JA:Tag:natural=heath

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg natural = heath
Heath.jpg
説明
ヒース(heath)もしくはヒース原(heathland)は、開けていて、背の低い木の植生で、たびたびツツジ科の植物が優勢なことで特徴付けられる、矮性低木の生息地です。 Edit or translate this description.
openstreetmap-cartoでのレンダリング
Rendering-area-natural-heath-yellow.png
グループ: 自然
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
関連項目
ウィキデータ
状態:事実上の標準

説明

ヒース(heath)もしくはヒース原(heathland)は、開けていて、背の低い木の植生で、たびたびツツジ科の植物が優勢なことで特徴付けられる、矮性低木(概ね樹高1m以下)の生息地です。

マッピング方法

エリア エリア で囲み、 natural=heath でタグ付けします。

マッピング時の注意点

このタグは次の場合には使用しないでください。

  • 「〇〇ヒース」という名前がついた公園 (例えば「Hampsted Heath(公園)」。こういった名前は英国では一般的)。 公園は、たとえその名前に「ヒース」が付いていたとしても、leisure=parkとしてタグづけします。上記の説明に合致する、純粋なヒースであるとき(かつ、主に普通の公園ではない場合)に限って、このタグを利用すること。
  • もう少し高い低木(目安:樹高2~3m以下)が支配的なエリア。この場合は低木( natural=scrub )を代わりに使用します。
  • 主に草など、木ではない植物で覆われているエリア。この場合は草原( natural=grassland )や牧草地(landuse=meadow )を代わりに使用します。

様々な地域の様々な例を載せます。これらの写真の近景にみられるものを通常 natural=heath としてタグ付けします。

参考情報