JA:LiveMapViewer

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
A LiveEditMapViewer screenshot showing a bunch of new nodes.

LiveMapViewer ( http://gpsmid.sourceforge.net/misc/LiveEditMapViewerJ.jar ) は、 Planet.osm の差分をもとにして、変更をライブで見るためのツールです。

このツールは User:Amm が開発しています。

凡例

色のついた点には次のような意味があります:

= 新しいノード
= 修正されたノード
= 削除されたノード

使い方

ツールを起動すると、(1 分ごとに) 最新の差分をダウンロードして、作成 / 修正 / 削除されたノードを slippy map に表示します。この slippy map は osm.org ホームページの slippy map と同じようにナビゲートすることができます。

Shift を押しながらノードをクリックすると、そのノードについての詳しい情報がブラウザに出てきます (そのノードの OSM-browse ページを表示します)。 LiveEditMapViewer はとてもリソース消費が激しい作りなので、世界中を長時間見続けることはできませんが、bounding box を指定して見たいエリアを絞ることはできます。これをするには、LiveEditMapViewer が起動したときに bounding box パラメータを指定します。例えば、"java -jar LiveEditMapViewerJ.jar -12.0 35.0 45.00 72.00" とすると、ヨーロッパでの変更を見ることができます。あるいは、世界中を見たいのであれば、折に触れて再起動してください。

ソースコード

LiveEditMapViewerJ はオープンソースです。ソースコードは OSM SVN リポジトリにあります (http://trac.openstreetmap.org/browser/applications/utils/LiveEditMapViewer)。

参考