JA:OpenID

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
The OpenID logo

OpenID(Wikipedia)はユーザーを認証するオープンで分散的にアクセス管理することができる標準であり、ユーザーが単一のデジタルIDで、(OpenStreetMap などの)複数の異なるサービスにログインすることができます。

OpenID は、 OpenStreetMap にログインするための任意の追加的な方法です。 OpenID を使う場合も、通常の OpenStreetMap アカウント が必要ですが、ユーザー名やパスワードを入力する代わりに、 ID を利用することができます。

主要なウェブサイトの既存のログインを利用する


以下の URL を閲覧するとき、主要なウェブサイトをログインに利用することができます。

  • www.openstreetmap.org/login
  • www.openstreetmap.org/user/new
  • www.openstreetmap.org/user/<Your Display Name>/account

主要なウェブサイト

  • Google
  • Facebook
  • Windows live
  • Yahoo
  • WordPress
  • AOL

その他

手動で URL に "OpenID" を入力することで利用できます。

「OpenID の提供者」にリンクするときは、まず "username" を自分のものに置き換えてください
LiveJournal http://username.livejournal.com/
Flickr http://www.flickr.com/username

OpenID を使って OSM にログインする


OpenID を使うためには、 OSM アカウントと自分の ID を紐付ける必要があります。すでに OpenStreetMap アカウントがある場合は、ログインしてアカウントの編集ページでこれを行うことができます。


パスワード変更欄の付近に、自分の ID を入力する OpenID 欄があるはずです。 OpenID の追加ができない場合(特に複数サインインをしている Google アカウントで)は、次の方法を試してみてください。「アカウントの編集」ページの OpenID 欄に "https://www.google.com/accounts/o8/id" と入力して、「変更を保存」を押します。それから Google の「サードパーティーのリクエストの許可」が同じブラウザーの新しいタブで開かれるので、自分の ID とパスワードで OSM にログインし、 OpenID のログインを続けてください。これでパスワードを発掘することなく OSM にログインできるようになります。

OSM の新規ユーザは、ユーザ登録の際に、パスワードの代わりに(あるいはパスワードとともに) OpenID(の識別子)を入力することができます。

OSM での OpenID の問題点

OpenStreetMap は単一のウェブサイトだけではなく、エディター、フォーラムや trac など、異なる(外部)サービスの複合体からいくつかの局面が構成されています。これらの一部の一覧は、アカウントを参照してください。多くのサービスはメイン OSM とユーザー名・パスワードによって会話します。 OpenID のみを設定し、パスワードがない場合、これらのサービスの一部は利用できません。しかし、一部のサービスは OAuth を使用して、パスワードなしで通信できるので、 OpenID のログインのみでも動作するでしょう。

OpenID の取得:

OpenID をする方法はたくさんあり、既に Google アカウント、 Yahoo! アカウント、 Flickr などの OpenID プロバイダーとして動作できるアカウントをお持ちならば、よい機会です。 OpenID プロバイダーの一部の一覧は、こちらこちらにあります。