JA:Key:oneway

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg oneway
Oneway schildhb.jpg
説明
一方通行道路は、1つの方向にしか運転が許されていない道路です。 Edit or translate this description.
グループ: 制限
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用可能領域に使用不可能リレーションに使用可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:事実上の標準

oneway タグは、道路やその他の適切な直線状の地物の通行制限を示すために使用します。これは、ウェイが1つの方向にしか使用できないときにこのタグを使用するべきだということです。なお、進入禁止の標識によって一方の側から入ったり、道路のある地点を通過したりすることが禁止されている道路は、自動的に道路全体が一方通行だとみなすべきではありません(道路上で一方通行の標識を探してください)。

詳細な通行制限を追加する場合は、 access=* ページを確認してください。

マッピング方法

通常の使用方法

道路(またはその他の直線状の地物)を一方通行とするには、単に oneway タグを追加します。

なお oneway タグは、 OpenStreetMap に記入された直線状の地物(ウェイ)の方向に関連して定義されます。各 OpenStreetMap エディタでウェイの方向を識別する方法は、ウェイの方向の識別方法で説明しています。

一方通行の方向が描画されたウェイの方向と同じにならない場合、多くの場合はウェイの向きを反転して(エディタの[ウェイを反転]ツール、 JOSMMerkaartorPotlatch にはこのメニューオプションがあります)、 oneway=yes を適用します。もし(非常に)稀なケースで、ウェイの向きが変更できない場合は、 oneway=-1 とタグ付けすることもできます。

道路の一部分だけが一方通行の場合は、ウェイを複数の部分に分割する必要があります。

一方通行制限が含まれるもの

一部のタグ(junction=roundabouthighway=motorway、など)はoneway=yes を含んでいるため、 oneway=yes はオプションです。タグが oneway 値を含んでいる場合、タグのウィキページに書かれています。

oneway = no

oneway=no は道路(の一部)が一方通行ではないことを示すのに使います。(一方通行道路が一般的なエリアのマッピングエラーを防ぐ場合や、デフォルト値を上書きする場合にのみ使用してください。)

サブキー/例外

一方通行はタグの例外を車両の種類別に指定するために使用することができます。つまり、モペッドが一方通行の道路を逆方向に走行できる場合は oneway:moped=no を使用します。自転車の場合(oneway:bicycle=no)特別な扱いとなり、互換性のために cycleway=opposite/opposite_lane/opposite_track が必要となります(値については access=* を、例についてはJA:自転車を参照してください)。

時間による通行制限

oneway=reversible は現在一日の一部の時間だけ一方通行で、他の時間は他の方向の一方通行になるということを識別するために使用されています。 日々の交通状況によって動的に方向が変わる道路でない限り、正確に時刻を定義する場合は、条件付き制限を使用することができます。

データの利用

値の一覧

  • oneway=yes (非推奨の値: "true", "1")
  • oneway=no (非推奨の値: "false", "0")
  • oneway=-1 (非推奨の値: "reverse")
  • oneway=reversible

その他の値が指定された時の解釈は未定義であり、他の値の使用は禁止です。

注: -1の値は、一方通行の方向がウェイの方向と逆方向になった場合のみ必要です。 oneway タグを適用する前に、ウェイの方向を反転させることで解決できることもあります。

経路検索での解釈

oneway タグは(経路検索の目的では)次のように一般化することができます。

つまり、一方通行制限はおそらく歩行者には適用されません。例外的ですが、国によっては歩行者用の道路(pathfootwaytrack)に一方通行が設定されていることがあります。例えば、ハイキングコース(ピーク時の混雑や安全のため)などです。

関連情報