JA:Overpass API/Permanent ID

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Overpass API logo.svg
edit
Overpass API · 言語リファレンス · 言語ガイド · Technical terms · エリア · クエリーの例 · 高度な例 · Sparse Editing · Permanent ID · よくある質問 · もっと (日本語) · Web site
Servers status · Versions · Development · Technical design · Installation · XAPI compatibility layer · Public transport sketch lines · アプリケーション · Source code and issues
Overpass turbo · Wizard · Overpass turbo shortcuts · MapCSS stylesheets · Export to GeoJSON · もっと (日本語) · Development · Source code and issues · Web site

OSM データの固定リンク

OpenStreetMap の特定のオブジェクトにリンクを張りたい場合、どうしますか? オブジェクト ID を使えないことはありませんが、使うべきでない理由は OSM ID は変わってしまうことがある、というよりも意外にしばしば変更が発生し、たとえばいったん削除されたオブジェクトが再度、登録された場合などです。それにウェイの分岐が発生すると、片方は元のウェイとは異なる ID が振られます。

解決策は、当該のオブジェクトに特定のプロパティをリンクさせることで、通常は複数のタグを組み合わせます。一方で固有のオブジェクトが存在する場合、openstreetmap.org 上では、そのオブジェクトのウェブサイトにリダイレクトされます。他方でたとえば参照したウェイが分岐した場合、検索結果には当該する可能性のあるオブジェクトが列記されます。ボーナスとしてリンク先URLやリンクを開いたときの見た目をカスタム化できます。

Link to Browse Object

第1の例はドイツ最古の自動車道でA 555号線 — 実体は ウィキデータの Q17061 で、この Q17061 とは「固定 ID」でもあります。相互利用としては OSM リレーション 23092 を指します。この自動車道へのリンクはたとえば ドイツの自動車道プロジェクトのページの見出し A 500 号線から A 599 号線などがあります。

ウィキページの作成時にリンク作成を楽にするには、そのリンクをテンプレートで包みます。ウィキページの記述は {{DisplayRoute|network=BAB|ref=A 555}} となります。道路網と出典を使ってルートを説明する場合、記述したいオブジェクトの値をテンプレートに記入するだけで済みます。


一般的なアドバイスをひとつ。このウィキで新規にテンプレートを作成した場合には、Overpass Queries に適したものであれば、次のカテゴリ Category:Overpass API/Templates に追加して検索で探しやすくして使ってもらえるようにしてください。

関連項目