JA:Import/Catalogue/Japan KSJ2 Import/Administrative district 2014

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Import/Catalogue/Japan KSJ2 Import/Administrative district 2014
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください

国土数値情報 行政区域データインポート 2014年 計画概要

目的/Goals

日本地域に存在する行政区域データをリプレースすることを目的とします。対象となる行政区域データは、admin_level 4-8です。(都道府県、振興局、郡、市町村、区まで)


インポートの理由/Why imports?

  • 日本の行政区データの多くは、ODbL切り替えの際に破壊されました
  • あるいは過去まったくインポートされた形跡がありません。
  • admin_level 5-8 のポリゴンの多くは作成されていません。 (placeノードだけが存在しています)
  • 過去に行われたインポートには、多くの不要なタグが含まれています。
  • 現存している行政区データは、作成年数が2007年であり、古いデータです
  • 現存している行政区データは、多くがリレーションとして作成されていません。また、いくつかのboundaryのラインデータは欠損しており、手動によるリレーション作成が困難です
  • 現存している行政区データは、タグのスキーマ定義にゆらぎがあります。

そのため、行政区データを再構成するにあたり、過去データのリプレースが最も適切な解であると提案します。

スケジュール/Schedule

例年、5月末ころに、その年のデータがリリースされます。(本年版、要確認)

そのため、実際のインポート作業は6月初旬からを予定しています。

インポートするデータ/Import Data

背景情報/Background

データ提供元サイト: http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N03.html
データのライセンス: http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/other/yakkan.html
ライセンスの種別 (if applicable): "CC BY"に類似。"data.go.jp"からCC BY2.1jaライセンスとしても取得可能。また、データの利用について、2012年にOSMFJが国土地理院の担当者に確認済み。
許諾へのリンク (if required): http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Import/Catalogue/Japan_KSJ2_Import
OSMでの著作権表示 (if required): -
ODbL互換性確認: yes

OSMデータファイル/OSM Data Files

サンプルファイルをここに置く。これから。

インポートタイプ/Import Type

これはワンタイムのインポートです。

いちどインポートが完了すれば、今後市町村の合併が行われた際にも修正は簡単です。

データの準備/Data Preparation

データの容量削減 & 単純化/Data Reduction & Simplification

-

タグ付与計画/Tagging Plans

元々のShapefile/Original Shapefile

column_ref Attribute in Japanese Attribute in English OSM Tagging
N03_001 都道府県名 name of province/prefecture name=* admin_level 4のリレーションに付与 (都道府県)
N03_002 支庁名 name of subprovince (北海道にのみ存在) name=* admin_level 4のリレーションに付与
N03_003 郡政令都市 name of county (郡) / city (市. for some big cities. which has suburb area) name=* admin_level 6のリレーションに付与 (郡)
name=* admin_level 7のリレーションに付与 (市町村)
N03_004 市区町村名 name of municipality (市町村) / suburb (区. for some big cities) name=* admin_level 7のリレーションに付与.
name=* admin_level 4のリレーションに付与. (区)
N03_005 成立年月日 start date of the municipality 使用せず
N03_006 消滅年月日 end date of the municipality 使用せず
N03_007 行政区域コード Reference number of the municipality. 使用せず

Type of admin level

Admin_level 意味 Place タグ
4 province, prefecture (都道府県) place=province
5 subprovince (振興局. 北海道にのみ存在) place=subprovince
6 county (郡) place=county
7 city(市), town(町), village(村) place=city, place=town, place=village
8 suburb(区) place=suburb
  • 詳細とサンプル

https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0ApY7X6fw8sqxdDNjY1FBeG00TlRZSFoxU2xwOHVCb0E#gid=0

リレーションへのタグ/Tags for Relation

サンプルは以下のとおり

type = boundary
boundary = administrative
admin_level = [depends on each area]
name = [Column from Shapefile]
name:ja = [Column from Shapefile]
name:en = [Translation of Column from Shapefile]
name:ja_rm = [Hiragana writing of Japanese, from Column from Shapefile]
name:ja_rm = [Roman writing of Japanese, from Column from Shapefile]
source = KSJ2/N03

ウェイオブジェクトへのタグ/Tags for Way Object

boundary = administrative

変更セットへのタグ/Changeset Tags

source = KSJ2/NO3
source_ref = http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Import/Catalogue/Japan_KSJ2_Import/Administrative_district_2014


データの変換/Data Transformation

ogr2osm スクリプトを利用し、手動にて修正を実施。

変換後のファイルはこちら

データ変換結果/Data Transformation Results

上記参照。

データ統合ワークフロー/Data Merge Workflow

チームアプローチ/Team Approach

インポート自体は、user:nyampireにて実施。

専用アカウントは "KSJ2_adm_bnd_imprt" を用意。

インポート後のデータ整合性チェックも、 user:nyampire にて実施予定。

参考/References

  • 古い行政区データの削除は危険性を伴う。特に、海岸線に影響する可能性がある。そのため、削除後のデータ整合性チェックは必須である。
  • 既に存在している place=* Nodeは、Relationの "label"ロールとして追加される

ワークフロー/Workflow

段階ごとの手順

  1. オリジナルのshapefileを、ogr2osmスクリプトを使って .osmに変換する
  2. OverPassAPIを利用し、過去の行政区ウェイデータ(および、もしあればリレーションも)をダウンロードする
  3. 過去の行政区ウェイデータを削除する (リレーションは残す)
  4. JOSMを使って、新しいウェイデータをインポートする。1回のアップロードは、1つの市町村ごとに実施
  5. 新旧のリレーションを統合する
  6. 1つの都道府県内の市町村がすべてアップロード完了したら、OverPassAPIを使ってそれらの市町村を抽出する
  7. 重なっているウェイを削除し、1本にする
  8. 次の都道府県の作業を行う

変更セットのサイズポリシー

アップロードは、1つの市町村ごとに実施する。手動。

リバート計画

JOSMのリバートプラグインを利用する。

データ統合/Conflation

ワークフロー部分を参照。

品質管理/QA

JOSMの妥当性検証にて、リレーションの構造をチェックする。

OverPass API & Geofabric Japan Extract (およびosmfilter) を利用して、データの抽出を行う。