JA:Bing 地図

From OpenStreetMap Wiki
(Redirected from JA:Bing Maps)
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Bing Maps
· Afrikaans · Alemannisch · aragonés · asturianu · Aymar aru · azərbaycanca · Bahasa Indonesia · Bahasa Melayu · bamanankan · Bân-lâm-gú · Basa Jawa · Basa Sunda · Baso Minangkabau · bosanski · brezhoneg · català · čeština · corsu · dansk · Deutsch · eesti · English · español · Esperanto · estremeñu · euskara · français · Frysk · Gaeilge · Gàidhlig · galego · Hausa · hrvatski · Igbo · interlingua · Interlingue · isiXhosa · isiZulu · íslenska · italiano · Kiswahili · Kreyòl ayisyen · kréyòl gwadloupéyen · kurdî · Latina · latviešu · Lëtzebuergesch · lietuvių · Limburgs · magyar · Malagasy · Malti · Nederlands · Nedersaksies · norsk · norsk nynorsk · occitan · Oromoo · oʻzbekcha/ўзбекча · Plattdüütsch · polski · português · română · shqip · slovenčina · slovenščina · Soomaaliga · suomi · svenska · Tagalog · Tiếng Việt · Türkçe · Türkmençe · Vahcuengh · vèneto · walon · Wolof · Yorùbá · Zazaki · isiZulu · српски / srpski · авар · Аҧсшәа · башҡортса · беларуская · български · қазақша · Кыргызча · македонски · монгол · русский · тоҷикӣ · українська · Ελληνικά · Հայերեն · ქართული · नेपाली · भोजपुरी · मराठी · संस्कृतम् · हिन्दी · অসমীয়া · বাংলা · ਪੰਜਾਬੀ · ગુજરાતી · ଓଡ଼ିଆ · தமிழ் · తెలుగు · ಕನ್ನಡ · മലയാളം · සිංහල · བོད་ཡིག · ไทย · မြန်မာဘာသာ · ລາວ · ភាសាខ្មែរ · ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ · አማርኛ · 한국어 · 日本語 · 中文(简体)‎ · 中文(繁體)‎ · 吴语 · 粵語 · ייִדיש · עברית · اردو · العربية · پښتو · سنڌي · فارسی · ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Bing logo (2013).svg

Bing 地図プラットフォーム (以前の「Microsoft Virtual Earth」)は、 Microsoft の Bing 部門が運営するオンラインの地図プラットフォームです。プラットフォームには地図タイル、地図埋め込み API 群、経路検索などが含まれます。これは、第三者の地理データ提供者による様々な私有のデータセットを利用しており、利用は著作権の制約に阻まれています。しかし、

Bing Maps は OpenStreetMap との協力について、様々な方法を模索しています。

Bing 航空写真

Potlatch 2 による Bing 画像、 'Background' ドロップダウン設定で利用可能。デフォルトでは 'dim' の印が付いており、画像をぼんやりした色で表示しています

2010年11月に、 Bing が OpenStreetMap のコンテンツを作成する目的で、航空画像をトレースすることを許可したと発表されました([1][2])。なお、 Bing 地図の合法的な利用は、 OSM を自分自身で描く(つまり「トレースする」)際に航空写真レイヤーを背景として使用することのみです。他の Bing 地図の情報(通り名、ストリートビューなど)は、合法的な利用ではありません。

詳しくは Bing license.pdf を参照してください。

エディタでの使い方

  • よく使われているエディタ(アルファベット順):
    • iD – 既定で Bing が開きますが、右側のアイコンから「Bing aerial imagery」を選択することもできます
    • JOSM – [画像]メニューから[Bing]を選択してください
    • Potlatch 2 – 既定で Bing が開きますが、[背景]ドロップダウンから「Bing」を選択することもできます。輝度向上をやめることもできます。
  • 他のエディタ:

sourceタグ

source=Bing を使用してください。また、使用する際には、修正したそれぞれのオブジェクトではなく、変更セットにタグを付与してください。(これは OSM の規約であり、 Bing の要求事項ではありません。)

エディタによっては、自動的に変更セットの中に sourceタグを埋め込むものがあります(データの作成や修正、削除などを行った時に表示していた背景画像が記載されます)。変更セットとそれらのタグは、あらゆるOSMオブジェクトのバージョンとリンクされ、オブジェクトの変更履歴に記録されます。 This allows sourcing the deletion (something not possible when tagging only core OSM objects).

カバー率と年度

このツールを使うことで高解像度の写真のカバー率を評価することができます。高解像度のタイルがあるかどうかを確認するには、ズームレベル14以上にズームインすると、画像を利用することができることを示す緑と赤のタイルが各ズームレベルで表示されます。議論を参照してください。

Bing imagery analyzer for OSMリンク)を使用して画像の年度を表示させることができます。ズームを変更すると、各ズームレベルにおける画像の年度を表示することができます。議論を参照してください。

カバー率の有効なエリアを見つけたりドキュメントに協力したりするには、 Bing Maps/Coverage も参照してください。

精度

低レベルのズームのときBingの画像がずれているかもしれないことに注意してください。つまり、配置はズームレベルを通じて同じではないということです。あるズームでは、正しく配置されていたり、別の位置では誤って配置されていたりします。これはYahooなどのように、表示倍率に関わらず同じだけずれて配置される他の画像ソースとは異なります。これは世界中の様々な場所において事実です。

高度が異なるエリア(山、丘、橋)はこの傾向がより強いようです、これは画像は常に正確に90度の角度で撮られている訳ではないということを示しています。その結果として、同じ高さのオブジェクト(平らなエリアのグラウンドレベル)は全く正確である一方で、高(土手、橋、建物)低(カッティング)差のあるオブジェクトはややズレているでしょう。

