JA:Mkgmap/help/How to create a map

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Mkgmap edit

Help

Routing

Known issues

Development

Download maps

はじめに

GarminのGPSデバイスにOSMデータをロードする場合は、コンパイル済みの地図(pre-compiled maps)をダウンロードするか、またはあなた自身でコンパイルすることができます。 このページでは、コンパイルオプションについて説明しています。 生成されたマップはルーティング(自動車用)やアドレス検索もサポートします。

事前要求

下記の ソフトウェア/ツール をダウンロードする必要があります:

mkgmap と splitter の双方が必要とする Java Runtime Environment 1.7. をインストールする。


チュートリアル

特定の領域についてのOSMデータ(.osm、.osm.pbfまたは.osm.gz)をダウンロードします。 抽出物を提供するミラーがここにリストアップされています。 GeofabrikCloudmade は良い出発点です。

小さなピースと呼ばれるタイルに生の地図データを分割するスプリッタを使用してください。 ダウンロードされた領域の抽出物のほとんどはmkgmapによって処理されるには大きすぎるので、これは必要である。

例:

$ java -jar splitter.jar us-northeast-latest.osm.pbf

実行結果のタイルは 6324xxxx.osm.pbf のように名前付けされます。 xxxx は、 0001, 0002, 0003...

そのままこれらのタイルは、マップにコンパイルすることができますが、結果として得られるマップはアドレッシングデータ(例えば都市または郵便番号)を欠くことになります。 データに対処すること、前処理境界タイルから来て、あなたがnavmaps.eu からそれらをダウンロードしたり、 Mkgmap/help/options#Using_preprocessed_bounds_for_the_address_indexで説明したように、自分で作成することができます。 boundsという名前の境界に結果ファイルを配置します。

最後に、GarminのGPSによる分かりやすいものにタイルとバウンディング情報をコンパイルするmkgmap使用することができます。

$ java -jar mkgmap.jar \
    --route \
    --add-pois-to-areas \
    --bounds=bounds \
    --index \
    --gmapsupp \
    6324*.osm.pbf

この結果、望みのgmapsupp.imgファイルを含む幾つかのファイルが生成されます。 これらのファイルをGPSで使うSDカードにコピーしてください。 詳細は ここに示されていますが、ここに要点を示します。

  • SDカードはFAT32でフォーマットされていること
  • SDカードの直下の "Garmin" フォルダにこれらのファイルを置くこと
  • gmapsupp.img をこの "Garmin" フォルダに入れる


マップの微調整

いくつかのmkgmapのオプションとスタイルファイルをあなたのマップをあなたが望むように微調整するために使うことができます。

以下の詳細情報を読んでください: