JA:Tag:junction=roundabout

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Tag:junction=roundabout
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Public-images-osm logo.svg junction = roundabout
Kreisverkehr2.jpg
説明
交通が通行できない島の周りを回って、優先的に道路に行ける交差点です。 Edit or translate this description.
グループ: 道路
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
含まれる意味
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

[W] ラウンドアバウト(環状交差点)は中央にある通行できない島(または高架道路の場合は空隙)の周りを回って通行する交差点であり、ラウンドアバウト上の通行が優先されます。ラウンドアバウト自体は、信号機、一時停止標識または道路標示、ゆずれ(或いは徐行)標識または道路標示で制御されません。しかし、バス/路面電車/緊急車両が中央島を通過する特別な通行方法の例外が存在することがあります。

環道上の通行車両が優先権を持たない場合、それはロータリー交差点で、タグ junction=circular を使用する必要があります。

ラウンドアバウトは小さなものから複数の車線を持つ巨大なものまであります。

名称のタグ付け

ラウンドアバウトに名称がある場合は name=* を適用すべきです。この非常に稀な状況を除いては junction=roundabout はタグ name=* を付けるべきではありません。古い fixme=name エラーは無視して削除できます。

マッピング時の重要な考慮事項

junction=roundabout に接続する全てのウェイは別のノードに接続する必要があります。ラウンドアバウトに出入りするウェイは、ラウンドアバウトの同じノードに接続しないでください。これは、経路検索ソフトウェアが正しく動作できるようにするために必要です。そうしないと、経路検索ソフトウェアはラウンドアバウトを正しく認識せず、交差点であると認識します。

誤判別

次の点を区別するために、「誤解の可能性」に注意してください。

  • 環状交差点(ラウンドアバウト) ( junction=roundabout ) — 環道上の通行車両に優先権があります。
  • ロータリー交差点と円形交差点 ( junction=circular ) — 環道上の通行車両に優先権がありません。
  • ミニラウンドアバウト ( highway=mini_roundabout ) — 通常中央島がある場所の上を通過可能なラウンドアバウトのノードにのみ使用します。
  • 転回所 ( highway=turning_circle ) — [W] クルドサック のノードにのみ使用します。
  • 転回道路 ( highway=turning_loop ) — 中央島またはそれに類するものがあるノードにのみ使用します。

マッピング方法

まず、ラウンドアバウトを表す円の形状を描きます。さらに:

  • ラウンドアバウト自体のウェイが交通の流れに沿った方向に描かれている必要があります。
  • ラウンドアバウトのウェイに junction=roundabout のタグを付けます。
  • oneway=yes の意味が含まれています。明示的に追加することは悪くありませんが、必要はありません。
  • ラウンドアバウトに接近する道路を接続します。道路が 2つの車道(1つは合流、1つは分流)に分かれている場合は、明示的にそれらを描き(ラウンドアバウト ではない )車道に oneway=yes のタグを付けます。進入路と退出路を描くときは、正しい方向かどうか注意を払い、ラウンドアバウトではそれぞれ独立したノードを使ってください。
  • また、ラウンドアバウト及び進入路は、接続している道路と同じ highway=* でタグ付けしてください。複数の重要度の異なる道路がラウンドアバウトに接続している場合、最も重要度が高いものを使用し、ラウンドアバウトで起点/終点としないでください。
  • 通過する道路とは別にラウンドアバウトに独立した名前がある場合は name=* のタグ付けをする必要があります。
  • 各道路が個別のノードでラウンドアバウトに接続する必要があります。すなわち、これらのノード間でラウンドアバウトを区切ることが必要です。これにより、このラウンドアバウトを通過する人は安全にラウンドアバウトの区切りを識別して、通過することができます。

サークルのエディタ サポート

JOSM

JOSM でサークルを描くには 2つの方法があります:

  • 閉じたウェイを描き、'o' キーを押すか、メニューの ツール -> ノードを円形に配列 を選択します
  • 2つか 3つのノード(たとえば、ラウンドアバウトにつながるウェイのノードの終点)を選択し、 'Shift + o' を押すか、メニューの ツール -> 円形を作成 を選択します。

