JA:Tag:amenity=drinking_water

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg amenity = drinking_water
Basler Trinkwasser 1341.jpg
説明
水飲み場は、人がその場で飲むために飲用水を入手できる場所です。通常、水は飲用専用です。 drinking fountain や bubbler とも呼ばれています。 Edit or translate this description.
openstreetmap-cartoでのレンダリング
Drinking-water-16.svg
グループ: 施設
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用不可能リレーションに使用不可能
含まれる意味
よく併用されるタグ
関連項目
ウィキデータ
状態:承認Page for proposal

水飲み場は、人がその場で飲むために飲用水を入手できる場所です。通常、水は飲用専用です。 drinking fountain または bubbler とも呼ばれています。

マッピング方法

amenity=drinking_water

このタグのは、人間が飲むことができる飲用水の出口を表すノード ノード に使用してください。一般にこの地物は小さく都市環境にあります。一般にはトイレの付近、学校の敷地、ショッピングモール内にあります。飲用水の入れ物を簡単に満たすことができるのであれば、 bottle=yes でタグ付けしてください。

温度に関する追加タグ

別なタグ

もし地物が蛇口であれば、 man_made=water_tap を使用してください。 drinking_water=* タグは、安全な飲み水またはその場で飲める飲用水を提供する物理的な地物であるかどうかを示します。このタグでマッピングするときは、良い粒度であり、それぞれの水源を amenity=drinking_water として示すことをお勧めします。

例として、飲用水として使える泉を natural=spring でタグ付けするときは、その泉を drinking_water=yes でタグ付けしてください。

関連情報

  • man_made=water_tap は蛇口に使い、安全な飲み水であることを示すには drinking_water=* を追加します。
  • amenity=water_point 大量の飲用水を得られる場所で、ふつうはキャンピングカーやボートに使います。
  • amenity=watering_place は動物が水を飲む場所です。
  • natural=spring は地面から自然に水が湧き出るところです。
    • 周囲に噴水が作られていることがあります。例えば、 Roman Bath in Bath, U.K.
  • amenity=fountain 文化/装飾/レクリエーション用の噴水です。
  • man_made=water_well は井戸。帯水層から水を取得するための人工の穴です。
  • disused=* 壊れた噴水を示す方法として利用されています。多くの地図からは撤去されているかもしれません。
  • wetap:status=* は多くの地図で残っている、修理が必要な噴水を示す一つのプロジェクトです。
  • bottle=* は水筒に簡単にくむことができるかどうかを示します。

写真の例

提案の歴史

外部リンク

Drinking Water Fountain – あなたの周囲で最も近い水飲み場を探す Android アプリです。噴水の追加や修正機能、オフラインモードもあり、よいデザインです。

www.wetap.org – 水飲み場に関する写真、位置、状態を示す Android/iOS のアプリです。

hydromap.me – amenity=drinking_water のノードを目立つように表示するカリフォルニアのオンライン地図です。変更された OSMBright スタイルシート(github)を使用しています。

このタグが使われている場所をご存知であれば、他のタグに置き換えられないか確認してください。
どのような結果になるか本当に理解していない限り、自動編集はできるだけ行わないでください!