JA:Key:artwork_type

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg artwork_type
Begynnelse-4.jpg
説明
美術作品の種類を記述します。 Edit or translate this description.
グループ: 観光
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
依存するタグ
よく併用されるタグ
状態:使用中

ウィキデータ

このタグは美術作品の種類を詳しく指定するのに使用します。

使い方

このタグは tourism=artwork と合わせて使用しなければなりません。

提案されたタグの使用方法については、以下を参照してください。

Value Description Photo
sculpture 彫刻。石、金属、陶器、木材、その他の素材で作られた美術作品です。人や動物などを表す作品の場合は artwork_type=statue を使用してください。 Begynnelse-4.jpg
statue 彫像塑像。1人または複数の人や動物を表す彫刻で(抽象的な考えによって比喩的に人や動物を表したものを含む)、ふつうは(胸像に対して)全身像で、等身大かそれ以上の大きさです。持ち運ぶことができるような小さい像は、フィギュアと呼ばれています。historic=memorial + memorial=statue も参照してください。 Auguste Rodin - Grubleren 2005-02.jpg
mural 壁画。壁や天井やその他の恒久的な表面に直接描かれた美術作品です。 artwork_type=paintinghttps://wikidiff.com/painting/mural(壁画と絵画の違い)も参照してください。 Capitole.jpg
graffiti 注目すべきグラフィティ作品。 Graffiti aus der Hall of Fame in Ingolstadt.jpg
installation 場所や空間全体を作品として体験させる芸術。  インスタレーション も参照してください。 Mad Crab.jpg
bust 胸像。彫刻や塑像で人物の頭部、首、肩、胸部などの上半身を表現したもの。通常は台座で支えられています。 historic=memorial + memorial=bust も参照してください。 Busto de Vibia Sabina (M. Prado) 01.jpg
stone 巨石。historic=memorial + memorial=stone も参照してください。

Kuncicky bludny balvan.jpg

painting 絵画。面に絵具や塗料で描いた成果物です。 artwork_type=mural も参照してください。 Mona Lisa, by Leonardo da Vinci, from C2RMF retouched.jpg
architecture 特筆するべき建物や物理的な構造物です。 110 Casa Batlló.jpg
mosaic,
tilework
モザイクタイル細工。陶器、石、金属、ガラスなどの硬い素材の小片により作られ、一般に屋根や床、壁、シャワー、テーブルトップなどの表面を覆うために使用されるもの。 Serce Nadodrza 1.jpg
Detail of a public wall tilework at Lisbon.jpg
relief レリーフ。彫刻の技法で同じ素材の硬い背景に施されたもの。 Panel of Tellus, Ara Pacis, Rome.jpg
streetart または street_art 一般的なストリートアートの値。 muralgraffiti がより正確な値です。
azulejo アズレージョ(アズレホ)。錫の釉薬により絵が描かれた、ポルトガルやスペインのタイル作品。5世紀の間途切れることなく製作され、ポルトガル文化の典型的な側面になっていて、教会や宮殿、一般住宅、鉄道駅などの内外に見ることができます。 artwork_type=mural + artwork_type=tilework も参照してください。 Mural ceramic tilework azulejo.jpg
ユーザー定義 Taginfoよく使われている値を確認できます。

タグ付け間違いの可能性があるもの

このタグが使われている場所をご存知であれば、他のタグに置き換えられないか確認してください。
どのような結果になるか本当に理解していない限り、自動編集はできるだけ行わないでください!
このタグが使われている場所をご存知であれば、他のタグに置き換えられないか確認してください。
どのような結果になるか本当に理解していない限り、自動編集はできるだけ行わないでください!