JA:Relation:associatedStreet

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
Public-images-osm logo.svg associatedStreet
Housenumber-karlsruhe-de.png
説明
住所の表示のために、通りと家を結びつける用途で使用します。 Edit or translate this description.
グループ: 住所
メンバー

  • ウェイ - street
  • ノード エリア - house
含まれる意味
ウィキデータ
状態:使用中

associatedStreet リレーションは、 addr:* タグの代わりに一部のマッパーが使用してきたものです。


住所と通りを関連付けるリレーションの使用

addr:street=* タグでは、通りと所属する addr:housenumber=* を地理的な近接性に基づいてリンクします。このリンクは type=associatedStreet リレーションを使用すると明確にすることができます。

タグ

キー コメント
type associatedStreet associatedStreet をタグ付けした場合も、 street で解釈できるようにしてください)
name 通り名 任意、ただし推奨
name:xx xx語での通り名 任意
addr:suburb suburb 名 同じ市区町村内に同じ名前の通りが2本以上ある場合にのみ使用します。それ以外の場合は使用しないでください

メンバー

ウェイ/ノード ロール 出現回数 コメント
ウェイ street 1回以上 関連付けられた通り(一つの通りが分割されていた場合に限り、複数を指定可)
ノード エリア house 1回以上 1件以上の住居番号です。(タグ付けを "house" を使用した場合でも、 addr:houselinkaddress で解釈できるようにしてください)

使用統計

2015年1月26日現在の taginfo によれば、 type=associatedStreet リレーションの "house" メンバーが3,567,496件、 addr:street の使用が44,330,243件となっています。二つのタグ付け方法は共存することもできますが、およそ住所のオブジェクトの7.4%が associatedStreet に含まれていることになります。

これは5番目に多く使われているリレーションの種類です[1]

このリレーションの機能をめぐっては、コミュニティの中で賛否が分かれています。2015年の非公式な投票では、賛成と反対が49対50でした。

JOSM の Terracer プラグインに起因する誤ったデータ

JOSM の Terracer プラグインにおける以前のデフォルト設定の影響で、おそらく何千もの type=associatedStreet の誤ったリレーションが存在しています。元の建物の新しく切り離された部分をメンバーとして新しいリレーションを作成した場合、そのリレーションに通りが自動的にメンバーとして追加されません。この設定は2014年8月に修正されました。

addr:street と比較した場合の長所と短所

(訳注)この節は訳出しません。

Nay! Relations can be harder to grasp for new contributors, and may not be fully supported by every editor.

Nay! Reading informations from a tag instead of a relation may be more straightforward for certain consumers, leading to better performance.

Nay!/OK! Adding/removing houses can be harder or easier, depending whether the user is more familiar with search & replace or relation editing.

OK! associatedStreet relations can be created before the street name is known (for example during armchair mapping before a survey)

OK! Using associatedStreet relations may help routers direct users through the correct street segment (for example when a row of houses sits between two parallel street sections)

OK! It allows adding information which concerns the whole street, like a name:etymology:wikidata=* tag, only once, instead of needing to repeat it on each nodes/ways, reducing chances of typos.

関連情報