JA:Key:area:highway

From OpenStreetMap Wiki
Jump to navigation Jump to search
Public-images-osm logo.svg area:highway
Street Area iD.jpg
説明
道路エリアの形状。 Edit this description in the wiki page. Edit this description in the data item.
グループ: Area:highway
適用できる要素
ノードに使用不可能ウェイに使用不可能領域に使用可能リレーションに使用可能
含まれる意味
よく併用されるタグ
ウィキデータ
状態:事実上の標準

area:highway=*は形状、すなわち道路やその一部のエリアの2次元の外周を表現します。これはhighway=*でタグ付けされて経路探索可能な線形のウェイに加えて、Micromappingの形式で使われます。

用法

このタグはクローズドウェイのポリゴンやマルチポリゴンに適用されます。

タグの歴史

このタグは下記提案のターゲットでした。投票では承認されなかったのですが、整合性が取れていない部分があるにもかかわらず、このタグは広く使われています。

分類

歩道と自転車のエリア:

通りのエリア:

area:highway=*は道路で使うときには通行レーン、バスレーン、自転車レーン(area:highwayに対応するウェイに追加されている詳細タグも全て)をカバーすべきです。そして路肩、駐車スペース、歩道はカバーすべきではありません

area:highway 対 highway上のarea=yes の違い

area:highway=*経路探索のできない、(典型的には線形の)道路の詳細な形を表すために提案されました。このタグにはhighway=*でタグ付けされたラインに加えて線形で経路探索可能なマッピングされた道路の方向が必要です。

highway=*上のarea=yes経路探索可能な道路を表し、その上では専用の通行が全方向に経路を取ること、すなわち任意の一方の終端ポイントから別のポイントへ経路を取ることができます。所定のレーン無しで乗り物が通行できるペデストリアンエリアやサービスエリアでは典型的に見られます。経路探索エンジンは、旧来のグラフ理論におけるnodes+edgesに加えて、それらの全歩行のオジェクトを考慮すべきだと主張する強い声があります。このようにその中には線形の道路線は必要ではありません。

整合性を欠く点

2つの異なる提案を元にしたarea:highway タグには、整合性を欠く点が未解決で残っています:

  • このタグは構築された道路全体の形状に対して用いるべきか、あるいは機能的なサブエリアに分割すべきか、はっきりしないままです。
  • 一定の幅でマッピングされた道路セグメントに対して、線形の道路のポリゴン表現は、線形の道路マッピングやwidth=*タグやOSMのエレメントひとつに地物はひとつを侵害する点などにおいて不要で冗長だと考えられます。
  • area:highway=emergencyを使っているマッパーもいて、これは通常の通行は避けるべき白いハッチングで塗装された道路のエリアを表そうとするものですが、緊急設備とは無関係です。