JA:Key:lanes

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg lanes
Dscf0444 600.jpg
説明
自動車交通のために利用できる車線数の合計。 Edit or translate this description.
グループ: 属性
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
関連項目
ウィキデータ
状態:使用中

lanes=* キーは、道路にある全幅の車線の数をタグ付けするのに使用します。道路の個別の車線をタグ付けするには、:lanes 接尾辞についての記事を参照してください。自転車通行帯をタグ付けするには、 cycleway=* を参照してください。

解説

lanes=* キーは道路のバイクより広い自動車交通が利用できる車線の数を指定するために使用します。

以下の車線は含めるべきです。

  • オートバイよりも広い車両に適した一般目的の[W] 車線
  • バスやタクシーなどの公共交通車両(PSV)のために予約された[W] バスレーン。車線の総数に加えて、 PSV 用の車線の数を lanes:psv=*lanes:bus=*lanes:taxi=*でタグ付けしてください。
  • [W] High-occupancy vehicle lane (carpool lanes、commuter lanes、express lanes、transit lanesとも)。このような車線の数は lanes:hov=* を使ってタグ付けします。
  • オランダの[W] spitsstroken やオーストリア、ドイツ、スイスの[W] temporäre Standstreifen などのような、例えばラッシュ時間帯のような制限された時間のみ通行できるその他の車線。
  • 高速道路やその他の主要道路にあるような、長い接続道路。重要ではない道路の右左折車線はふつう含みません。右左折車線のタグ付けについての詳細はturn=* を参照してください。

そして以下の車線は除外するべきです。

  • 減速/加速車線のない簡易な接続道路。つまり、道路が交差点のためだけに広くなっているようなところ。
  • 路上駐車帯。詳細な情報を提供するには parking:lane=* を使用してください。
  • 自転車通行帯。 cycleway=lane タグを使用してください。
  • [W] 路肩。詳細は shoulder proposal を参照してください。

車線の数が変わる場合、 OSM ウェイを分割する必要があります。次のような場合です。

  • 新しい車線が全幅になった時、または
  • 車線が消滅し始めた時(通常は他の車線に合流するとき)

データ利用者への注意事項
多くのウェイでは、すべての地点での車線の総数をタグ付けされておらず、長い区間の走行車線の数のみがタグ付けされています。よって、データの利用者は多くの場合、車線数のタグを正確数ではなく、最小数として扱うことができます。

拡張タグ付け

異なる方向の車線

対面通行の道路の車線が、方向によって同数ではない場合、 lanes タグに加えて lanes:forward=*lanes:backward=* キーを用いることができます。 lanes:forward=* は OSM ウェイの向きと等しい方向の車線数を、 lanes:backward=* は反対方向の車線数を表します。

lanes=* タグは、全体の車線数ではなく各方向の車線数を表すように広く誤用されています。車線数を方向別に記述すれば、潜在的な曖昧さを避けることができます。

追い越し車線や右左折車線のように、双方向に走行できる車線については、現在は lanes:both_ways キーを使えるようにする提案 proposed suffix :both_ways があるだけです。

これらのキーの使い方の例は、以下を参照してください。

特定の車種に予約された車線

特定の種類の車両に予約されている車線の数は、 lanes キーと access=* キーに交通手段を表す接尾辞をつけたものを使用します。例えば、 lanes:bus=1 は1車線がバスに予約されていることを表します。その車線の方向を特定する必要がある場合は、前述のように :forward または :backward の接尾辞をつけてください。つまり、 lanes:taxi:forward=1 は OSM ウェイと同じ方向を向いた1車線がタクシーに予約されていることを表します。

注意! lanes:*= キーの種類はウェイ上で特定の交通手段に予約されている車線のを示すためにのみ使うことができます。ある交通手段がどの車線を通行することに制限されているかを指定することはできません。

たとえば、3車線の自動車専用道路で、大型貨物車が最も右の車線のみに制限されている場合、 lanes:hgv=1 でこれを表すことはできません。(lanes:hgv=1 は大型貨物車のために自動車専用道路の1車線が予約されていることを示し、どの車線であるかは示しません。)

車両における制約は、 :lanes 接尾辞とそのタグ付け方法を使用してタグ付けすることができます。例えば、hgv:lanes=no|no|yes は大型貨物車が最も右側の車線に限定されていることを示します。

