JA:Tag:amenity=recycling

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search

broom

Help (89606) - The Noun Project.svg

Public-images-osm logo.svg amenity = recycling
Altglas.jpg
説明
リサイクル用廃棄物を受け入れる保管所または施設です。 Edit or translate this description.
OSM Cartoでのレンダリング
Recycling-16.svg
グループ: 廃棄物処理
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
状態:承認Page for proposal

recycling はリサイクル用廃棄物や中古品の寄贈を受け入れる保管容器または施設に使います。

このタグは、特定の種類の廃棄物を再利用や資源循環のために受け入れる場所のためのものです。任意の廃棄物を処分するための場所には、JA:Waste Processingに一覧されている他のタグを検討してください。

リサイクルの収集形式

さらにリサイクルの収集形式をより詳しく示すためには recycling_type=* を用いてください。

素材

リサイクル拠点はたいてい特定の種類の廃棄物のみを受け入れるので、リサイクル(または寄贈)可能な素材を記述すべきです。リストの拡充をお願いします。以下の素材のうち1つでもタグ付けされた場合、他の既定値はnoです。たとえば、地物が amenity=recycling+recycling:glass_bottles=yes でタグ付けされている場合は、 recycling:aluminium=no と推測されます。

またサブグループに関する詳細な値については暗黙のyes値があります。たとえば amenity=recycling+recycling:scrap_metal=yes は暗黙に recycling:aluminium=yes(これはサブグループなので) とrecycling:glass_bottles=no(サブグループではなく、言及もされていないため) を含みます。

タグ 説明
recycling:aerosol_cans=yes/no 家庭用・DIY用(など)のスプレー缶です(例:ヘアスプレー、スプレー塗料、など)
recycling:animal_waste=yes/no
recycling:aluminium=yes/no アルミニウム
recycling:bags=yes/no あらゆる種類のバッグ
recycling:batteries=yes/no 家庭用電池(単一型、9V型)を引き取る場所。それより大きな電池(自動車用)などは受け付けないことがある。 recycling:car_batteries も利用することができる。
recycling:belts=yes/no 衣類に用いるベルト
recycling:beverage_cartons=yes/no 飲み物や食べ物の紙パック(複合素材、例えばテトラパック) - より頻繁に使われているrecycling:cartonsと重複している可能性があります。以下参照
recycling:bicycles=yes/no 自転車
recycling:books=yes/no 書籍
recycling:cans=yes/no 空き缶。金属一般を受け入れず缶を受け入れる場所が多くある[1]
recycling:car_batteries=yes/no 施設によっては家庭用バッテリーのみを扱い車用バッテリーを扱わないことがある(訳注:そのため別に定義するということ)
recycling:cardboard=yes/no 段ボール。recycling:cardboard=yesの90%ほどがrecycling:paper=yesと重複している[2]
recycling:cartons=yes/no 段ボール箱(飲食物用)。多くのマッパーが、紙製のカートンとテトラパックのような複合素材のカートンとを混同しているため、おそらく価値の低いデータ。
recycling:cds=yes/no CD
recycling:chipboard=yes/no 合板
recycling:christmas_trees=yes/no 古くなったクリスマスツリーを収集する場所。opening_hours=Jan 01-Jan 15 などと一緒に用いる。
recycling:clothes=yes/no 衣服(靴を含む)

Altkleider-Container-HUMANA-Kleidersammlung-grau.jpg Humana-container.jpg Altkleider-Container-HUMANA-Kleidersammlung-weiss.jpg

