JA:Key:wikipedia

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
Wikipedia キーについて。より広範なcollaboration with Wikipediaについての情報は collaboration with Wikipedia参照。


利用できる言語
Deutsch English français 한국어 日本語 polski русский
+/- wikipedia

One example for wikipedia

Description

地物に関するWikipediaの記事へのリンクを提供します。

Group

Annotation

Used on these elements

may be used on nodes may be used on ways may be used on areas may be used on relations

Status

Undefined Status: Undefined


地物について、Wikipadiaにある記事への参照を提供する場合はwikipedia=language:page title を使ってください。

同様に、地物の公式ウェブサイトのURLにはwebsite=*タグが使えますし、信頼でき、関連する第三者のウェブサイトにはurl=*を使えます。

Wikipedia リンクの使用

Wikipedia へのリンクはノード, ウェイ あるいはリレーションに関連付けられます。次のようなことが役立ちます:

  • only provide, in normal circumstances, a link to a single Wikipedia article, which should be to the article in the primary language for the subject. Data users can access articles in other languages where available using Wikipedia's interlanguage links. (see below for exceptions)
  • 言語プレフィックスを含めること。'St Paul's Cathedral'のように特定の言語を推定させるのではなく、'en:St Paul's Cathedral', (en: 英語の場合) としてください
  • 人間が理解できる記事タイトルを使うこと。例えばURLバーで使われるアンダースコアやhtmlエンコーディング文字が入ったバージョン('St_Paul%27s_Cathedral')よりも、'en:St Paul's Cathedral'を使いましょう。
  • 'その地物について'の記事だけをリンクすること。ロンドンにあるSt Paul's cathedralからSt Paulsはすばらしいというということについての記事へのリンクはOKです。バスの車両基地からその運営会社へのリンクはNGです。(下記の提案を参照)。
  • 長い鉄道や川の流れといった多くの個別ウェイを含む広がりのある地物には、各ウェイごとに個々にリンクを添付するのではなく、地物全体をカバーするリレーション内にWikipediaへのリンクをひとつ張ってください。
  • 'http://en.wikipedia.org/wiki/St_Paul%27s_Cathedral' のようなフルURLは避けてください。
  • リダイレクトは避けること。例えば、de:Frasher'はOKで'de:Frasher (これはリダイレクト)はNGです。

複数言語へのリンク: 第二の(母国語でない)記事に明示的なリンクを張ることが適切なのは唯一、第二の言語による、より広範なタイトルに関する記事の中にそのタイトルが含まれている場合だけです。例えば、wikipedia:en=museums in Paris という英語の記事はフランスのこの美術館についての最も優れた記事であり、wikipedia:fr=places of worship in Londonというフランス語の記事は、このロンドンにある教会についての最も優れた記事であり、これらへのリンクはOKです。これらの環境では、第二の言語用にwikipedia:lang=page title フォーマットを使ってください。

次の例は使われているWikipediaリンクを示しています; do however notice that the language element ('en:', 'fr:' etc) is not displayed on this web service, but is in the source OSM data and is being used to create a link to the Wikipedia article in the appropriate language:

提案

二次的なWikipediaリンクの提供方法について、talkページで簡潔な議論がありました。例えばアーキテクトに対して、あるいは地物の運営者や主題について。次のものが提案されました:

参考

関連リンク