JA:Tag:amenity=cafe

From OpenStreetMap Wiki
Jump to: navigation, search
利用できる言語 — Tag:amenity=cafe
Afrikaans Alemannisch aragonés asturianu azərbaycanca Bahasa Indonesia Bahasa Melayu Bân-lâm-gú Basa Jawa Baso Minangkabau bosanski brezhoneg català čeština dansk Deutsch eesti English español Esperanto estremeñu euskara français Frysk Gaeilge Gàidhlig galego Hausa hrvatski Igbo interlingua Interlingue isiXhosa isiZulu íslenska italiano Kiswahili Kreyòl ayisyen kréyòl gwadloupéyen kurdî latviešu Lëtzebuergesch lietuvių magyar Malagasy Malti Nederlands Nedersaksies norsk norsk nynorsk occitan Oromoo oʻzbekcha/ўзбекча Plattdüütsch polski português română shqip slovenčina slovenščina Soomaaliga suomi svenska Tiếng Việt Türkçe Vahcuengh vèneto Wolof Yorùbá Zazaki српски / srpski беларуская български қазақша македонски монгол русский тоҷикӣ українська Ελληνικά Հայերեն ქართული नेपाली मराठी हिन्दी অসমীয়া বাংলা ਪੰਜਾਬੀ ગુજરાતી ଓଡ଼ିଆ தமிழ் తెలుగు ಕನ್ನಡ മലയാളം සිංහල ไทย မြန်မာဘာသာ ລາວ ភាសាខ្មែរ ⵜⴰⵎⴰⵣⵉⵖⵜ አማርኛ 한국어 日本語 中文(简体)‎ 吴语 粵語 中文(繁體)‎ ייִדיש עברית اردو العربية پښتو سنڌي فارسی ދިވެހިބަސް
その他の言語このウィキの翻訳を支援してください
Public-images-osm logo.svg amenity = cafe
Cafe in Austria.JPG
説明
一般に座席があり、飲み物や軽食やスナックを販売しているフォーマルではない場所です。 編集
openstreetmap-cartoでのレンダリング
Cafe-16.svg
グループ: 食べ物と飲み物
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能use on relations unspecified
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:事実上の標準

amenity=cafe (café) は一般的に座席があり、飲み物や軽食やスナックを販売しているフォーマルではない場所です。これにはおそらく紅茶やコーヒーとケーキを販売しているコーヒーショップや喫茶店から、アルコール付きの軽食を販売するビストロまで含まれます。

マッピング方法

ノード ノード を設置するか、建物の輪郭をエリア エリア として描くかしてください。 amenity=cafename=* でタグ付けしてください。 建物の中央にノードを追加し、 amenity=cafe を追加します。 name=* を使って名前を付けられます。この地物が建物全体を使用している場合で、輪郭が OSM に存在する場合、好みに応じてエリアにタグ付けすることもできます。

よく併用されるタグ

例1:

amenity=cafe
name=Barista
cuisine=coffee_shop (コーヒーショップ)

例2:

amenity=cafe
name=San Marco
cuisine=italian (イタリアン)

例3:

amenity=cafe
name=Eiscafé Leonardo
cuisine=ice_cream

他の cuisine 種別の例:

関連項目

他の店舗 / 施設内に喫茶店が存在する場合の処理

大きな博物館や図書館、本屋などのなかに、小規模の喫茶店が存在するケースは多く存在します。この場合、まず喫茶店の建物を囲むように大きなほうの施設をエリア エリア で描画し、その中に別のノードとして喫茶店を配置するのが推奨のマッピング方法です。もし建物の形状を描画しない場合は、大きな施設の中心に施設用のノードを配置し、それとは別に喫茶店のノードを配置してください。

もちろん、マッパーの中には別のアプローチを行なっているかたもいます(OSM データを使っているひとは気がついているかもしれませんが)。例えば本屋に喫茶店が併設されている場合、1つの要素に対して shop=booksamenity=cafe の両方をタグづけします。一般的に、情報の曖昧さ (及び、位置情報の不正確さ)を避けるため、それぞれを別の要素として配置したほうがよいです。また、別の要素として配置する推奨の方法であれば、タグ付けに関する別の致命的な問題も回避することができます。すなわち、例えば図書館の中に喫茶店が併設されている場合、どちらの要素も 'amenity' のキー (amenity=libraryamenity=cafe)を有しており、混乱が生じます。こうした場合に amenity=library;cafe のようなタグを付与することで回避するマッパーもいますが、そういったタグ付けは 推奨されません。詳しくは Semi-colon value separator のページを参照してください。より詳しい情報を把握し、喫茶店を別ノードとして配置することで、これらの問題を回避するようお願いいたします。


このタグが使われている場所をご存知であれば、他のタグに置き換えられないか確認してください。
どのような結果になるか本当に理解していない限り、自動編集はできるだけ行わないでください!

日本での解釈

チェーン店の名称は命名サンプルを参考に、できるだけ表記を統一してください。