tag panel. It is usually found within a <feature/>, but the same format is also used for route relation inputs (see below).

icon 要素は feature のタグパネル内でのグラフィカルな外見を定義します。通常<feature/>内にありますが、同じフォーマットはルートリレーションの input でも使われます(下記参照)。

Its image attribute is the URL of an image to be shown when the feature is selected, and when the drop-down menu is open.

その image 属性は feature が選択されて、ドロップダウンメニューが開いた時に表示される画像のURLです。

Its dnd attribute is the URL of an image to be shown in the drag-and-drop icon panel (default: same as image attribute).

その dnd 属性はドラッグ&ドロップアイコンパネル内に表示される画像のURLです(デフィルト:image 属性と同じ)。

Its background and foreground attributes are the colours in which the HTML fragment will be displayed.

その background 及び foreground 属性はHTMLフラグメントが表示される色です。

Its content is an HTML fragment displayed next to the image when the feature is selected. Tag values (such as name and ref) may be embedded by using the ${key} syntax.

その content は feature が選択された時に画像の隣に表示されるHTMLフラグメントです。タグ値(nameやrefのような)は ${key} 文法を使ってエンベッドされるかもしれません。

Feature categories

フィーチャー カテゴリ

A feature category groups features together. Example categories include roads, paths, accommodations, sports, and leisure. Specifics in these categories appear in the main drop-down feature menu for example in the roads category specific types of roads would show such as residential, primary, and secondary.

フィーチャーカテゴリは似たものを集めます。サンプルのカテゴリは道路、小道、宿泊施設、スポーツ、そしてレジャーを含んでいます。これらのカテゴリの明細はメインのドロップダウンfeatureメニュー内に現れます。例えば road カテゴリの道路の種別明細にはresidential, primary, secondary といったものが現れます。

You define a feature category like this:

feature categoryはこのように定義します:

<category name="Roads" id="roads"/>

To assign a feature to that category, use the <category> tag within the <feature> element.

feature をその category に割り当てるには、<feature>要素内の<category>タグを使います。

For example:

例えば:

<category>roads</category>

Inputs

input

An input is a single editing control for a single tag. It is usually an element within a <feature/>. To allow inputs to be shared between features, it can also form part of an <inputSet/> (see below).

input は単一のタグ用の単一の編集コントロールです。これは通常<feature/>内の要素です。feature 間で共有できるようにするには、<inputSet/>の一部を形成することもできます(下記参照)。

The simplest form of input is a freetext input:

input の最もシンプルなフォームは freetext inputです:

<input type="freetext" presence="always" category="Naming" name="Ref" key="ref" description="Reference number of the road"/>

The key attribute defines which OSM key will be edited (for example, "highway").

key 属性はどのOSMキーを編集するか定義します(例えば、"highway")。

The name attribute defines a label shown by the control.

name 属性はコントロールが表示するラベルを定義します。

The description attribute defines a tooltip shown on mouse-over.

description 属性はマウス通過時に表示されるツールチップを定義します。

The layout attribute defines whether the control's layout will be 'horizontal' or 'vertical' (default).

layout 属性はコントロールのレイアウトが'horizontal' か 'vertical' (デフォルト)かを定義します。

The category attribute in the input tag defines the name of the tab that the input will be shown under (not related to feature categories).

inputタグ内のcategory 属性はinput がその下に表示されるタブの名前を定義します(featureカテゴリとは無関係です)。

The subcategory attribute (optional) defines a subgroup under that tab (intended for lesser-used tags).

subcategory 属性(オプション)はそのタグの下のsubgroup を定義します(より使用頻度の低いタグ向けを想定)。

The presence attribute defines whether this input should be shown on the 'Basic' tab:

presence 属性はこのinput が'Basic'タブに表示されるかどうかを定義します:

   * always - always show
   * onTagMatch - only show if the tag is set
   * withCategory - don't show on the Basic tab

The priority attribute controls ordering within the tab. The possible values going from the highest priority to the lowest are highest, high, normal, low and lowest.

priority 属性はタブ内での順番を制御します。取り得る値は上から順にhighest, high, normal, low そして lowest です。

The type attribute defines what control this is. The rest of this section defines these controls and their attributes.

type 属性はこれが何のコントロールなのか定義します。このセクションの残りではこれらのコントロールとその属性を定義します。

type="choice"

A drop-down menu. <choice/> elements are used to define the options available (like <option/> in an HTML </select> element). For example:

ドロップダウンメニュー。<choice/>要素はオプションの値を定義するのに使われます(HTMLの </select> 要素中の<option/>のように)。例えば:

<input type="choice" presence="always" category="" name="Religion" key="religion" description="The religion worshipped here.">

    <choice value="christian" text="Christianity (church)"/>
    <choice value="jewish" text="Judaism (synagogue)"/>
    <choice value="muslim" text="Islam (mosque)"/>

</input>

type="checkbox"

A checkbox used to set the tag value to 'yes' or 'no'. (Values of "1", "0", "true" and "false" are recognised but not set.)

