JA:Key:charge

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg charge
Dollarnote hq.jpg
説明
その施設を利用したりアクセスするのにいくら掛かるか Edit or translate this description.
グループ: Properties
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用可能領域に使用可能リレーションに使用可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

この charge=* は、施設を利用したりアクセスするのに費用がいくらかかるかを指定するのに使います。

大抵は、fee=*toll=* のタグと一緒に用いられます。

用法

提案中の発展的用法

  • charge=[日付][ - 日付][曜日][ - 曜日][時刻][ - 時刻]"額 通貨単位"/"項目";[異なる日付・曜日・時刻・料金]

その料金が有効な日付・曜日・時刻を記述します。このフォーマットは opening_hours=* のフォーマットを踏襲しているべきです。

例:

  • charge = May - October Mo - Sa 8:00 - 16:00 1.5€/2h
    • 「5月から10月」「月曜日から金曜日」「午前8時から午後4時」は2時間・1.5ユーロ
  • charge = 16$/hgv; 8$/motorhome; 6$/motorcar
    • hgv=*は16ドル、キャンピングカーは8ドル、その他の車両は6ドル

opening_hours=*と組み合わせる場合、開いている時間であるにもかかわらずその時間に対して料金が与えられていないと、その時間は無料(charge = 0)となります。無料である時間が存在しないのであれば、マッパーは開いている時間すべてに料金を設定しなくてはなりません。

包括的な料金はより限定的な料金によって上書きされます。例:

  • charge = 10€/person; 6€/child; Su 16:00 - 24:00 4€/child

これは、すべての人が10ユーロを支払わなければならないが、小児は日曜日の16時以降を除いて6ユーロであり、日曜日の16時以降ならば4ユーロとなることを意味します。

類似タグ

  • payment=* は、正確な支払方法を示すのに使います。
  • toll=* は、道路・橋・フェリーその他の道が有料、つまり使用するのに料金を支払う必要のあることを示すのに使います。
  • fee:amount=*fee:price=*price=* はこのタグの異種です。