JA:Tag:man_made=survey_point

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Tag:man_made=survey_point
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Public-images-osm logo.svg man_made = survey_point
Trig Point near Wootton Wawen.jpg
説明
測量標。三角点、水準点、その他の測量士が使う固定された標識。 編集
グループ: Man made
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用不可能use on relations unspecified
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

測量標は三角点、水準点、その他の測量士が使う固定された標識です。例えば電子基準点もあります。これらの点はふつう、固定した位置にあり高度が知られており、古い形態の測量に使われています。

三角点 および 水準点 も参照してください。

マッピング方法

三角点の位置にノードを追加し、 man_made=survey_point を使用してください。 name=* を使って名称を追加し、 ref=* を使って管理番号を追加し、 ele=* を使って高度を追加することができます(高度の参照システムを意識してください!)。

レンダリング案

Man made survey point.svgUser:Chrisana13 による提案)

イギリスの三角点の例、 ref=S8325 でタグ付け

追加のタグ

注: これらの値をタグ付けする場合は、別なキーを使用したほうが良いでしょう。たとえば、 survey_point=triangulationsurvey_point:type=triangulation などです。 type=* をリレーション以外で使わない方がよい理由について、詳しくは type=* を参照してください。

  • 複数の観測点が1つのものを共用している可能性があり(例えば、三角点と水準点を兼ねている場合など)、そして survey_point=* にセミコロン区切りのリストを入れるような、1つのキーに複数の値を入れることを避けるために、1つのノードにきれいに共存できる triangulation_point=yesbenchmark=yes のようなものを使ったほうが良いかもしれません。