タグの値を'yes'または'no'のセットするのに使われるチェックボックス("1", "0", "true" そして "false"といった値は認識されますがセットはされません)。

type="freetext"

A simple text editor. You can use the absenceText attribute to define the value when not set.

シンプルなテキストエディタ。absencetext 属性でセットされていない場合の値を定義できます。

type="number"

数値エントリのテキストフィールドで、脇に"上向き"と"下向き"の増減できるボタンがあります。例えば:

<input type="number" minimum="0" maximum="99999" stepSize="1"
        presence="always" category="Parking" name="Capacity" key="capacity" description="The number of cars that can be parked in the car park"/>

   minimum 及びmaximum 属性は増減ボタンが許可する値の幅を定義します(既定値 0, 100)。

   stepSize 属性は上向き/下向きの増減ボタンをクリックした時の増分を定義します(既定値 1)。

   absenceText 属性は値が設定されていない場合に表示するテキストを定義します。

   notValidText 属性は値が数値で無かったり、最小/最大値の範囲外であった時に表示するテキストを定義します。 

type="slider"

2極値間で選べる任意の数値を指定できるスライダーです。例えば:

<input type="slider" presence="onTagMatch"

      name="Layer" category="Physical" description="Relative vertical positions (-5 lowest, +5 highest)"
      key="layer" minimum="-5" maximum="5" default="0" snapInterval="1" labels="Lowest,Ground,Highest"
      defaultName="Ground"/> 
       minimum 及びmaximum 属性は許可された値の幅を定義します(既定値 0, 100)。

   snapInterval 属性はこれらの値間の最小増分を定義します(既定値1)。

   default 属性は値がセットされない場合の既定の数値を定義します(既定値0)。

   labels 属性はカンマ区切りの一覧で最小値から最大値の間で等間隔に表示されるラベルです。

   数値入力のテキストフィールドにはその脇に"上向き"と"下向き"の増減できるボタンがあります。例えば: 

<input type="number" minimum="0" maximum="99999" stepSize="1"

      presence="always" category="Parking" name="Capacity" key="capacity" description="The number of cars that can be parked in the car park"/> 

   minimum 及びmaximum 属性は増減ボタンに許可された値の幅を定義します(既定値 0, 100)。

   stepSize 属性は上向き/下向きの増減ボタンの増分を定義します(既定値 1)。

   absenceText 属性は値がセットされていない場合に表示するテキストを定義します。

   notValidText 属性は値が数値でなかったり最小/最大値の範囲外であった場合に表示するテキストを定義します。

type="speed"

専用の速度制限エディタ。

type="route"

専用のルートリレーション編集エディタで、エンティティがそのメンバーであるリレーションを表示して、ユーザはそれを他のリレーションに追加することができます。例えば:

<input type="route" name="National Cycle Routes" description="A signposted route in a National Cycle Network, or nearest equivalent." category="Cycle" priority="low">

 <match k="type" v="route"/>
 <match k="route" v="bicycle"/>
 <match k="network" v="ncn"/>
 <icon image="features/route__ncn.png" background="#ff6f7a" foreground="white">${ref} ${name}</icon>

</input>

   match 要素はマッチする親リレーションに必要なタグを定義します。

   The icon 要素はマッチするリレーションのために表示されるコントロールの外観を定義します( <feature/>内の<icon/>と同じ文法です)。

type="turn"

専用の方向転換エディタで、このエンティティがメンバーである方向転換制限を表示し、ユーザはそれを他の方向転換リレーションに追加できます。例えば:

<input type="turn" name="Turn restriction" description="Turn restriction" category="Turn" priority="normal" presence="onTagMatch">

  <match k="type" v="restriction"/>
  <role role="via"/>
</input> 
   match 要素はマッチする親リレーションに必要なタグを定義します。
   The role 要素はマッチする親リレーションに必要なメンバーロールを定義します。

Input セット

input set はinputのグループです。どのフィーチャでも使うことができます。

上述のように <input/> 要素を含みます。例えば:

<inputSet id="roadRefs">

 <input type="freetext" presence="always" name="Reference" category="Naming" priority="high" key="ref" />
 <input type="freetext" presence="onTagMatch" name="International Reference" category="Naming" key="int_ref" />
 <input type="freetext" presence="onTagMatch" name="Old Reference" category="Naming" priority="low" key="old_ref" />

</inputSet>

inputSet は他のネストしたinputSet 要素を含むこともできます:

<inputSet id="common">

 <inputSet ref="source"/>
 <inputSet ref="designation"/>

</inputSet>

Potlatch2のシンプルエディタ用のコントロールの編集についての最新情報はこちらを参照: http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Potlatch_2/Developer_Documentation/Map_Features

マップスタイル

potlatch2が表示するマップのスタイルもカスタマイズすることができます。これはMapCSSフォームを使って定義されており、カスケードスタイルシートとよく似ています。もしあなたがウェブページ作成に慣れているなら、この部分はさほど難しくはないでしょう。

マップのスタイルはMapCSSで定義されており、これはCSSのフォーマットに似ています。MapCSSの仕様についての詳細はこちらを参照: http://wiki.openstreetmap.org/wiki/MapCSS/0.2