地域のエリアの画像位置を調整するには、 GPS 軌跡、正しい位置にある他のOSMデータ、他の正しい位置の画像(もしあれば)を使用してください。

精度関連の議論

ドイツの軍事エリアにおける2012年の検閲

2012年1月末に、 Bing はドイツ政府の要請を受けて、多くのドイツの軍事基地をぼかしました。これらのエリアの区域はドイツ政府からマイクロソフトに指示されたものです。ぼかされたエリアは完全に landuse=military の区域と一致していることから、これらの平面は OpenStreetMap からエクスポートされた可能性があります。

詳細情報は Bing/2012 Germany Military Blurring に集約しています。

このウィキでの利用

Bing航空写真をオープンなライセンスのもとで公開することはできません。そのため、画像ページには以下のテンプレートを使い、法的な状況について注記を行うようにしてください。

詳しくは こちらの議論を参照してください。

参考情報

Streetside imagery

Interactive Bing Streetside viewer embedded in the iD editor

In June of 2018, Bing Streetside was added to the iD editor.[1][2] Street-level photos in iD are the same as ones visible on free-as-in-beer map offering.[3].

See the German Forum topic for further discussion (automatic english translation)

Terms, Clarifications

The general Bing Map licence terms now include specific clauses relating to OpenStreetMap. Specifically in section 2:

  • 2. What rights do I have? The rights that you have under this agreement are limited solely to aerial imagery use in a non-commercial online editor application of OpenStreetMap maps (an "Application"). We require you use access credentials to use the service and require use of transaction tracking and/or session tracking methods for all uses of the service, as described in the applicable SDKs.
  • Further, we grant you the limited right to use Street Side imagery provided by the StreetSide API in read-only format solely as an additional source of corroborating ground truth within OpenStreetMap editing environments. You may not use the StreetSide API to extract StreetSide imagery or for any other use.

Microsoft (in the form of Jubal Harpster, who works on Bing Maps at Microsoft) clarified some points on the iD GitHub issue.

Question 1: “The ToU states that the use is limited to "non-commercial online editor application"(s). The original letter has similar wording. In any case it would be good to have a clarification on "non-commercial": is this intended to apply to both offering editing as a service contingent on having an account/contract and products that need to be purchased. For example does it exclude the iD instance run by Strava and the SketchUp plugin for OSM that has recently become available, or is the intent something else?”

Microsoft’s Answer: Microsoft considers an iD/JOSM or other open source OSM editor run by a commercial company for the sole purpose of contributing to OSM to be non-commercial use. Any software available for purchase, even in a free tier, that features Streetside imagery integration would be a commercial use, and integrating Streetside imagery into such software would not be allowed. A partner seeking to integrate Streetside imagery in to a commercial product should enter in to a commercial licensing arrangement with Microsoft.

— Microsoft, [3]

Question 2: "online": is the intent to limit the availability to browser embedded editors (the would exclude at least JOSM, Vespucci and Merkaartor), or is the intent to not allow caching of the imagery (which would again would exclude at least those three editors, but could be avoided with special casing), or, again, is the intent something else?”

Microsoft’s Answer: The word “online” is not intended to exclude the use of desktop OSM editors.

— Microsoft, [4]

Question 3: “What are the intents behind the restriction of only letting it be used as a "corroborating ground truth" source? This is substantially different from Bing imagery, which is routinely used by mapping parties where there aren't other sources to confirm. With these terms, editing software will have to be very careful to describe how StreetSide can be used to make sure someone doesn't map solely from it.”


Microsoft’s Answer: Microsoft’s intent for incorporating Streetside imagery in to OSM editing environments is that it be used as an additional corroborating source of ground truth for validating, updating and creating contributor edits to OSM. There is no place where Streetside imagery exists and corroborating sources (Digital Globe Premium, Esri World Imagery, Mapbox Satellite, Bing Imagery, etc), do not also exist. Clarifying Sample scenarios:

1. An OSM Contributor traces a sidewalk on top of Bing imagery using the iD editor. The sidewalk is partially obscured by trees in the imagery so to improve the spatial accuracy the Contributor refers to Streeside for verification. This is a valid use of the Streetside imagery

2. Contributor 1 uses Esri World Imagery to trace a road and adds a tag surface=paved. Contributor 2 refers to the Streetside imagery and verifies that the road is actually bricks and updates the tag to surface=paving_stones. This is a valid use of the Streetside imagery

3. An OSM Contributor is updating their local neighborhood referring to Bing Imagery and realizes there are a number of stop signs missing from OSM that are clearly visible in the Streetside imagery. The Contributor updates OSM with additional highway=stop nodes. This is a valid use of the Streetside imagery

4. An OSM contributor builds a computer vision algorithm that iterates over the Streetside imagery attempting to harvest residential addresses. This is an invalid use of Streetside imagery.

— Microsoft, [5]

外部リンク

日本での解釈

Bingで描ける地物の例

  1. Bing Maps Team (14 June 2018). “Bing Maps Streetside Imagery Now Integrated into OpenStreetMap iD Editor”. Retrieved 15 June 2018. 
  2. Bryan Housel (14 June 2018). “iD 2.9.0 Release Notes”. Retrieved 17 June 2018. 
  3. https://blogs.bing.com/maps/2018-06/bing-maps-streetside-imagery-now-integrated-into-openstreetmap-id-editor "This is the same imagery currently visible on Bing Maps now embedded into a popular editing application initially developed and now maintained by Mapbox."