JA:Open Historical Map

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Open Historical Map
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Ohm logo small.png

Open Historical Map (OHM) (http://www.openhistoricalmap.org) は、 OSM の基盤を利用して、世界中を対象とした詳細な、過去の地図を作成しようというプロジェクトです。 OHMでは、通常OSMが排除している情報に焦点を当ててマッピングします。具体的には、過去の岸辺や政治的境界線、建物、道路などです。将来的に、詳解された議論の結果や、開催されたイベント、人々、位置が動く可能性がある地物など、他の活動もマッピングすることを視野にしています。

注意: OpenSeaMap などのような他プロジェクトと異なり、 OHM は OSM から完全に独立した自分のデータベースを使用しています。

初期のドラフトOpen Historical Map/FAQが利用できます。

OHMプロジェクト

Open Historical Map/Projectsの一覧。

OHMの編集

OpenHistoricalMapのデータはiD 及び Potlatchの両方でオンラインから編集できます。iDエディタはOHMのウェブサイトに組み込まれています。

JOSMを使う場合は、API接続パラメータを変える必要があります(デフォルトのチェックを外す): http://www.openhistoricalmap.org/api/ を使用(OSMサイトのようにhttpsではなくhttpであることに注意)。

マッピング方法

タグ付け

start_date=* 及び end_date=*

地物に対して「開始日付」かつ/または「終了日付」を適用します。形式はISO 8601フォーマットのYYYY-MM-DD

実際の日付が不明な場合には、単に年を入れてください。例:start_date=1925 。

例:

  • 1901-01-20
  • 1902-12
  • 1878
  • before 1910-01-20 (指定した日付 - 撮影日など - の前)
  • 1900..1925 (between 1900 and 1925)

画像のトレース

タイルサーバーのURL例: http://nls-3.tileserver.com/nls/8/128/79.jpg この情報源からのURLテンプレート: http://nls-3.tileserver.com/nls/{z}/{x}/{y}.jpg

JOSM - WMS Server、Tile Servers、ローカルの画像が使えます。詳細はJOSM Imagery Guide参照。

iDエディタ - レイヤーパネルを開いて、「カスタム」をクリックして正しいタイルURLテンプレートを貼り付けます。

より詳細なメモ

地物のタグ付けの細部についてはComparison of life cycle conceptsを、とりわけdate namespace接頭辞とlifecycle prefixを考慮したほうが良いでしょう。

Google Summer of Code での提案

OSMツールのスタックに時間軸の柔軟性があれば、Wikimaps, OSM, OHM, Wikimedia areaなどにある多数のプロジェクトが恩恵を受けるでしょう。これにより、様々な年代の複数の情報源からレイヤーを利用することで、私たちはプロジェクトをまたいでデータを利用できるようになるでしょう。次のようなプロジェクトがあります:

  • マッピング方法のデザイン
  • iDThe Rails Portを拡張し、javaScriptの時間/日付スライダーを追加して興味のある期間をコントロールできるようにする。
  • iDThe Rails Portを拡張し、メタデータのフックをコードに追加して、両ソフトウェアをカスタマイズしてデプロイできるようにする。その狙いはデータソース全般を利用し続ける一方で、(中世の歩道の編集といった)あるアプリケーションに対する専用のユーザー・インタフェースとしての利用をサポートするためです。

データの利用

OpenHistoricalMapデータの利用に関しては様々なやり方があります。

小さなスケールでは、JOSMを使ってデータをダウンロードできます。より大量のあるいは広いエリアのダウンロードには別のやり方が現在2通りあります:

法的な帰属に対するこちらのページも参照:

短期の計画

提案中のキー値

関連するOSMプロジェクト

  • OSM-4D (詳しくは、英語版のトップページにあるドイツ語版へのリンクを参照してください)
  • Historic - 一般的な歴史的地物についての OSM Wiki ページ
  • Proposed_features/historic_event - OSM データベースでイベント情報を記載するためのタグ提案(提起は棄却済み)
  • Historic Objekts - OSM を基盤とした歴史地図
  • HistOSM - OSM を基盤とした歴史地図。ハイデルベルグ大学外の配置。

会話の窓口

OHM関連のマッシュアップ

関連項目