JA:Tag:landuse=reservoir

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg landuse = reservoir
Landuse-reservoir.png
説明
曖昧であり、他のタグ付け方法があります。ウィキを参照。 Edit or translate this description.
グループ: 土地利用
適用できる要素
ノードに使用可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用不可能
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:使用中

貯水のために人工的に作られた場所です。覆いがある場合もない場合もあります

landuse=reservoir が非推奨かどうかについては混乱が予想されていましたが、非推奨ではないという結果になり、 landuse=reservoir は「新しい」方法である natural=water + water=reservoir よりもはるかに広く使われています。

実際の水域を landuse=reservoir の代わりに(あるいは併用で) natural=water + water=reservoir でタグ付けするのは良い方法です。承認された水域の詳細情報の提案と議論ページの議論を参照してください。

今のところ、多くのレンダラーが landuse=reservoir を見える水域として解釈し、描画します。

タグ付け方法

まずノードか閉じたウェイを地図上に描き、タグをつけます。

タグ 解説
landuse=reservoir 貯水のために人工的に作られた場所。

正確を期すためにしばしば下記のタグを追加します。

タグ 解説
name=* 分かるならば、貯水池の名前。
covered=yes/no 覆いがあるかどうか[1]。覆いがある場合は通常地下に埋設されている。
natural=water + water=reservoir 貯水池が解放水域(覆いがない)ならば、追加することができます。

レンダリング

青い領域。

Osmarender は使われる reservoir_type=* キーによって異なるレンダリングを行います。

提案

  • このタグを廃止する水域の詳細情報の提案承認され有効です
  • メールによる議論で、貯水池に関するエリアやオブジェクトに対応したタグ付け方法(現在の定義のスーパーセット)を作成してほしいという意見が明確にありました。この目的で landuse=reservoir を使用することは論理的であるかのように見えましたが、これは現在広く使われている定義と競合することから、代わりに他のタグ付け方法の提案が求められています。

関連情報

脚注

  1. 覆い付き貯水池の例: Wikipedia "File:Stroud Green (covered reservoir).gif"[1]