JA:Tag:aerialway=j-bar

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg aerialway = j-bar
Coldspgs j bar lift.jpg
説明
JバーリフトまたはLバーリフトです。頭上の牽引ロープがスキーヤーや乗客をJ字型の搬器で運ぶものです。 Edit or translate this description.
グループ: 索道
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
含まれる意味
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:事実上の標準

Jバーリフトです。スキーヤーや乗客を牽引する頭上のロープで、JバーリフトやLバーリフトと呼ばれています。長い垂直バーから短い水平バーに曲がった搬器の形が形状からそう呼ばれています。JバーはTバーと似ていますが、乗客を1人しか運べません。

これは Key:aerialway に含まれている、様々なケーブルやワイヤーによるリフトや輸送機器の一種です。 WikiProject Piste Maps も参照してください。

マッピング方法

ケーブルの経路に沿ってウェイ ウェイ を引き、 aerialway=j-bar タグを設定してください。ウェイの方向は上り方向を示すようにしてください。例えば、ウェイを谷の駅から山頂の駅に向けて引きます。

追加の地物

ケーブルの両端の位置にノード ノード を配置してください。これらのノードは aerialway=station とタグ付けした方が良いかもしれません。

もし位置が分かるのであれば、支柱もウェイの途中に aerialway=pylon タグが付いたノード ノード を配置してマッピングすることができます。

類似のタグ

aerialway=drag_lift - この種のリフトのために使われるもっと一般的なタグです。

aerialway=t-bar, aerialway=platter, aerialway=rope_tow - 他の類似の種類の牽引リフトです。