JA:ウェブサイトの多国語化

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search

Webサイトは国際化されています!本当にやっと!OpenStreetMapは、世界中の人から驚くべき関与を受けている真のグローバルプロジェクトですが、今、webサイトは多くの言語で記述されるようになりました!

翻訳方法

翻訳のためにtranslatewiki.netを使用しています。そこに行ってアカウントを作成して、使用している言語にOpenStreetMap webサイトの翻訳開始を作成してください。また、現在の翻訳状況を見る事もできます。

技術的詳細

YAML形式のテキストが、The Rails Portのgitリポジトリのconfig/locales以下にチェックインされています。誰でもウェブサイトの様々な部分の翻訳を提供できます。Committing to the rails portを参照してください。yamlファイルはこちらから参照することができます。

クレジット

In 2008 Arindam Ghosh kicked off the efforts in earnest with is Google Summer of Code project. See Website Internationalization Ideas 2008

More recently Shaun McDonald figured out main i18n code now in use. This was based partly on Arindam Ghosh's work, and taking into account some new internationalization features of Ruby on Rails.

The website finally went multi-lingual after much hacking at the London Hack Weekend May 2009, with various people working on converting rails views, and the usual suspects (Tom Hughes) debugging and deploying. blog post

Ævar Arnfjörð Bjarmason has done a lot of work after the branch was merged on making the missing bits translatable. E.g. adding parameters instead of using message concatenation. He also worked on the merging to Translatewiki.net.

関連項目