JA:Import/Catalogue/Japan KSJ2 Import/Administrative district 2014

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Import/Catalogue/Japan KSJ2 Import/Administrative district 2014
· Afrikaans · Alemannisch · aragonés · asturianu · azərbaycanca · Bahasa Indonesia · Bahasa Melayu · Bân-lâm-gú · Basa Jawa · Basa Sunda · Baso Minangkabau · bosanski · brezhoneg · català · čeština · corsu · dansk · Deutsch · eesti · English · español · Esperanto · estremeñu · euskara · français · Frysk · Gaeilge · Gàidhlig · galego · Hausa · hrvatski · Igbo · interlingua · Interlingue · isiXhosa · isiZulu · íslenska · italiano · Kiswahili · Kreyòl ayisyen · kréyòl gwadloupéyen · Kurdî · latviešu · Lëtzebuergesch · lietuvių · magyar · Malagasy · Malti · Nederlands · Nedersaksies · norsk bokmål · norsk nynorsk · occitan · Oromoo · oʻzbekcha/ўзбекча · Plattdüütsch · polski · português · română · shqip · slovenčina · slovenščina · Soomaaliga · suomi · svenska · Tagalog · Tiếng Việt · Türkçe · Vahcuengh · vèneto · Wolof · Yorùbá · Zazaki · српски / srpski · беларуская · български · қазақша · македонски · монгол · русский · тоҷикӣ · українська · Ελληνικά · Հայերեն · ქართული · नेपाली · मराठी · हिन्दी · भोजपुरी · অসমীয়া · বাংলা · ਪੰਜਾਬੀ · ગુજરાતી · ଓଡ଼ିଆ · தமிழ் · తెలుగు · ಕನ್ನಡ · മലയാളം · සිංහල · བོད་ཡིག · ไทย · မြန်မာဘာသာ · ລາວ · ភាសាខ្មែរ · ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ ⵜⴰⵏⴰⵡⴰⵢⵜ‎ · አማርኛ · 한국어 · 日本語 · 中文(简体)‎ · 中文(繁體)‎ · 吴语 · 粵語 · ייִדיש · עברית · اردو · العربية · پښتو · سنڌي · فارسی · ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください

国土数値情報 行政区域データインポート 2014年 計画概要

目的/Goals

日本地域に存在する行政区域データをリプレースすることを目的とします。対象となる行政区域データは、admin_level 4-8です。(都道府県、振興局、郡、市町村、区まで)


インポートの理由/Why imports?

  • 日本の行政区データの多くは、ODbL切り替えの際に破壊されました
  • あるいは過去まったくインポートされた形跡がありません。
  • admin_level 5-8 のポリゴンの多くは作成されていません。 (placeノードだけが存在しています)
  • 過去に行われたインポートには、多くの不要なタグが含まれています。
  • 現存している行政区データは、作成年数が2007年であり、古いデータです
  • 現存している行政区データは、多くがリレーションとして作成されていません。また、いくつかのboundaryのラインデータは欠損しており、手動によるリレーション作成が困難です
  • 現存している行政区データは、タグのスキーマ定義にゆらぎがあります。

そのため、行政区データを再構成するにあたり、過去データのリプレースが最も適切な解であると提案します。

スケジュール/Schedule

例年、5月末ころに、その年のデータがリリースされます。(本年版、要確認)

そのため、実際のインポート作業は6月初旬からを予定しています。

インポートするデータ/Import Data

背景情報/Background

データ提供元サイト: http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N03.html
データのライセンス: http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/other/yakkan.html
ライセンスの種別 (if applicable): "CC BY"に類似。"data.go.jp"からCC BY2.1jaライセンスとしても取得可能。また、データの利用について、2012年にOSMFJが国土地理院の担当者に確認済み。
許諾へのリンク (if required): http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Import/Catalogue/Japan_KSJ2_Import
OSMでの著作権表示 (if required): -
ODbL互換性確認: yes

