JA:Open Database License

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
ODbL-Supporter.png

OpenStreetMapのデータは、データの継承ライセンスであるOpen Database License (ODbL) の下、再利用可能になっています。 creative commons license からODBLへのライセンスの移行は2012年9月12日に開始されましたが、ライセンスの制定までには長いプロセスを要しました。9月12日以前に作成されたデータは、以前のCC-BY-SAライセンスの下で入手可能です。このプロセスはOpenStreetMap Foundationによって管理され、 会合の議事録において文書化されています。ライセンスは、Open Knowledge Foundationにおいて制定されました。

ほとんどの貢献者は、新たな規約に同意しましたが、一部の貢献者は同意しなかったため、ライセンス移行によって1%のデータが失われました。コミュニティによって、データの損失を最小化し、削除されたデータの再投入を行うべく努力がなされました。

重要な情報