JA:Key:traffic_calming

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg traffic_calming
Traffic calming example.jpg
説明
交通の速度を落とすために使用される地物を記述します。 Edit or translate this description.
グループ: 道路
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:承認Page for proposal

交通静穏化(Wikipedia)も参照


交通静穏化は、歩行者と自転車がより安全になるように、自動車の速度を落としたり通行を減らしたりするために、道路に設置された仕組みまたはその他の手法から成っています。

マッピング方法

以下のうちの1つを、 highway=* の区間全体または道路上のノードに追加してください。

よく使われる値

全般または未定義の交通静穏化機器

車両を「上下」に揺するもの

Traffic calming example.jpg
スピードバンプ。(進行方向に対して)約30cm以下の短い隆起物です。区間は道路全体の幅がありますが、左右に自転車が通行するための切込みやすき間が入っていることもあります。(speed bump を参照)
Asphalt Speed Hump.jpg
スピードハンプ。バンプと似ていますが、もっと長いもので、ふつうは(進行方向に対して)全長2~4mです(speed hump を参照)
Kurb Extension Nuffield Street.jpg
中間に平らな部分を持つ長いスピードハンプとして設計されたものです。平らな部分は車のすべての車輪が同時に載るくらいの長さです。ハンプほど速度を落とすものではなく、ふつうは住宅街の道路での速度制限につくられます。 flat top hump または raised pedestrian crossing とも呼ばれます(speed table を参照)。
Rubber speed cushions.jpg
間隔を置いたハンプ、または道路の横断方向に並べられた複数の長方形のハンプです。これは緊急車両やバス(輪距が広いため)、自転車が速度を起こさずに通過できるようになっています(speed cushion を参照)。
North Luzon Expressway Rumble Strips.jpg
道路全体の幅を持つ多数のとても低いバンプ(高くても数cm)が、数メートル間隔で配置されているものです。さほど速度を落とすものではなく、しかし、音が発生して車が揺すられるので、運転者が気がつきやすいものです。車線を外れたときに運転者に警告する同様の機器と混同しないでください(rumble strips を参照)。

車両を左右に蛇行させるもの

One-lane chicane 1.jpg
道路を蛇行して走らなければならないように設置された、意図的に鋭いカーブや連続したカーブです。車両がすれ違えないように、道幅を狭めていることもあります。オーストラリアでは driveway link と呼ばれます(chicane を参照)。
Ferry Road, Eastham, Wirral - DSC03451.JPG
細い道路が、ときどきより細くされているところです。
Trafficcalming-island.jpg
交通島。双方向の交通を一時的に分離する小さい土地です。歩行者が道路を横断するための交通島については、 crossing=islandlanduse=traffic_island を参照してください。

関連項目