JA:地図データレイヤー

From OpenStreetMap Wiki
(Redirected from JA:Map Data layer)
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Map Data layer
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
レイヤーアイコンをクリックした後で有効になったレイヤー

データレイヤー(data layer)は、 openstreetmap.org のフロントページにて利用可能なツールです。このツールにより、マップの後ろに生データを表示したり、個々のオブジェクトの編集履歴を参照したりすることができます。

データレイヤーへのアクセス方法は以下のとおりです。

  1. www.openstreetmap.org へ移動して、興味のある領域を拡大してください。必要以上にたくさんのデータをロードすることを避けるために、最大のズームレベルにするのが最適でしょう。
  2. 右のサイドバーにあるレイヤー記号をクリックすると、利用可能なレイヤーが表示されます。
  3. 「地図データ」レイヤーにチェックを入れてください。

地図上で見えている領域の生の地図データがロードされ、また、 OpnstreetMap データ(ノードとウェイ)の生の要素は、地図上やパネルの左側に表示されているオブジェクトのリストをクリックすることで、選択をすることが可能です。

個々のオブジェクトは、左側のポップアップリストや、マップ上でクリックをすることによって選択をすることが可能です。オプジェクトが選択された際には、以下のようになります。

  • オブジェクトに設定されているタグ(tags)のリストが表示されます。それらのうちのいくつかは、地図の表示に影響を与えますが、データレイヤーのようなツールを利用した場合にのみ見えるものもあることに、注意してください。
  • 地図表示の画面から、生のオブジェクトを参照する画面に移動する、'詳細'リンクが表示されます。
  • コンパクトな編集履歴を表示するための'履歴表示'リンクが表示されます。ここには、オブジェクトをいつ誰が編集したのかを示す、逆年代順のリストが表示されます。変更セットのコメントを含めた、より詳細な履歴を知るためには、'詳細'リンクを利用してください。Editorsの中においても、似たような表示がされます。例えばPotlatchで編集中に'H'キーをを押すことが可能です。

利用例

技術的詳細

ウェブサイトの機能の概要を知りたい場合にはウェブフロントエンドを参照してください。 データレイヤーは、OpenLayers の 'Vector'レイヤーとして、実現されています。