研究詳細

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search

はじめに

研究背景

現在、インターネット上ではGooglMapやYahooMapをはじめとする地図情報を利用したサービスが多く存在する。これらが利用されているサービスも数多く展開され、Webサイトなどで所在地を示すためにWebサイト内に地図データが埋めこまれている場合などがある。
その中で現在地図情報を利用したサービスの中でオープンソースとして公開されているOpenStreetMap(:OSM)が存在する。OSMは道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトである。このサービスはユーザが誰でも縛られることなく地図情報そのものに手を加え常に新しい情報に更新していくことが可能である。
OSMは2004年イギリスで発足以降2008年より日本においてコミュニティを作り日本での活動も始まった。OSMの問題点としてOSMはユーザが情報を編集し更新していくプロジェクトであるため、利用ユーザの少ない地域などはデータが集まりにくく地図情報が少なくなってしまう。この様なサービスを利用する場合、ガイドラインなどを参考にするがOSMの場合は上記のように利用する地域やユーザの状況によりデータの情報量が大きく異なる。そのため既存の統括されているガイドラインでは自身の利用状況に合ったガイドラインを見つけることは難しい。
そのため本研究では、ユーザの利用状況に最適であると判断されるガイドラインを導き出せるシステムの構築を研究する。

OpenStreetMapとは


OpenStreetMap(OSM)は、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトです。誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に利用する事が出来ます。本サイトは、日本語での情報提供や相互互助の支援を行っています。

OpenStreetMap
入門ガイド


データ収集・編集に関する利用技術

データ収集方法


  • GPS端末
  • 携帯端末
  • ウォーキングペーパー


データ編集方法




想定される利用シーン

郊外

道路情報の編集

道路編集に関するタグ一覧 タグ一覧

都心



GPSによる誤差
郊外と比較し高層ビルが密集している都心では、位置精度が低下する。

結論