Potlatch 2

Potlatch 2 では, 最低 3つのノードと閉じたウェイを描き、ツールバーの 環状にする を使います。

iD

iD では最初に閉じたウェイを描きます。そして、そのウェイを選択して 'o' キーを押すか、ウェイを選択してカーブした黒色のコンテキストメニュー内にある閉じたウェイのイメージがあるボタン(マウスを上に載せると ラインを円状に整形 と表示されます)をクリックしてください。

標識

ラウンドアバウトは通常、例のような標識のどれかで示されています:

大きなラウンドアバウトには、異なる標識(たとえば「前方優先道路」)が使われることがあります。主な原則 - ラウンドアバウト上のトラフィックが優先される - が維持されていれば、ラウンドアバウトとしてタグ付けすることができます。

ラウンドアバウト

次の表は古典的なラウンドアバウトを示しています:それらにはすべて中央に通行できない島があって一方通行であり、ラウンドアバウト内のトラフィックが優先されます。正しく highway=* のタグ付けをするために次のセクションを参照してください。

Kreisverkehr2.jpg Hamilton Roundabout.JPG San Agustin Roundabout A.jpg
New Roundabout - geograph.org.uk - 786383.jpg highway=*
junction=roundabout
Roundabout denmark 0075.jpg
Blackwood roundabout.jpg Mini-roundabout Duckpool Road, Newport - geograph.org.uk - 1435594.jpg Lau Fau Shan Roundabout 2012.JPG

正しい highway タグの選択

次の例ではラウンドアバウトのための正しい highway=* の決定に焦点を当てて、そのためのタグがリストされています。ラウンドアバウトのタグ付けをするときには、必ず junction=roundabout を指定する必要があります。

イメージ highway タグ 仮定 説明
Mapping-Features-Roundabout-Double-Carriageway.png highway=trunk 2車線の国道が一般道路も接続しているラウンドアバウトを通過する。 ラウンドアバウトを通過する国道は最も重要度が高いので、ラウンドアバウト自体も国道としてタグ付けされるべきです。また、ラウンドアバウトに国道を接続するために、両方向に1つずつ、両側に2つのノードを使います。
Mapping-Features-Roundabout-Secondary-Ends.png highway=unclassified 一般県道がラウンドアバウトで終点になっていて、その他の3つの道路が一般道路である。 一般県道が最も高い重要度ですが、ラウンドアバウトで終点になっています。一般道路はラウンドアバウトを通過しているため、この場合はラウンドアバウトも一般道路としてタグ付けされます。
Roundabout-Primary and Secondary.png highway=primary 主要地方道が北から西に接続していて、一般県道が東で、敷地内道路が南で終点になっている。 主要地方道が最も高い重要度であり、ラウンドアバウトで終点になっていません。したがってラウンドアバウトは主要地方道としてタグ付けされます。

誤解の可能性

OpenStreetMapでは、様々な環状または広い道路の地物を記述することがあります。

これらの大きな違いは次の通りです。

  • ラウンドアバウトには優先道路である一方通行の道路と通過可能ではない中央島があります。
  • ミニ・ラウンドアバウトには優先道路である一方通行の道路と通過可能な中央島があります。具体的には、大型車は進行方向に行くためにやむを得ない場合は中央島の上を通過することができるもので、つまり、大型車はラウンドアバウトを通過できない可能性がありますが、ミニ・ラウンドアバウトは同じ方向に通過することができます。
  • ロータリー交差点は通過可能ではない中央島の周囲の一方通行の道路です。環道上の車両は優先権を持つとは限らず、一部または全部の流入路で流入車にゆずる必要があります。
  • 転回所は対面通行の道路で広くなった場所であり、中央島はありません(または、少なくとも完全に通過できる島があります)。中央島がないので、大型車が転回することができます。

とても良くある質問ですが、「違うタグ付けをしても正しく見えるのに、なぜこのタグ付けガイドラインに従うことが重要なのでしょうか?」
答えは次の通りです。地図はすべてではありません。データを処理するアプリケーションがもっとたくさんあり、ルート検索のような場合はこれらのタグが異なる実装になっています。そのため、もし小さいラウンドアバウトをミニ・ラウンドアバウトとしてタグ付けしたり、道路の末端のループを転回所としてタグ付けしたりすると、地図の見かけ上は正しくても、他の利用ができなくなります。そのため、迷わずにそれぞれの場面に合うタグを使用してください。

