JA:Tag:man_made=kiln

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg man_made = kiln
Charcoal-kiln.jpg
説明
窯、キルン。中に入れたものの状態が変化するように温度が制御された部屋で、断熱されている。普通、陶芸や、パンを焼いたり、乾燥、錬成などに使う。 Edit or translate this description.
グループ: 人工物
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
関連項目
状態:承認Page for proposal

ウィキデータ


説明

kiln(Wikipedia) を参照

マッピング方法

ほとんどの場合、窯の中央を示すように地図上にノードを記します。建物や man_made=works の中にあるなら、それらの中に含まれるようにしてかまいません。もし窯が際立って大きい場合は man_made=chimney タグを付けてもよいでしょう。これらを独立したものとしてタグづけするかもしれませんし、窯のエリアの中のノードとして描きたいかもしれません。
留意点: これは通常landuse=industrialエリアの大きなman_made=worksに設置された巨大な窯にのみ適用されることです。

レンダリング

レンダーの実装しだいですが、黒いドラム缶の中央に炎が描かれたものが提示されています。下のsvgはパブリックドメインとして提供され、すべてのレンダーで自由に使えます。

Kiln.svg

関連 / キー

キー コメント
product=*
提案中
*

窯で生産製造されるもの。

提案された値:
  • charcoal (炭)
  • pottery (陶器)
  • glass (ガラス)
  • bricks (レンガ)
  • quicklime (生石灰)

このタグは以下を検討した上で選ばれました:
capacity=* number 窯の中に入れておけるものの数。 例 10 pots
volume=* number 窯の容積を立方メートルで。例 7。このタグは中にたくさんの品物が収容できる場合に向いています。木や鉱石のような占有面積で表すほうが分かりやすいものにも適切です。
operator=* * 運営者の名前。
fuel=* * 窯を熱するための燃料。

関連項目