JA:Tag:historic=optical_telegraph

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg historic = optical_telegraph
Telegraf-flittard.jpg
説明
腕木式信号システム Edit or translate this description.
グループ: 史跡
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

腕木式信号機は、情報を回転する開閉装置(別名 brade や paddle)が付いた塔を使って伝えるシステムです。

例えば、プロイセンの腕木式信号システムは、ベルリンとライン県の間で1832~1849年の間に通信システムとして使われました。統治や軍事のメッセージを、550キロメートル(340マイル)近くの距離で伝えることができました。通信線は62のステーションを含んでおり、それぞれがケーブルで操作する6本の腕木がついた柱を備えていました。

ウィキペディアによれば、この地物を持っていた国は以下の通りです。 フランス、スウェーデン、イギリス、プロシア、ポルトガル、スペイン、デンマーク、ロシア、アメリカ、カナダ、エジプト、インド

マッピング方法

中央に ノード を配置するか、建造物の輪郭をエリア エリア で描くかしてください。

併用されるタグ

壊れた腕木式信号機は、代わりに以下のものを使ってください。

レンダリング

  • Geschichtskarte Optical telegraph.png

関連項目