特定の時刻や日にだけ適用される制限

特定の時間帯だけに限定されている車線がある場合、条件のタグを追加し、その条件がいつ適用されるのかを示します。

例: lanes:bus:conditional=*lanes:psv:conditional=*

詳しくは 条件付き制限もお読みください。

細い道路

双方向に通行可能であっても幅が狭く、すれ違う際にスピードを落として譲り合わなければならない道路もあります。このような場合は、width=* を用いて車道の幅もタグ付けした上で lanes=* を記入することを強く推奨します (注意: maxwidth と間違えないようにしてください)。幅が大きく異なる場合は、車道の最も狭い幅を指定します。正確な幅を知るのが不可能な場合や困難な場合は、推測値を記入し、次の例のように source:width=estimated を付与します:

 width=4
 source:width=estimated

細い道には、車両がお互いにすれ違えるようpassing places (すれ違い地点) が設けられている場合があります (例をご覧ください)。これらは highway=passing_place でタグ付けします。すれ違い地点があっても車線数は変わりません。

注意: 細い双方向道路を lanes=1.5 でタグ付けするマッパーもいます。discussion on taggingをご覧ください。こういったタグ付けは、データ利用時に正しく処理されない可能性があります。この問題について詳しくは Open Issues の節をご覧ください。

写真 タグ 注釈
Residential.jpg lanes=2 2車線の居住地域内道路。parking:lane=*を使った追加のタグ付けも考慮して下さい。
Dscf0444 600.jpg lanes=2
上下線個々の設定
2本のウェイで表現された、片道2車線双方向の路線。(それぞれにはoneway=yesもつける)
Narrow road.jpg width=4
source:width=estimated
車線の表示がない狭い道路で、推定幅員は4メートル。
Scotland Kinlochewe SingleTrackRoad.jpg ノードにhighway=passing_place すれ違い地点のある道路。
HillsideRdCaversham.jpg
lanes=3
lanes:forward=1
lanes:backward=1

lanes=2
lanes:forward=1
lanes:backward=1
国によって異なる
2車線と中央分離帯。国によって異なり、真ん中の車線には特別な道路制限が適用される場合があります。もし、真ん中の車線が独立した車線だとみなされるならば、提案中の接尾辞 :both_ways を使うことで、タグ付けを lanes=3lanes:both_ways=1 に減らせるかもしれません。上りと下りの車線数は均等に供用され、明示するタグ付けが不要になるためです。
Simpleuklanes middle.jpg lanes=5
lanes:forward=3
lanes:backward=2
OSMウェイは左から右に走行するものとみなす
5本の車線があり、内3本が上り(例: OSMウェイと同じ向き)。左右折車線はturn=*で示すべきです。
Zeitabhängige Busspur.jpg lanes=3
lanes:bus:conditional=1 @ (Mo-Fr 07:00-19:00)
3車線あり、一番右の車線が示された時間にバス専用車線となる場合。一番左の車線の合流は、turn=* キーを使ってタグ付けされるべきです。:conditional 接尾辞の詳説については、条件付き制限の記事をご覧ください。

推定

両面通行の道路において、車線数の合計だけがタグ付けされており、かつその数字が偶数であるときは、上りと下りの両方に均等に車線が割り当てられていると推定されます。

車線数が全く指定されていないときは、以下のように推定されます。

タグ 両面通行における車線数の推定 一方通行における車線数の推定 備考
highway=residential
highway=tertiary
highway=secondary
highway=primary
2 1 この推定と実際の車線数が等しい場合は、通常タグ付けされません。
highway=service
highway=track
highway=path
1 1 この推定と実際の車線数が等しい場合は、通常タグ付けされません。
highway=motorway
highway=trunk
これらは通常上下線を分けてマッピングされるべきです 2車線以上 実際の車線数は常にタグ付けされるべきです。しかし、この推定はデータ利用者にとって有益かもしれません。

提起されている問題

  • 緊急車線や路肩の数は現在指定できません。しかしこれに対応する提案があります。
  • 双方向に機能する車線については現在、提案中の接尾辞 :both_waysしか存在しません。

Displaying the number of lanes

関連タグ

関連項目