JA:Tag:barrier=toll_booth

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg barrier = toll_booth
Toll booth.jpg
説明
料金所。道路の通行料や利用料金が徴収される場所 Edit or translate this description.
openstreetmap-cartoでのレンダリング
Toll booth.svg
グループ: 障害物
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
状態:承認Page for proposal

ウィキデータ

通行料金は特定の橋や道路を利用するために支払われる料金です。
料金所はそのような料金を、手作業または自動で収集する場所です。もし通行を妨げる遮断設備を伴わない場合は highway=toll_gantry を参照してください。

マッピング方法

料金所が設置されている場所のノードに対して、単純に barrier=toll_booth タグを追加してください。

ノードは経路の検索が対応できるように、通行料金が適用されるhighway上に設置してください。

もし、例えば大型貨物車など、特定の種類の交通にのみ料金が必要な場合、適切な toll=* のサブタグを、例えば toll:hgv=yes のように追加してください。

門柱型料金設備

もし料金収受設備が通行を遮断せず自由に通過できる場合は、代わりに highway=toll_gantry を使うべきです。

Österreich,-Lkw-Maut,-Mautportal-(250710).jpg Bompengestasjon.jpg

ドイツでの例外

ドイツの大型貨物自動車の料金システム(Toll Collect(Wikipedia))は事前予約とGPS監視により管理されており例外とします。頭上または沿道のカメラ設備は料金を収受するのではなく、システムを遵守しているかを検査し取締るための装置です。

したがって、この装置はbarrier=toll_boothhighway=toll_gantryでタグ付けすべきではありません。代わりにenforcementリレーションでタグ付けすることができます。

運転手が経路を予約する端末は、給油所によくありますが、自動販売機としてタグ付けすることができます。

曖昧さの回避

道路の利用に関する料金としてのタグであるため、駐車料金や入場料金を支払う場所には使用しないでください。代わりにたとえば barrier=lift_gatefee=yes を使ってください。

関連情報

関連ページ