JA:Tag:man_made=wildlife_crossing

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg man_made = wildlife_crossing
Cerviduct.jpg
説明
動物が人為的な障害物を安全に横断できるようにするための構造物です。 Edit or translate this description.
グループ: 人工物
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
状態:使用中

ウィキデータ

Wikipedia (英語)によれば、 Wildlife crossing は、動物が人為的な障害物を安全に横断できるようにするための構造物です。ふつう、両側に一連の柵が併設されています。これによって生息地間を接続し、自動車と動物の接触事故を避けるのに役立ちます。

マッピング方法

地面全体をエリア エリア で描き、 man_made=wildlife_crossing を追加して下さい。

併用されるタグ

エコダクト

Ecoduct.jpg Mf way.png エリア ウェイ/エリア
man_made=wildlife_crossing
bridge=yes
layer=1
name=*
コメント:
  • エコダクトは動物向けの高架橋です。
  • 自然の表面を持った橋のように見える構造物です。
  • 橋の両端にある坂は橋の一部ではありません。坂は embankment=* としてタグ付けします

トンネル

Bear underpass écoducOurs.jpg Mf way.png エリア ウェイ / エリア
man_made=wildlife_crossing
tunnel=yes
layer=-1
name=*
コメント:
  • 両生類や小動物などが使う地下を通るトンネルまたはチューブです。
  • 大きい地下トンネルは、大きい動物(特に熊)が使うこともあります

魚道

Cmglee Uppsala fish ladder.jpg Mf way.png way
waterway=fish_pass
name=*
コメント:
  • 魚道と呼ばれています。
  • 魚が障害物を超えられるようにするための、階段状に並べて作られたプールです。
  • 魚道(Wikipedia) を参照。

バットブリッジ

Batbridge.jpg Mf way.png way
man_made=wildlife_crossing
wildlife_crossing=bat_bridge
コメント:
  • 幹線道路を渡る門状または一覧のワイヤーです。
  • Bat Bridge(Wikipedia) を参照