OSMデータファイル/OSM Data Files

サンプルファイルをここに置く。これから。

インポートタイプ/Import Type

これはワンタイムのインポートです。

いちどインポートが完了すれば、今後市町村の合併が行われた際にも修正は簡単です。

データの準備/Data Preparation

データの容量削減 & 単純化/Data Reduction & Simplification

-

タグ付与計画/Tagging Plans

元々のShapefile/Original Shapefile

column_ref Attribute in Japanese Attribute in English OSM Tagging
N03_001 都道府県名 name of province/prefecture name=* admin_level 4のリレーションに付与 (都道府県)
N03_002 支庁名 name of subprovince (北海道にのみ存在) name=* admin_level 4のリレーションに付与
N03_003 郡政令都市 name of county (郡) / city (市. for some big cities. which has suburb area) name=* admin_level 6のリレーションに付与 (郡)
name=* admin_level 7のリレーションに付与 (市町村)
N03_004 市区町村名 name of municipality (市町村) / suburb (区. for some big cities) name=* admin_level 7のリレーションに付与.
name=* admin_level 4のリレーションに付与. (区)
N03_005 成立年月日 start date of the municipality 使用せず
N03_006 消滅年月日 end date of the municipality 使用せず
N03_007 行政区域コード Reference number of the municipality. 使用せず

Type of admin level

Admin_level 意味 Place タグ
4 province, prefecture (都道府県) place=province
5 subprovince (振興局. 北海道にのみ存在) place=subprovince
6 county (郡) place=county
7 city(市), town(町), village(村) place=city, place=town, place=village
8 suburb(区) place=suburb
  • 詳細とサンプル

https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0ApY7X6fw8sqxdDNjY1FBeG00TlRZSFoxU2xwOHVCb0E#gid=0

リレーションへのタグ/Tags for Relation

サンプルは以下のとおり

type = boundary
boundary = administrative
admin_level = [depends on each area]
name = [Column from Shapefile]
name:ja = [Column from Shapefile]
name:en = [Translation of Column from Shapefile]
name:ja_rm = [Hiragana writing of Japanese, from Column from Shapefile]
name:ja_rm = [Roman writing of Japanese, from Column from Shapefile]
source = KSJ2/N03

ウェイオブジェクトへのタグ/Tags for Way Object

boundary = administrative

変更セットへのタグ/Changeset Tags

source = KSJ2/NO3
source_ref = http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Import/Catalogue/Japan_KSJ2_Import/Administrative_district_2014


データの変換/Data Transformation

ogr2osm スクリプトを利用し、手動にて修正を実施。

変換後のファイルはこちら

データ変換結果/Data Transformation Results

上記参照。

データ統合ワークフロー/Data Merge Workflow

チームアプローチ/Team Approach

インポート自体は、user:nyampireにて実施。

専用アカウントは "KSJ2_adm_bnd_imprt" を用意。

インポート後のデータ整合性チェックも、 user:nyampire にて実施予定。

参考/References

  • 古い行政区データの削除は危険性を伴う。特に、海岸線に影響する可能性がある。そのため、削除後のデータ整合性チェックは必須である。
  • 既に存在している place=* Nodeは、Relationの "label"ロールとして追加される

ワークフロー/Workflow

段階ごとの手順

  1. オリジナルのshapefileを、ogr2osmスクリプトを使って .osmに変換する
  2. OverPassAPIを利用し、過去の行政区ウェイデータ(および、もしあればリレーションも)をダウンロードする
  3. 過去の行政区ウェイデータを削除する (リレーションは残す)
  4. JOSMを使って、新しいウェイデータをインポートする。1回のアップロードは、1つの市町村ごとに実施
  5. 新旧のリレーションを統合する
  6. 1つの都道府県内の市町村がすべてアップロード完了したら、OverPassAPIを使ってそれらの市町村を抽出する
  7. 重なっているウェイを削除し、1本にする
  8. 次の都道府県の作業を行う

変更セットのサイズポリシー

アップロードは、1つの市町村ごとに実施する。手動。

リバート計画

JOSMのリバートプラグインを利用する。

データ統合/Conflation

ワークフロー部分を参照。

品質管理/QA

JOSMの妥当性検証にて、リレーションの構造をチェックする。

OverPass API & Geofabric Japan Extract (およびosmfilter) を利用して、データの抽出を行う。