recycling:coffee_capsules=yes/no リサイクル施設がコーヒーカプセルを扱うことを示します
recycling:computers=yes/no コンピューター
recycling:cooking_oil=yes/no 食用油
recycling:cork=yes/no コルク製品Vieux bouchons liège.jpg
recycling:drugs=yes/no 期限切れの医薬品。
recycling:electrical_items=yes/no 冷蔵庫、食器洗い機などの大型の家電。 (イギリス英語で冷蔵庫、洗濯機、食器洗い機、オーブンなどを表す recycling:white_goods (白物家電) もごらんください; それよりも小さなテレビ、掃除機、電子レンジなどの電化製品については recycling:electrical_itemsrecycling:small_appliances も使います。
recycling:engine_oil=yes/no エンジン油
recycling:fluorescent_tubes=yes/no 蛍光灯
recycling:foil=yes/no アルミホイル・錫ホイル
recycling:food=yes/no 食品廃棄物を減らすためのcommunity fridge
recycling:food_waste=yes/no 肉、骨、乳製品、向いた皮など調理済み・未調理の食品廃棄物。通常、液体や油は受け入れない。園芸廃棄物は受け入れない。
recycling:furniture=yes/no 家具 (ES: mueble)
recycling:gas_bottles=yes/no キャンプ用のプロパンガスやブタンガスのような高圧ガス容器です。これらはふつう、他に捨てることが禁止されています(Coleman's Green Key program を参照)。
recycling:glass=yes/no recycling:glass_bottles=yes を含みますが、より特殊な種類のもの(グラス、窓ガラス、電球、強化ガラス、磨きガラス、耐熱ガラス)を回収する場合の標準はまだありません。なお、ガラスと記されたリサイクル箱はしばしばja:ソーダ石灰ガラスのみを想定しており、こうした特殊なガラスを含めず、むしろrecycling:glass_bottlesとタグ付けされています。
recycling:glass_bottles=yes/no ガラス瓶のみで、他のガラス製品は不可。なおガラスと記された標準的なリサイクル箱は、様々なガラス製品を想定していません。実際にはガラス瓶だけを受け入れることが、勧告や規則に隠されているということが非常によくあります[3]ja:ホウケイ酸ガラスやその他の組成のガラスは除外されており、実質的にはガラス製品、電球、窓ガラス、鏡、メガネ、試薬瓶などは含まれません。
recycling:green_waste=yes/no 堆肥 - 残飯、野菜、果実、たいてい肉は除外する。実質的に recycling:garden_waste=yes/no と同義であり、違いがあるとしてもマッパーや地域によって様々です。
recycling:garden_waste=yes/no 実質的に recycling:green_waste=yes/no と同義であり、違いがあるとしてもマッパーや地域によって様々です。
recycling:hazardous_waste=yes/no 家庭から出る危険物 (ペンキ、化学薬品、アスベストなど)
recycling:hardcore=yes/no おそらくより頻繁に使われている recycling:rubble の重複です。以下参照。
recycling:low_energy_bulbs=yes/no
recycling:magazines=yes/no 雑誌。90%以上の例で recycling:paper=yes と重複していますが、新聞のみを受け入れ紙を受け入れないようにタグ付けされている場所もあります[4]
recycling:metal=yes/no あらゆる種類の金属 - おそらくより頻繁に使われている recycling:scrap_metal と重複しています。以下参照。
recycling:mobile_phones=yes/no 携帯電話
recycling:newspaper=yes/no 新聞。90%以上の例で recycling:paper=yes と重複していますが、新聞のみを受け入れ紙を受け入れないようにタグ付けされている場所もあります[5]
recycling:organic=yes/no バイオガスや肥料にリサイクルされる食料品の残り。Assuming that this tag definition was intended this tag is likely to change meaning, as nothing in its value excludes organic non-food trash.
recycling:paint=yes/no ペンキ
recycling:pallets=yes/no 木製の配送用パレット
recycling:paper=yes/no
recycling:paper_packaging=yes/no 包装紙。90%以上の例で recycling:paper=yes と重複していますが、包装紙のみを受け入れ紙を受け入れないようにタグ付けされている場所もあります[6]
recycling:pens=yes/no 筆記具、通常はプラスチック製のペン
recycling:PET=yes/no これにはふつう、 PET (または PETE: Polyethylene terephthalate)ボトルを含みます。
recycling:plasterboard=yes/no 石膏ボードや漆喰です。
recycling:plastic=yes/no In the UK at least, often centres/containers will distinguish between (broadly) hard plastics (typically ones that shatter), soft plastics (typically bendy food packaging; black food plastic may be an exception), carrier bags, and all other stretchy plastics. Many will accept only a subset of these, so try to pick more specific categories if you can.
recycling:plastic_bags=yes/no ビニール袋
recycling:plastic_bottles=yes/no 通常ペットボトルのみで、他のプラスチック製品は不可。プラスチック瓶を受け入れ、一般のプラスチック製品を受け入れないとタグ付けされている場所がかなりの数(2019年9月時点で6000以上)あります[7]
recycling:plastic_packaging=yes/no その他のプラスチック包装。プラスチック包装を受け入れ、一般のプラスチック製品を受け入れないとタグ付けされている場所がかなりの数(2019年9月時点で4000以上)あります[8]
recycling:plastic_bottle_tops=yes/no プラスチック製のボトル蓋
recycling:PMD=yes/no Plastic packaging, Metal packaging, Drink cartons