次の表はよくある場面における推奨されるタグ付けと、一部のあいまいな点を明確にしています。

写真 タグ付け 注釈
San Agustin Roundabout A.jpg 閉じたウェイ
highway=*
junction=roundabout
大きくて通過できない中央島がある、標準的なラウンドアバウトです。
Mini-roundabout Duckpool Road, Newport - geograph.org.uk - 1435594.jpg 閉じたウェイ
highway=*
junction=roundabout


or alternatively

ノード
junction=roundabout
direction=clockwise

小さいですが、ミニ・ラウンドアバウトではありません。大きいラウンドアバウトと同様にタグ付けすることが推奨されていますが、簡単にするためにjunction=roundaboutの単一ノードで表しても構いません。この場合、direction=*タグを指定するべきであり、ラウンドアバウトの結合点に使用すると、既定値はanti-clockwise(左回り)になります。
Mini-roundabout in Staining - geograph.org.uk - 1394614.jpg ノード
highway=mini_roundabout
direction=clockwise
中央に円が描かれているだけの、古典的なミニ・ラウンドアバウトです。direction=*タグを指定するべきであり、ミニ・ラウンドアバウトの結合点に使用すると、既定値はanti-clockwise(左回り)になります。
Erfurts famous miniroundabout 2.jpg ノード
highway=mini_roundabout
大きいですが、ミニ・ラウンドアバウトです。中央島は通過でき、標識がありません。
Kreisverkehr.jpg ノード
highway=mini_roundabout
わずかに盛り上がっているが、完全に通過できる中央島がある、こちらも古典的なミニ・ラウンドアバウトです。
Turning circle, Temple - geograph.org.uk - 1537665.jpg ノード
highway=turning_circle


または、別な方法として

エリア
highway=*
area=yes

この写真は中央に通過できる島がある円形の場所ですが、これはミニ・ラウンドアバウトでもラウンドアバウトでもなく、大型車両が転回できるようにするための転回所です。転回所はどのような形でも良いのですが、決して通過できない島がないということに注意してください。
Junction with central island.jpg ノード
traffic_calming=island
島に惑わされないようにしてください。一方通行や優先道路の表示がないので、交通静穏化のための島がある単なる交差点です。
Kein kreisel IMGP9185 osm.jpg ノード
traffic_calming=island
近くの矢印を見てください。これも交通静穏化のある単なる交差点です。
Turning circle - geograph.org.uk - 991834.jpg 閉じたウェイ
highway=*


またはその他の提案として

ノード
highway=turning_loop

明らかに車両が方向転換する場所です。しかし島があるので、これは転回所ではなく(島があってはいけない)、これはループとしてマッピングするべきです。簡単にするために、単一のノードに追加するhighway=turning_loopタグが現在議論中です。


信号制御のラウンドアバウト

多くの交通量があるラウンドアバウトではそれ自体の交通を信号で制御しています。ラウンドアバウトに進入する交通は、その入り口にある信号のため優先順位の標準的な規則から外れている可能性があります。多くの場合、交差点全体がラウンドアバウトであるように作用させるために、これらのラウンドアバウトにある(交通量が少ない)いくつかの進入路では信号制御されていません(例えば、http://osm.org/go/eu5aUXR98-- )。すべての交差点が信号で制御されている場合でも junction=roundabout を維持しておくことが推奨されます。

ラウンドアバウトではない

Strausberger Platz Berlin Vorfahrt.jpg

サークルに進入する道路の1つに優先権がある場合、それはラウンドアバウトではありません。 この状況ではタグ junction=roundabout は使えません。 また、たとえばドイツ・ベルリンにある Strausberger Platz のように大きい道路と小さい道路は一般的に 1つのノードで鋭角に交差する必要があります。

ハンバーガー ラウンドアバウト (http://en.wikipedia.org/wiki/Roundabout#Hamburger_roundabout) は、スルーアバウトやカットスルーとして知られていますが、その名称にもかかわらずラウンドアバウトではありません。この状況では厳密にいえば、タグ junction=roundabout は使えません。

これらすべての場合において、キー「junction」は必要ではありません。特別なタグ付けはしないでください。

関連するタグ

関連項目