JA:Key:drinking_water

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg drinking_water
Brass water tap.jpg
説明
地物が飲み水を提供しているかどうかを示します Edit or translate this description.
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:承認Page for proposal

drinking_water=* は地物が飲み水、つまり人間が飲める水を提供しているかどうかを示します。

データベース内に飲料水を提供できる対象物があります。この地物を示すために、このタグを使うことができます。例えば、公衆トイレが飲み水を提供していることがあります。井戸や山小屋にも同様のことが言えます。同様に、これは当然あると思われるものがないことを示すことができる数少ない OSM タグの一つです(例えば、一部のパーキングエリアでは飲み水を提供しておらず、ごく一部の山小屋は飲み水を自分で持っていかなければなりません)。細かい粒度でマッピングしている場所では、水道を独立した amenity=drinking_water として示すことを推奨します。

マッピング方法

drinking_water=* は他の要素の追加タグとして使用されます。

コメント
no 飲み水がありません。

水を飲むことはできません。明らかに水が汚れていたり、汚染されていたり、循環ポンプを流れていたりします。

国によっては、「飲み水ではありません」というラベルがあるからといって no とタグ付けできないことがあります。水を飲むことができるのに、公的な認証がないためにこのラベルがある場合もあります。この場合は追加で drinking_water:legal=no をタグ付けできます。

yes 飲み水があります。

水は人間が飲むことができます。水がきれいだと結論付ける客観的な理由が必要です。例えば、山地では水源が開発地よりも高いところにあるなどです。多くの人が毎日飲んでいるというのも、水がきれいだと推測できる理由の一つです。

このタグには保証がありません。環境は毎日変わります。誰もが知らない水源から水を飲む前に常識を使うべきです。

もし水源を公的機関が検査し承認した場合は、追加で drinking_water:legal=yes をタグ付けできます。

もし公的な認証がないために「飲み水ではありません」と表示されている場合は、追加で drinking_water:legal=no をタグ付けできます。

conditional 水は飲めるように見えます。自己責任で飲んでください。

もし公的な認証がないために「飲み水ではありません」と表示されている場合は、追加で drinking_water:legal=no をタグ付けできます。

boil 水は飲用に適後の沸騰

追加タグ

他の有用な全般的なタグ:

drinking_water:seasonal=yes - 季節によって現れたり消えたりする地物に有効です。

適用先(その他の物の間)

その他

amenity=drinking_water はすでに飲み水の意味を含んでいるので、 drinking_water=* タグは適用されません。

関連項目