JA:Open Historical Map

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Open Historical Map
· Afrikaans · Alemannisch · aragonés · asturianu · azərbaycanca · Bahasa Indonesia · Bahasa Melayu · Bân-lâm-gú · Basa Jawa · Basa Sunda · Baso Minangkabau · bosanski · brezhoneg · català · čeština · corsu · dansk · Deutsch · eesti · English · español · Esperanto · estremeñu · euskara · français · Frysk · Gaeilge · Gàidhlig · galego · Hausa · hrvatski · Igbo · interlingua · Interlingue · isiXhosa · isiZulu · íslenska · italiano · Kiswahili · Kreyòl ayisyen · kréyòl gwadloupéyen · Kurdî · latviešu · Lëtzebuergesch · lietuvių · magyar · Malagasy · Malti · Nederlands · Nedersaksies · norsk bokmål · norsk nynorsk · occitan · Oromoo · oʻzbekcha/ўзбекча · Plattdüütsch · polski · português · română · shqip · slovenčina · slovenščina · Soomaaliga · suomi · svenska · Tagalog · Tiếng Việt · Türkçe · Vahcuengh · vèneto · Wolof · Yorùbá · Zazaki · српски / srpski · беларуская · български · қазақша · македонски · монгол · русский · тоҷикӣ · українська · Ελληνικά · Հայերեն · ქართული · नेपाली · मराठी · हिन्दी · भोजपुरी · অসমীয়া · বাংলা · ਪੰਜਾਬੀ · ગુજરાતી · ଓଡ଼ିଆ · தமிழ் · తెలుగు · ಕನ್ನಡ · മലയാളം · සිංහල · བོད་ཡིག · ไทย · မြန်မာဘာသာ · ລາວ · ភាសាខ្មែរ · ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ ⵜⴰⵏⴰⵡⴰⵢⵜ‎ · አማርኛ · 한국어 · 日本語 · 中文(简体)‎ · 中文(繁體)‎ · 吴语 · 粵語 · ייִדיש · עברית · اردو · العربية · پښتو · سنڌي · فارسی · ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Ohm logo small.png

Open Historical Map (OHM) (http://www.openhistoricalmap.org) は、 OSM の基盤を利用して、世界中を対象とした詳細な、過去の地図を作成しようというプロジェクトです。 OHMでは、通常OSMが排除している情報に焦点を当ててマッピングします。具体的には、過去の岸辺や政治的境界線、建物、道路などです。将来的に、詳解された議論の結果や、開催されたイベント、人々、位置が動く可能性がある地物など、他の活動もマッピングすることを視野にしています。

注意: OpenSeaMap などのような他プロジェクトと異なり、 OHM は OSM から完全に独立した自分のデータベースを使用しています。

初期のドラフトOpen Historical Map/FAQが利用できます。

OHMプロジェクト

Open Historical Map/Projectsの一覧。

OHMの編集

OpenHistoricalMapのデータはiD 及び Potlatchの両方でオンラインから編集できます。iDエディタはOHMのウェブサイトに組み込まれています。

JOSMを使う場合は、API接続パラメータを変える必要があります(デフォルトのチェックを外す): http://www.openhistoricalmap.org/api/ を使用(OSMサイトのようにhttpsではなくhttpであることに注意)。

マッピング方法

タグ付け

start_date=* 及び end_date=*

地物に対して「開始日付」かつ/または「終了日付」を適用します。形式はISO 8601フォーマットのYYYY-MM-DD

実際の日付が不明な場合には、単に年を入れてください。例:start_date=1925 。

例:

  • 1901-01-20
  • 1902-12
  • 1878
  • before 1910-01-20 (指定した日付 - 撮影日など - の前)
  • 1900..1925 (between 1900 and 1925)

画像のトレース

タイルサーバーのURL例: http://nls-3.tileserver.com/nls/8/128/79.jpg この情報源からのURLテンプレート: http://nls-3.tileserver.com/nls/{z}/{x}/{y}.jpg

JOSM - WMS Server、Tile Servers、ローカルの画像が使えます。詳細はJOSM Imagery Guide参照。

iDエディタ - レイヤーパネルを開いて、「カスタム」をクリックして正しいタイルURLテンプレートを貼り付けます。

より詳細なメモ

地物のタグ付けの細部についてはComparison of life cycle conceptsを、とりわけdate namespace接頭辞とlifecycle prefixを考慮したほうが良いでしょう。

Google Summer of Code での提案

OSMツールのスタックに時間軸の柔軟性があれば、Wikimaps, OSM, OHM, Wikimedia areaなどにある多数のプロジェクトが恩恵を受けるでしょう。これにより、様々な年代の複数の情報源からレイヤーを利用することで、私たちはプロジェクトをまたいでデータを利用できるようになるでしょう。次のようなプロジェクトがあります:

  • マッピング方法のデザイン
  • iDThe Rails Portを拡張し、javaScriptの時間/日付スライダーを追加して興味のある期間をコントロールできるようにする。
  • iDThe Rails Portを拡張し、メタデータのフックをコードに追加して、両ソフトウェアをカスタマイズしてデプロイできるようにする。その狙いはデータソース全般を利用し続ける一方で、(中世の歩道の編集といった)あるアプリケーションに対する専用のユーザー・インタフェースとしての利用をサポートするためです。

データの利用

OpenHistoricalMapデータの利用に関しては様々なやり方があります。

小さなスケールでは、JOSMを使ってデータをダウンロードできます。より大量のあるいは広いエリアのダウンロードには別のやり方が現在2通りあります:

法的な帰属に対するこちらのページも参照:

短期の計画

提案中のキー値

関連するOSMプロジェクト

  • OSM-4D (詳しくは、英語版のトップページにあるドイツ語版へのリンクを参照してください)
  • Historic - 一般的な歴史的地物についての OSM Wiki ページ
  • Proposed_features/historic_event - OSM データベースでイベント情報を記載するためのタグ提案(提起は棄却済み)
  • Historic Objekts - OSM を基盤とした歴史地図
  • HistOSM - OSM を基盤とした歴史地図。ハイデルベルグ大学外の配置。

会話の窓口

OHM関連のマッシュアップ

関連項目