JA:Tag:amenity=bar

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg amenity = bar
Bar 1.jpg
説明
バー。その場で飲むための酒類を販売する施設、騒がしくて活気のある雰囲気が特徴です。ふつうは食事として食べるための食品は販売していません。音楽は普通大音量で、立ったままでいなければならない場合もしばしばあります。 Edit or translate this description.
openstreetmap-cartoでのレンダリング
Bar-16.svg
グループ: 食べ物と飲み物
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
関連項目
ウィキデータ
状態:使用中

多くの国でバーは、特定の目的を持った商業施設で、その場で飲むための酒類を販売します。パーティのように騒がしくて活気のある雰囲気が特徴です。ふつうは食事として食べるための食品は販売していません。音楽は普通大音量で、立ったままでいなければならない場合もしばしばあります。ダンスフロアがある場合もありますが、それが主役ではありません。

パブが伝統的な家のたたずまいである傾向があるのに対し、バーはもっと商業性に溢れています。

地中海諸国では,「バー」という言葉は異なる意味を持ちます(だからといって、別なタグを割り当てる必要があるわけではありません)。こちらではバーがライフスタイルの一部に組み込まれています。朝には朝食を食べに行き、昼食時には簡単な食事を提供し、(昼食後に閉店しない店は)日中にわたってちょっとコーヒーを飲むために利用し、夕方には食前酒を飲むために集まる場所になります。一部は夕方や夜まで開いていますが、多くは夕方に閉店し、店によっては煙草、スイーツ、切手を売っていることもあります。パブとは異なり、この種のバーは朝食のために営業しており、ビールよりもコーヒーが大きな役割を果たします。

バーが中心の活動ではない場合(例えばホテルやレストランにバーが併設されている場合)、中心の活動でタグ付けし、 bar=yes でタグ付けします。

マッピング方法

ノード ノード を設置するか、建物の輪郭をエリア エリア として描くかしてください。 amenity=barname=* でタグ付けしてください。

よく併用されるタグ

類似のタグ

  • amenity=pub - バーを amenity=pub と混同しないようにしてください。パブは OpenStreetMap で特定の使い方をします。パブ(public house の略)はその場で飲むことができる飲み物を販売する施設ですが、バーとは異なり、落ち着いた雰囲気で、座ることができ、ふつうは食事もでき、静かに会話することもできます。パブは伝統的な家の雰囲気に似ている傾向があります。
  • amenity=nightclub - よりダンスに重点を置いています。入場料がかかることもよくあります。
  • amenity=biergarten - pubに似ています。しかし屋外です。
  • amenity=cafe - 日中はバーがカフェを兼業していることがあります(紅茶やコーヒーの方がアルコールよりも多い)。その場所の主な目的で決めてください。
  • amenity=restaurant - バーはレストランを兼業していたり、レストランに併設されていたりします。その場所の主な目的で決めてください。

写真

日本での解釈

pubのページ参照