ガラスや紙を除く家庭用品の包装物一般。オランダやベルギーで一般的な収集法。

recycling:polyester=yes/no ポリエステル
recycling:polystyrene_foam=yes/no 発泡スチロール。押し出し成型または延圧された発泡スチロール、 Styrofoamであることもあります。
recycling:printer_cartridges=yes/no 以下のもっと詳しい分類もごらんください。すべてのリサイクルセンターがインクとトナーの両方を受け付けているわけではないので、必要ならば区別してください: (e.g. Ross on Wye)
recycling:printer_toner_cartridges=yes/no
recycling:printer_inkjet_cartridges=yes/no
recycling:rubble=yes/no レンガや建設廃棄物; 上の recycling:hardcore もごらんください。
recycling:scrap_metal=yes/no
recycling:sheet_metal=yes/no
recycling:shoes=yes/no
recycling:small_appliances=yes/no
recycling:small_electrical_appliances=yes/no 小型の電気製品。コンピューターのマウスやキーボード、電動ひげそり、携帯ラジオ、ドライヤー、アイロン、電気ケトル、少量の電線など。
recycling:small_metal=yes/no ねじ、チェーン、食器などの小さな金属部品
recycling:styrofoam=yes/no Typically refers to expanded styrofoam, such as styrofoam box or packing material
recycling:tyres=yes/no タイヤ
recycling:tv_monitor=yes/no テレビ
recycling:waste=yes/no 一般的な廃棄物 (black bags) です(リサイクルされないのであれば、このタグではなく amenity=waste_disposalamenity=waste_basket を使ってください)。
recycling:white_goods=yes/no イギリス英語では、冷凍庫、冷蔵庫、洗濯機、食器洗い機、オーブンをさします。テレビや掃除機、電子レンジや小型家電などを含む場合は、上のrecycling:electrical_itemsrecycling:small_appliances のほうが適しているかもしれません。)
recycling:wood=yes/no 木材

よく併用されるタグ

  • operator=* - 責任を持つ組織
  • opening_hours=* - センターの稼働時間や入れ物の利用可能時間をタグ付けするのに役立ちます

Recycling container Underground container Recycling centre
Altglas.jpg
Jt osm recycling underfloor.jpg
WertstoffhofWeitnau.jpg
recycling_type=container recycling_type=container
location=underground
recycling_type=centre

関連タグ

  • amenity=waste_basket - 歩行者が利用しやすいように作られた、ごみを回収するための小さな単独の容器です。
  • amenity=waste_disposal - 中規模のごみ収集箱で、ふつう家庭または産業ごみを集積するための中規模のごみ収集箱にに使います。道路にある場合もありますが、歩行者が利用する目的のものではありません。
  • amenity=waste_transfer_station: ふつう行政や企業が収集したごみをまとめて受け入れ、処理する場所です。
  • landuse=landfill: ごみを埋めて処分する場所です。
  • shop=second_hand: 中古品の販売店。寄贈ボックスで集めたものの販売ということもあります。

関連項目

注釈

  1. recycling:cans=yes だが recycling:scrap_metal=yes や recycling:metal=yes がない場所が2万ヶ所以上に対し、recycling:cans=yes がより一般的なタグと重複している場所は4千ヶ所ほどしかない
  2. About 1k cases of recycling:cardboard=yes without recycling:paper=yes, about 10k cases with both of them, as of September 2019
  3. ポーランドの自治体公社の例 - https://www.facebook.com/mpokrakow/photos/a.226855814675361/349419322419009/?type=3&theater https://ekosystem.wroc.pl/segregacja-odpadow/gdzie-wrzucic/?odpad=szk%C5%82o
  4. 233 without recycling:paper=yes and over 3000 repeating recycling:paper=yes - as of September 2019
  5. 319 without recycling:paper=yes and 3675 repeating recycling:paper=yes - as of September 2019
  6. 202 without paper or explicit recycling:paper=no and 2789 repeating recycling:paper=yes - as of September 2019
  7. http://overpass-turbo.eu/s/Mrx there is also over 5k of location where recycling:plastic_bottles=yes duplicates recycling:plastic=yes, as of September 2019
  8. http://overpass-turbo.eu/s/MrE there is also over 4k of location where recycling:plastic_packaging=yes duplicates recycling:plastic=yes, as of September 2019