JA:河川

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Rivers
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Logo. 地物 : 河川
One example for 地物 : 河川
説明
河川は自然の水が流れる経路です。ふつうは真水で、海や湖や他の川に向けて流れます。
タグ

[W] 河川は自然の水が流れる経路です。ふつうは真水で、海や湖や他の川に向けて流れます。

マッピング方法

illustration of the several involved ways in river mapping

線形のウェイ

主な記事:JA:Tag:waterway=river

どの河川も、 waterway=river としてタグ付けされた ウェイ JA:ウェイ(図の way 4)を、川が流れる方向に(つまり、源流から海に向けて)描く必要があります。できれば、谷底(thalweg)または河床の最も深いところに沿って配置してください。正確な位置を特定するのは難しいので、ふつうは正しい経路に沿ってできるだけ正確な位置に配置して構いません。

水のエリア

主な記事:JA:Tag:waterway=riverbank
主な記事:JA:Tag:water=river

大きいか、または水域や河岸のマッピングが必要とされるほど十分広い河川については エリア JA:エリアを使ってマッピングすることができます。 例えばCentral London(ロンドン中心部)を流れるようなRiver Thames(テムズ川)などです。

小さい河川については河岸をマッピングする必要はありませんが、特に何か不思議な特徴があれば、それをマッピングすることは意味があるかもしれません。

河川は河岸に沿って エリア JA:エリアとしてマッピングされるべきです。実際には川は長いほど広くなる傾向にあるので、エリアを組み合わせてマッピングすることになるでしょう(上図における way 1と way 3)。

これらの水域はwaterway=riverbankか、もしくはnatural=water + water=riverとしてタグ付けされるべきです。

waterway=riverbankによるタグ付けはすでに廃止(deprecated)されており、natural=water + water=riverによってタグ付けを行うことが好ましいのですが、依然としてwaterway=riverbankは広く使われており、マッパーの中にも未だに好んで利用している人もいます。

禁止事項

中州

もし中洲が数個しか存在していなければ、水域エリアを中洲で終わらせ、中洲以外のところから新しく水域エリアを設定します。

もっと複雑な場合にはmultipolygonリレーションを使用して、中洲と河岸を河川のリレーションに含める必要があります。メインの河岸のJA:ウェイ(上図 way 1)をouterに、中洲のウェイ(上図 way 2)をinnerに設定します。

河川のエリア全体に対するマルチポリゴンリレーションの使用

Another way to tag those large rivers using multipolygon relations would be to create only one relation for the whole river. This avoids the need to create arbitrary cuts along the river. However, longer rivers mapped with that approach cause problems for some data users. As multipolygons for the entire river offer no tangible advantages, but place an unnecessary burden on data consumers, they should not be used. Use multiple small multipolygons instead. (See discussion)

河川の合流

River crossing simple.svg

Linear way: The two blues ウェイ ways should always get the tag waterway=river. Also ensure they are connected. This could be important for boat routing or other river connection analysis.

River area: On this example, the lower river is the larger one. The two エリア areas and are tagged waterway=riverbank or natural=water+water=river. They have a shared section.

河川の水位の変化

多くの河川は時間によって水位が大きく変化するため、陸と水域のはっきりした境界を決めてマッピングすることは困難です。どのような水位状態を参照するかということに関する合意はコミュニティで得られていませんが、いくつか参考になるガイドラインは以下のとおりです。

  • 潮汐変動に伴う水位の変化がある河川の場合は高潮時の水位でマッピングするべきでしょう。(natural=coastline 参照)
  • 顕著な洪水期間がないような河川で、潮汐変動が大きい河川の場合は、低水位よりも高水位を基準にしてマッピングするべきでしょう。
  • モンスーンや融雪などによる比較的短期間な季節性の増水が見られるものの、年間のほとんどは一定して水位が低いような河川の場合、増水時の水位をもとにマッピングを行わない方がよいでしょう。この場合、経験的にはある年における全月の最大水位の中央値をもってマッピングするのが適切だと思われます。またProposed features/floodplainJA:Key:flood_prone(洪水になりがちなウェイまたはエリア)のようなタグ付けを行うことが考えられます。
  • 年間を通じてほとんど一定の水位を持つ河川の場合は、水位が実際より低くなっている乾季においても、川床がはっきり見えることによって河川の大きさがわかる場合があります。
  • 涸れ川やワジなどの水が断続的にしか存在しない河川の場合は、乾いていない状態における範囲をマッピングし、intermittent=yes のタグ付けを行うことが適切です。また灌漑やその他の理由によって河川の水が利用されることで、雨季であっても川床が水で満たされない場合があることに注意すべきです。

一般的にこれらのマッピングは、もっとよりよいデータ(理想的には河川付近に住んでいる現地観測者によるもの)があればそれに従うべきです。衛星写真からマッピングを行う場合、写真から読み取れるものに基づいてもっとも適切なマッピングを行うことが許容されます(例えば下の画像に示すように、土砂の見えているところから、他の流出した部分の土砂の位置を推定すること)。また衛星写真からマッピングを行う際には、実地調査によるマッピングによる情報を上書きしてしまうことがないように注意してください。

河川の島や中州

一般的には変化が早く、恒久的に存在するわけではない島(砂州)についてはマッピングしません。河川の島を覆う植生によって、その島の恒久的な存在が示すことができる場合がありますが、植物に覆われていなくても数年存在するような島の例もあるため、誤解しないようにするべきです。航空写真や衛星写真によってマッピングをする際には、異なる年の画像を比較するとよいでしょう。

Make river landsat.png

通行制限

Restrictions go on the central way tagged with waterway=river.

河川のマッピングのヒント

This describes how to use the "create parallel way" tool in Potlatch 2 to create a riverbank from a river. This method works best when mapping a section of river that has a consistent width and each side of the riverbank is nearly identical in shape.

  • Create a waterway=river down the middle of the river
  • Select a section of the river that has a consistent width
  • Select the parallel tool or type "p"
  • Adjust the new parallel way's distance from the original way so the new way is half the width of the river (zooming in helps)
  • Create a parallel way on the opposite side of the original river
  • Label both new ways identically as waterway=riverbank
  • Connect the ends of each new riverbank to create a closed loop
  • Use the "merge ways" tool to merge these into a single way representing the riverbank area.

関連項目